指先の花―映画『世界の中心で、愛をさけぶ』律子の物語 (小学館文庫)

  • 485人登録
  • 3.13評価
    • (20)
    • (39)
    • (190)
    • (26)
    • (8)
  • 66レビュー
著者 : 益子昌一
  • 小学館 (2004年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094080247

指先の花―映画『世界の中心で、愛をさけぶ』律子の物語 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 映画のサイドストーリーの小説ですが良かったです。映画を観てから読むと更にグッとぐると思います。

  • 映画に感動。
    でも原作にはちょっと物足りなさを感じて、映画のこの本を読んだ。

    感動・゚(Pд`q。)・゜・。
    気付いた。律子に感情移入をしている。
    この方が未来があっていい☆

  • 原作とは違う視点から書き起こした物

  • 映画を見たのは大分前。ということで内容はうろ覚えなんだけれど、「律子」というキャラの必要性がよく分からなかったことは覚えていた。
    この本はそれを補完するためのもの。ようやく彼女の存在が必要だった意味が分かったし、彼女という人間のことを知ることが出来た。
    内容はちょっと上手くいきすぎという感がある。けれど、律子が朔太郎に関することで悩んでいた時間・心情を思えば、良かったねと思える。

  • 居間に転がっていたので。2時間読了。
    佐野元春氏の"SOMEDAY"が出てくるクダリにちょい心動かされた。

    通勤電車の中だけでは一向に進まない、ギャッツビーを抱えているのに・・・。

  • 世界の~の続編にあたる。生前のアキと仲良くしていた律子は、アキとの約束を思い出す。と同時に、愛に生きていたアキを思い出し、迫る結婚に疑問を感じる。約束を果たすべく故郷に戻った律子は、フィアンセがアキの彼だったことを知る。2人は心からわかりあいアキとのことを語る…
    最初は良かったけど、文の下手さとそんなことあり得ないだろ!という展開にぐったり。

  • なんか泣けなかった!

  • 柴崎コウが好きだっただけ

  • この作品「指先の花」はあの大人気作品、映画版「世界の中心で愛を叫ぶ」の
    もうひとつのお話です。「世界の中心で愛お叫ぶ」の主人公の婚約者「律子」のお話を
    書いた作品です。私は「世界の中心で愛を叫ぶ」の映画版をDVDで見ました。
    そしてとても感動しました。この作品「指先の花」を知ったきっかけは、
    ちょうど「世界の中心で愛を叫ぶ」を見た近日に本屋さんに行った時、
    この作品を発見し運命かと思いました★笑
    案の定、内容最高でした。この作品は奥が深いと思いました。

  • 『どうしてかなぁ、眠れないの。…明日が来るのが恐くて眠れないの…あたし、もうすぐ死ぬと思う』。結婚を目前に控えながら婚約者に心の空洞を感じている律子が見つけたカセット・テープには、こんな少女の声が残っていた。テープのラベルに記された日付は「’86/10/28」。この日は律子の母の亡くなった日でもあった。何かに突き動かされるように幼少期に育った四国の町へ赴いた彼女は、ある“真実”に辿り着く―。一八〇万部突破のベストセラー『世界の中心で、愛をさけぶ』の“その後の世界”を描いた映画版をノベライズ化。


    若干、世界の中心で、愛をさけぶがかぶったりしてて理解しやすく、読みやすい内容でしょうか!?
    いろんな側面からみるとまた見方や考え方がずいぶん変わったりすることもありますよね!?

  • 現実とはこうであるものなのか・・・。

    光への道のりが
    あまりにも簡単に
    準備されているようで
    ひとつの終焉を感じることは出来なかった。

  • 原作より こっちのほうが好きかな (笑)

    でも、なんだか 少し押し付けがましいところがある気がして
    あまり共感できなかった
    少し 反発心が生まれてしまいました (笑)
    言ってることとか すごいもっともらしくて 模範解答のような
    感じがしちゃって そんなきれいごと・・・って
    ちょっと思わせるようなところが 多々・・・ 

  • 映画見を見て原作読んで、最後にこれを読んだ。律子は映画版のみのキャラだけど、私は原作よりこっちの方が好き。律子の立場が辛すぎて考えさせられる。好きだ。

  • 映画見を見て原作読んで、最後にこれを読んだ。律子は映画版のみのキャラだけど、私は原作よりこっちの方が好き。律子の立場が辛すぎて考えさせられる。好きだ。

  • 原作小説とは違った視点からがいい。原作ありきじゃなくてよかった。

  • 律子の存在意義がやっと分かった。映画だけで完結出来なかったのは、やっぱり脚本のせいか。

  • 本編よりもこっちの話の方が好きかも・・

  • 「世界の中心で、愛をさけぶ」のサイドストーリー。
    アキとの死別の後、成長した朔太郎が付き合うようになった、障害を持つ女性、律子。
    彼女とアキとの接点について書かれたものです。

  • <映画『世界の中心で、愛をさけぶ』をノベライズ化
      『どうしてかなぁ、眠れないの。……明日が来るのが怖くて眠れないの……あたし、もうすぐ死ぬと思う』
     結婚を目前に控えながら婚約者に心の空洞を感じている律子が見つけたカセット・テープには、こんな少女の声が残っていた。テープのラベルに記された日付は「’86年/10/28」。この日は律子の母の命日でもあった。何かの予感に突き動かされるように幼少期に育った四国の町へと赴いた彼女は、ある“真実”に辿り着く――。
     300万部突破のベストセラー「世界の中心で、愛をさけぶ」から生まれたアンサー・ムービーを完全ノベライズ。●文庫書き下ろし>
    映画を観てから随分経って読んだので、本を読みながら映画のシーンをおさらいしていく・・という感じでした。感動再び。そうだったのか〜と納得したり。こんな楽しみ方もいいなと思った。2004.

  • 映画を観てめちゃくちゃよかったので、早速ノベライズ化した作品を読んでみたが、こっちはたいしておもしろくなかった。律子主観で書いちゃっているから全てが過去の話になってしまって残念だった。

  • 映画を観て、泣いた人にはうってつけの本です。
    もう一度映画が見たくなります。

  • 映画“世界の中心で、愛をさけぶ”の文庫本。私は映画じゃなく…テレビで見たんだけど、その後にこの本を手にとって見たけど、読んでる間は…テレビ見たときの映像が流れてて、勝手気想像できて、感動した。

  • せかちゅうのアナザーストーリー!

全66件中 1 - 25件を表示

指先の花―映画『世界の中心で、愛をさけぶ』律子の物語 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

指先の花―映画『世界の中心で、愛をさけぶ』律子の物語 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

指先の花―映画『世界の中心で、愛をさけぶ』律子の物語 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

指先の花―映画『世界の中心で、愛をさけぶ』律子の物語 (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする