鱗姫 (小学館文庫)

  • 1031人登録
  • 3.35評価
    • (71)
    • (108)
    • (308)
    • (37)
    • (13)
  • 130レビュー
著者 : 嶽本野ばら
  • 小学館 (2003年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094080186

鱗姫 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 兄と妹の話。すごく嶽本野ばらだなと思った。耽美で薄暗いファンタジー。

  • 初野ばら。興味深く読了いたしました。奇跡的な美貌を持つ龍烏楼子(たつおたかこ)には、誰にも言えない秘密があった。それは全身の皮膚が魚の鱗のように変わる奇病に罹かっているということ。それはそれは彼女の美しさを徐々に蝕み、醜くおぞましく変えていく。この病の恐ろしい秘密と治療法がないという絶望を目の当たりにして彼女はどのように生きていくのか。

    設定やディテールの描き方など、全体的に好感触。ただ、この展開であのオチではモノ足りない。こういう話なら、たとえば、美の象徴として描かれている黎子叔母さまを殺してその血を浴びるくらいの展開はあった方がよかったのではないかと。そのほうが最後のシーンに重みが出るのではないかと思います。

  • 嶽本野ばら氏の作品はとても好きで、この鱗姫はその中でも特に好きな本の一つと言えます。

    主人公・楼子にもそれは言えるのですが、嶽本氏の小説に出てくる女の子が持っているとても高い美意識やその描写がとても好きです。また不思議の国のアリスを彷彿とさせる括弧書きの心情描写もこの話を面白くさせている要因だと思います。

    似たような主題の作品に「おろち」が挙げられますが、こちらはそれをもっとソフトにした様な感じです。「下妻物語」から嶽本氏に入られた方は、この話も読みやすいのではないでしょうか。

    星が4つな理由として、他の方も挙げられていますが、最後の件が急展開すぎる上に、そうなる事に違和感を覚えるからです。しかしこういう終わり方をするのも嶽本氏の魅力の一つであると言えなくもありません。

  •  内容的には好みが分かれそうだけれど、久しぶりに文章が面白い小説を読んだ。

  • 購入

    美しいものは美しい
    醜いものは醜い

    それ以上でも以下でもないただそれだけ。

    日傘は必ずさしませう。

  • 再読。
    ホラーと逆は紙一重。

  • 2012.03.10

  • 恋愛でもなく、ロリータでもなく、ホラーでもなく、グロでもない。
    物語の設定は面白いと思う。
    わりとあっけなく兄妹が愛し合ってしまうのが不満。
    因みに私もユニクロよりはVivienneWestwoodの方がイイ。

  • 【お嬢様の語るトラウマ的物語!】
    エログロな悪夢にうなされるような内容ながら、なかなか面白かった。やはりあのお嬢様語りが癖になる。

    京都らしさは全体にもっと漂わせてほしかった。でも黎子叔母様はすぐ居なくなるし、罪深いし、色々疑問点がある人物。お兄様、琳太郎さんがいつでもカッコいい。
    改めて野ばらさんすごいです

  • 登場人物が着ている服のブランドまで細かく書いているあたり、やっぱり嶽本野ばらだなぁと思う。ライトノベルっぽい読みやすさ。そしてお兄様をください。

全130件中 1 - 10件を表示

嶽本野ばらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

鱗姫 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鱗姫 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鱗姫 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

鱗姫 (小学館文庫)の作品紹介

奇跡的な美肌と美貌をもつ京都の名門龍烏家の長女・楼子は、最愛の兄・琳太郎とともに、揺籃の中で日々美しきものだけを愛する暮らしを送っていた。その楼子を奇病が襲う。やがて発病を待っていたかのように、楼子の憧れる美貌の叔母・黎子がやってくる。その叔母の口から、楼子は、病を伝える龍烏家の秘密を明かされるが…。美しきものと醜きものを苛烈に峻別してきた美意識が、己自身の身体を脅かす醜きものに恐怖する。耽美をモットーとする著者が、美の孤絶を高らかに宣言した異形のホラー。

鱗姫 (小学館文庫)のKindle版

鱗姫 (小学館文庫)の単行本

ツイートする