夏の情婦 (小学館文庫)

  • 39人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 佐藤正午
  • 小学館 (2017年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094064223

夏の情婦 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【かわいた地面に水を撒いて、そこから立ち上がった】

    面白いかと聞かれればそうでもない。読むのが遅いが読みづらいかと聞かれればやはりそうではない。

    ただ、通り雨のような一瞬の凪。

  • 直木賞を受賞された作家の文庫を何気なく手にとってみた。
    初めて読む佐藤さんの本。新たな作家の発見に少しわくわく。
    題名からどろどろした女と男の話を期待していたのだが、いい意味で裏切られた。
    男の目線から見たときの恋愛の話は新鮮で、女ほどのねちねちとした感覚のない、さわやかな、いやあっさりとした男女関係が独特の口調で語られる。
    短編で構成されており、読みやすく、どの話も切り口が違って楽しめた。
    終わり方もあっさりとしていて逆に切ない。
    あっさりとした考えだからこそ、それって好きってことなんじゃ…と思う場面もいくつかあったが、それは私が女だから思うことなのかもしれない。

    とりあえず、他の佐藤さんの本も読んでみようと思った。

  • 表題作を含む5つの短篇集。

    表題作もよかったけれど、個人的には、やはり「傘を探す」もおもしろかった。
    映像化されたらどうなるんだろうと考えながら読んだ。

    また、著者自身による「三十年後のあとがき」もすばらしいものになっている。

  • +++
    第一五七回直木賞を『月の満ち欠け』で受賞した著者が、デビュー直後、瑞々しい感性で描いた永遠の恋愛小説集。ネクタイから年上女性との恋愛を追憶する『二十歳』、男と女の脆い関係を過ぎゆく季節の中に再現した『夏の情婦』、高校生の結ばれぬ恋を甘く苦く描く『片恋』、夜の街を彷徨いながら人間関係を映していく『傘を探す』、放蕩のなかでめぐり遭った女性との顛末『恋人』、小説巧者と呼ばれる才能がすでに光り輝く五編を収録。
    +++

    情事の物語は個人的にはいささか苦手分野である。だが、それぞれの物語の主人公の男性の一人称での語りが、あまりにも淡々としすぎていて、倫理観とか道徳観念とか、その他世間一般の規範からはかなりずれているのに、彼のペースに巻き込まれてしまいそうになるのは不思議な感覚である。熱心なのか、冷めているのか、求めているのか、逃げているのか、その辺りのスタンスも曖昧で、それがなおさらとらえどころのない印象を増している。『傘を探す』では、永遠のスパイラルに巻き込まれたかのような理不尽さと、やはりここでも熱心なのか投げやりなのか判然としない主人公の振舞いに、いつしか絡めとられて、やり切れなくも満たされた心地になるのである。不思議な魅力をたたえる一冊である。

  • 同時期に複数の女性を渡り歩く男の前に、なにやら本気で向かってくる女が入り込んできた。そんだけの話なのになんでこんなに面白いんだろう。これは5編のなかの1編。なめらかな正午文体は30年前も健在。男女のファンタジーが活字になって踊る。飽きない。

全5件中 1 - 5件を表示

佐藤正午の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夏の情婦 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夏の情婦 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夏の情婦 (小学館文庫)の作品紹介

みずみずしい感性が光る永遠の恋愛小説集

「ひとつ例にとると、『傘を探す』という作品。僕はこの、失われた雨傘を探して夜の街を、人から人へとめぐり歩くストーリーをいまでも面白いと思います。

もし若い佐藤正午がこれを書いていなければ、いま僕の手で新たに挑戦してみたいくらいです。

短編集『夏の情婦』を読み返して、この五編がいずれも、書くべきときに書かれた小説である、と三十年後のいま思える、それが僕の率直な感想です」
(本書「三十年後のあとがき」より)

「鳩の撃退法」、「月の満ち欠け」と、次々に小説読みたちを唸らせる傑作を発表し続けている著者が、「永遠の1/2」でのデビュー直後に執筆した恋愛小説五編を収録。

「傘を探す」の他には、小説賞を受賞した三十一歳のぼくがネクタイを介して大学生の自分と年上女性との恋愛を追憶する「二十歳」、男と女のフラジャイルな関係を気だるい夏の残暑のなかに再現してみせた「夏の情婦」など。

いずれも恋愛をテーマにしているものの、その語り口は変幻自在で、すでに「小説巧者」の片鱗をうかがわせる作品ばかりだ。

解説は著者の長年の熱烈な読者である中江有里さん(女優・作家)が執筆している。

【編集担当からのおすすめ情報】
佐藤正午氏ほど同業者や編集者に隠れファンが多い作家を知りません。
それは彼がずっと小説に対して技巧的な挑戦を続けてきたからに他なりません。
そんな佐藤正午氏と小説に関して話すときいつも話題に上っていたのがこの小説集です。
寡作な作家であるため、近年あまり短編小説を発表する機会は少なくなりましたが、実は小説に対するテクニカルな試みは、この初期短編の頃から続けられています。
そして、この小説集の再刊行は、佐藤正午氏のたっての希望でもありました。
後世に残る永遠のスタンダードともいうべきこの一冊、ぜひご一読ください。

夏の情婦 (小学館文庫)はこんな本です

夏の情婦 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする