鳩の撃退法 上 (小学館文庫)

  • 85人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 佐藤正午
  • 小学館 (2018年1月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (548ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094064865

鳩の撃退法 上 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とりま上巻読了

  • まどろっこしい。
    主人公の津田がどうしようもない男で読んでいてイライラする。
    なにが面白いのかさっぱりわからない。

全2件中 1 - 2件を表示

佐藤正午の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

鳩の撃退法 上 (小学館文庫)はこんな本です

鳩の撃退法 上 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鳩の撃退法 上 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鳩の撃退法 上 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鳩の撃退法 上 (小学館文庫)の作品紹介

小説名人による名作中の名作ついに文庫化!

夢枕獏さん、京極夏彦さん、奥泉光さん、筒井康隆さんら選考委員から圧倒的な評価を受けた、第6回山田風太郎賞受賞作!

山田風太郎賞の受賞からおよそ2年後、著者は『月の満ち欠け』で第157回直木賞を受賞したが、関係者のあいだでは本作が直木賞でも――といった声も出ていたという。
連載に3年を要した本作は、著者本人も「墓碑銘にしたい」「思い残すことはないくらい、本当に集中して書いた」と語る、まさに渾身の作品です。

【ストーリー】
かつて直木賞も受賞した作家・津田伸一は、とある地方都市で送迎ドライバーをして糊口をしのいでいた。
以前から親しくしていた古書店の老人の訃報が届き、形見の鞄を受け取ったところ、中には数冊の絵本と古本のピーターパン、それに三千枚を超える一万円札が詰め込まれていた。
ところが、行きつけの理髪店で使った最初の一枚が偽札であったことが判明。
勤務先の社長によれば、偽札の出所を追っているのは警察ばかりでなく、一年前の雪の夜に家族三人が失踪した事件をはじめ、街で起きる騒ぎに必ず関わる裏社会の“あのひと”も目を光らせているという。

こんな小説アリなのか!
小説表現の臨界点を超えた、まさに先が読めない展開――かつてない読書体験を約束します。存分にお愉しみください。

鳩の撃退法 上 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする