コスメティック (小学館文庫)

  • 876人登録
  • 3.51評価
    • (60)
    • (99)
    • (208)
    • (17)
    • (3)
  • 121レビュー
著者 : 林真理子
  • 小学館 (2002年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094080131

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

コスメティック (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 90年代版の「anego」!企業の中で揉まれながら生きる女というのは林真理子本当にうまい。生々しくっておもしろかった。化粧品が欲しくなりました。

  • 再読。

    化粧品会社のPRという女性誌お馴染みの花形職業を描いた
    林真理子らしい、ゴシッピーな楽しさ満載の一冊。

    エリート銀行員、コリーヌ化粧品の重役、ワイン好きの装丁家
    三人の男達との恋愛も絡めて、ヘッドハンティングされたり
    沙美の女同士のあるあるな駆け引き等、お仕事奮闘記。

    冒頭あたりの男にグレードアップしてもらって感激した初めてのビジネスクラスから、33歳になったあたりの自分で手配するビジネスクラス、
    この辺がやっぱりリアルでねぇ、上手いわ、やっぱ林真理子は(笑)

    そして装丁家からの「このまま自立した大人の男と女の関係で…」
    みたいな事を自分もそう思ってたのに相手にそう言われると腹正しい、
    ってのにあるあるあるあるとボタンを連打!連打!

  • 久々に林真理子読みました。
    「女性」を書くのがうまい人。
    美容業界のネタバレ?的なところも面白かったです。

    恋愛一色だけじゃなくて、仕事に一生懸命な主人公。
    キャリアウーマンってやつ?
    でもバリバリできる面だけじゃなくて、
    ちゃんと弱いところも描写されてるので共感できました。

  • キャリアウーマンなんて言葉じゃなく、がむしゃらに頑張る女の話。
    読んでいて、頑張ろうと思えた。

    仕事ってこういうもんだ。
    頭下げて、失敗して、必死で、まっすぐ向き合う。ただそれだけ。

    男女の話もついてくるけど、私には単なるオプションに見えた。
    この本は、働くと言う事を教えてくれる。

  • 再読。
    すごく面白かった。なのに案外ストーリーを覚えていないものだな。
    化粧品業界暴露もの? コスメ好きなら特に楽しめる。
    コリーヌ化粧品って、オルラーヌがモデルなのか? ゲラン説もあるみたいだが。

  • おもしろかった
    私にはムリなんだけど、でも私も こんな風に生きてみたいかも

  • だれかモデルがいるんじゃない?と思わせるくらい具体的な内容。
    化粧品業界は、こんなことになっているのか、と感心してしまいました。
    私も、段ボールひと箱分の化粧品が欲しい(笑)

  • コスメ業界の裏と表。
    仕事と寝る女って悪くないと思う。
    忘れた頃に何度も読み返すほど好きな本。

  • コスメ業界の事が非常に良くわかるノベル。古い体制の様にも感じるが、仕事ってこういうものなのかも。

  • 仕事と寝る女。

    すなわち、寝る仲になった男の欠点には
    おおよそ目をつぶることができる。仕事も同様。文句や愚痴を言いつつも結局仕事に惚れてる。

    そんな女性の比喩表現。
    上手いなぁ、流石だなぁ…。彼女の小説はとっても軽く読めるんだけど、そしていつも特に共感はしないんだけれど、なんだか女の本質を掴んでるしょうね。時々はっとさせられる。

    個人的には沙美の取り返しのつかない大失敗を読みたかったかなぁ。

  • 女の表も裏も嫌なところもすべて、記されていると思う。若干時代を感じるけど。

  • 化粧品PRの仕事に奔走する女性の生き方の葛藤を、林真理子さんだからこそ描くことのできるリアルさでもって伝える一冊。

    男女が同様に働く権利を持つ時代とはいえ、女性に出産という生物学的事象があることは変わりがなく、そういった人生の分岐点で女性は自分にとっての仕事の在り方や家庭の持ち方を考えざるを得ない。これからの人生、仕事に重きを置くのか、家庭での幸せを手に入れるのか、悩む20~30代女性はこの作品を読めばヒントを得られるかと。

    自分が「女性としての幸せ」を手に入れるべき性質の人間なのか、仕事で大成することを幸せに感じる性質なのか、主人公も自分自身でわかっていなかったことに非常に共感。岐路に立たされた時は素直に自分の中の喜びの音を聴き、身体が求める方向へ人生を進めるようになりたいと思う。

  • バーキンを欲しいと思ったこともない私。欲しいもの憧れるものにジェネレーションギャップが大きいにも関わらず、なんか分かる気がする。面白くて一気に読んだ。

  • 化粧品業界、出版社などの華やかさの裏。大変さがすごかった。
    きっと仕事では有能であろうが、恋愛はいかがなものか。

  • 久々に読み返し。
    林真理子さんの作品の中でも勢いがあって好きな方です。

    ラストは中途半端で物語としてはイマイチですが、都会生活、女の上昇志向、ステータスと業界感と…たっぷり林ワールドが楽しめますね。

  • 下品な女とクズな男が必死に綺麗な化粧品の世界で仕事に生きる話。でも時々読み返す。

  • なんで今まで読まなかったんだろう?
    林真理子の小説は欠かさず読んでるのに。
    長編だから敬遠したんだったかな??

    職場の先輩に、小説を読むことで想像力がつくよと教えていただいたので、最近実用書に偏りすぎているなぁなんて思いながら、これまた珍しく紙の本を買った。

    気持ちが動く体験は、感動する内容でなくてもできる。
    バリバリのキャリアウーマンの擬似体験ができて、面白い。攻めていく姿勢大事ね。痛快なシーン多し。

  • 外資系化粧品会社のPR担当という華やかな世界の裏側を垣間見ることができて面白かった。
    林真理子さんは野心家の女性を描くのが本当に上手。
    女が他の女を値踏みしたり、男性に対する計算も、リアルで自分にもこういう部分はあるなと思った。
    主人公が恋愛でも仕事でも忙しくしているので、読んでいるこちらは何だか息が詰まって疲れてくる感じがしてきた。
    仕事で出世しても、素敵な恋人ができたとしても、あの生き方は疲れそうで、彼女みたいになりたいとは思えなかった。

  • 初めて林真理子を読んで、作風は好きだけど、これを読んでうんうんってうなずける30代にはなりたくない

  • バリバリ働きたくなる本

  • 2014.07.08 読破。

  • 化粧品会社PR担当の奮戦記。キャリアウーマンの恋愛話とともに、かつての企業小説。短時間読了。

  • 分かるなあ、33歳の主人公が自分の歳を女がもう終わったかまだ終わってないか逡巡するとこや、なにを大事にしたいか悩むとこ。
    ただ、誠実な同年代の男とちょいワルおやじに色々教えてもらうというのがワンパターンすぎる。キャリアウーマン書いても結局男に引っ張ってもらうだけ。
    それに悩むとこで終わっているから、読後にパワーを貰えたり、というのが無い。

  • バリバリ働くキャリアウーマン。
    略して バリキャリ。

    仕事に生きる女は恋愛ベタだ。
    仕事が一番の女は恋も計算高い。計算高いがゆえに男に素直に甘えることができない、ゆえに上手くいかない。
    恋は上手くいかないけど、適度にセックスをして 仕事が楽しくてたまらない。こんな女性をかっこよくも思うけど、こうゆう女性になりたいかといわれたら・・・・
    うーんNOだと思う。
    化粧品会社の裏話。出版社の裏話。かなり暴露ってるので、コスメ好きの女性は面白いと思う。化粧品会社のイメージって百貨店で化粧品売ってる女性が華だと思ってたけど・・PRする側、販売戦略、女性中心の社会は戦争じゃ~~!

全121件中 1 - 25件を表示

コスメティック (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コスメティック (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

コスメティック (小学館文庫)の単行本

コスメティック (小学館文庫)のKindle版

ツイートする