千里眼とニュアージュ 下

  • 255人登録
  • 3.31評価
    • (13)
    • (14)
    • (72)
    • (5)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 松岡圭祐
  • 小学館 (2005年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (393ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094081015

千里眼とニュアージュ 下の感想・レビュー・書評

  •  ちょっとした出来心から岬美由紀を名乗ったところ、場所はおろか、時代すらも!?知らない所に拉致されてしまった恵梨香。そこは実はメフィストが、陣場社長が掘り出そうとしている埋蔵金がどこにあるのかを検証するために作り出した架空の江戸の町だったのだが・・・。

     あららららら。敵であるはずのメフィストのダビデがいい人に思えてきてしまったよ(笑)。今回ダビデは、メフィストのノウハウを知りながら独立して今やメフィストを超える成功をおさめそうな陣場の暴走を食い止めるという名目で動いてはいるのだが、結果的には恵梨香や美由紀を助けている。蒲生刑事らが出てこないので、完全サポート役に。相変わらず美由紀には邪見に扱われているけれど、見せ場たくさん。メフィストグループのクローネンバーグ社のトップであるダビデと、同じくメフィストグループのマインドシーク・コーポレーションのトップであるジェニファー・レイン(「トランス・オブ・ウォー」にも出てきた金髪女)が対立しているような描写があるので、今後はここらが描かれていくのかも。ダビデに関する感想ばかりになってしまったが、今作で美由紀と恵梨香の確執に決着。見逃せない一冊になっているという。恵梨香は今後どうするんだろう?

  • 史上最大のIT企業が設置した“48番目の都道府県”萩原県。そこは全国から
    集められた800万人の「ニート」たちが暮らす、最先端の福祉行政の地だった。
    だが、住民たちは悪夢にうなされている。炎、地獄の骸骨、そして金縛り。
    萩原県の地底には巨大な陰謀が眠っていた。 イラクから帰国するや、不可解
    な速達を受け取った臨床心理士・岬美由紀は再び混乱の渦中へと疾走する。
    岬美由紀の前に立ちはだかる『蒼い瞳とニュアージュ』のヒロイン、宿命の
    臨床心理士・一ノ瀬恵梨香。そしてメフィスト・コンサルティングのダビデ……。

  • 最後まで楽しめた(*^_^*)

  • <内容>
    史上最大のIT企業が設置した“48番目の都道府県”萩原県。そこは全国から集められた800万人の「ニート」たちが暮らす、最先端の福祉行政の地だった。 だが、住民たちは悪夢にうなされている。炎、地獄の骸骨、そして金縛り。萩原県の地底には巨大な陰謀が眠っていた。 イラクから帰国するや、不可解な速達を受け取った臨床心理士・岬美由紀は再び混乱の渦中へと疾走する。岬美由紀の前に立ちはだかる『蒼い瞳とニュアージュ』のヒロイン、宿命の臨床心理士・一ノ瀬恵梨香。そしてメフィスト・コンサルティングのダビデ……。 エンターテインメントの頂点を極めた人気シリーズ初の文庫書き下ろし最高傑作!

  • 臨床心理士のお話、結末でニートの人達の心情の変化が・・・

  • 失礼ながら、今時、大判小判がザクザクというネタでは、いくらなんでも。。。と思っていましたが、やはり期待通りに、ちゃんとしたどんでん返しを用意してくれていました。<BR>2006/1/7

  • 書中でメフィストコーポレーションの描いた日本の近未来図。
    実社会に当てはまるのでは?と思えるほどのリアリティでストーリが展開していて、SF世界に含有されたそのリアリティこそがこの物語を引き立てている。

全10件中 1 - 10件を表示

千里眼とニュアージュ 下を本棚に「読みたい」で登録しているひと

千里眼とニュアージュ 下を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

千里眼とニュアージュ 下を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする