手鞠花おゆう〔文庫版〕 (小学館文庫)

  • 80人登録
  • 3.46評価
    • (3)
    • (14)
    • (18)
    • (1)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 和田はつ子
  • 小学館 (2006年2月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094080728

手鞠花おゆう〔文庫版〕 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ことある毎に『口歯の健康が体の健康につながる』ことを伝えてくれて、読みやすい本だし、広く多くの人に読んでもらいたいです。

  • 疑惑を受けては晴れ、受けては晴れ…おゆうさんの行動はことごとく裏目に出てたなあ。「南天うさぎ」を読んだ時はもう少し平易なシリーズだと思っていたのですが。いやおもしろいんだけど。

  • 2 口中医佳助事件帖
    なんだろう、続きが別に楽しみじゃない…どうでもいいというか、引き込まれないのはキャラが好みでないせいか。あれ、主役はもしや鋼次なのか?

  • タイトルの手鞠花おゆうと呼ばれる女が関わってきますが、今回桂助の過去の恋話も出てきて、志保も気が気ではありません。
    でも、友人の鋼次の心酔具合は、志保が好きだと言いつつつい友情以上のものを感じてしまうのですが(笑)。そんなふうに思う私の目が腐ってるんでしょうね…。

  • シリーズ二冊目です。

  • お江戸の歯医者シリーズ2作目。同じく連作が続くも大きなテーマが流れていて読み応えあり。全体的にちょっと淡泊なところがやや不満を憶えつつももなかなか良い感じ。

  • 口中医シリーズ2おゆうさんを巡る物語。

  • 口中医桂助事件帖シリーズの2巻目。
    なんとな〜く読んでしまう。

  • もしかして、さらにシリーズ化か?

全10件中 1 - 10件を表示

和田はつ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

手鞠花おゆう〔文庫版〕 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

手鞠花おゆう〔文庫版〕 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

手鞠花おゆう〔文庫版〕 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

手鞠花おゆう〔文庫版〕 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

手鞠花おゆう〔文庫版〕 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする