ビートルズを呼んだ男 (小学館文庫)

  • 14人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 野地秩嘉
  • 小学館 (2017年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094064131

ビートルズを呼んだ男 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • ポールのコンサートへ行ったばかりだったので、プロフェッシナルなコンサートの一方で、あの純粋で、お茶目な雰囲気を思い出す。

    ビートルズを日本に呼んだことで、日本の文化も大きく変わったと。大人になること、たとえばジャズを聴くとが良いと思っていたのが、いつまでもやりたいことをやっていくことがある意味、認められるきっかけとなったと筆者は書く。

    日本公演のジョンとポールのインタビューが印象深い.
    知的で緻密で大人のジョンと、純粋で、まっすぐで一生懸命なポールが対照的でそれぞれに魅力的だった。

  • ポールマッカートニーが来日し、あの武道館から51年目だという報道があったり、たまたま、本屋でこの本を見かけ、絶版になっているとばかり思っていたら、来日に合わせてまた売りだりしていたので購入。「ビートルズを呼んだ男」の永島さんには、新入社員の頃、キョードー東京で一度お会いしたことがある。紹介された時も、「ビートルズを呼んだ男」だと教えてもらった。この本を読むと、その肩書は本人は欲しくなかったのかもしれないとも思う。今年の武道館の金額は払えないが、本書によると、ビートルズの公演は若者が行けるようにチケット代は安かったようだ。だったらもっと安くしてよと思うが、ファンが高年齢化して、高額のチケットが買える年齢になっていると思ったのか。今年、ポールのコンサートには行かなかった。なんか、老人を歌わせて、ステージを走り回らせている感じがしたのだが、ドームにはやっぱり行っておけばよかったと反省。

全3件中 1 - 3件を表示

ビートルズを呼んだ男 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ビートルズを呼んだ男 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビートルズを呼んだ男 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビートルズを呼んだ男 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビートルズを呼んだ男 (小学館文庫)の作品紹介

ビートルズを日本に呼んだ伝説の男とは

「彼みたいな男が本当の日本人だ」とポール・マッカートニーが評価した伝説のプロモーター、永島達司。1966年に武道館で熱狂のコンサートを行ったビートルズを日本に呼んだ男が彼だった。米軍回りのバンドのマネージメントから始め、ナット・キングコール、ルイ・アームストロング、ボブディラン、カーペンターズ、イーグルス、マドンナ、マイケル・ジャクソンまで。世界の最高峰のミュージシャンの来日を成功させた男の人生を追って、ノンフィクション作家野地秩嘉が国内外を徹底取材。ポール・マッカートニーの独占取材も収録。ビートルズ来日50周年記念刊行の傑作ノンフィクション。

ビートルズを呼んだ男 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする