千里眼背徳のシンデレラ (下) (小学館文庫)

  • 271人登録
  • 3.37評価
    • (13)
    • (16)
    • (68)
    • (3)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 松岡圭祐
  • 小学館 (2006年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (652ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094081039

千里眼背徳のシンデレラ (下) (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 友里の行動原理に強引さを感じたけれど、後半はらしさが出ていて楽しめた。ダビデは要所要所でアクセントになっていました。

  •  白紅神社に隠されていたSDカードには、友里佐知子のことだけではなく、その娘(正確に言えば友里佐知子の影武者・澤木百合子の娘)をどのように育て上げていったのかまでが克明に記されていた。

     三億円事件やよど号ハイジャック事件など、実際にあった出来事の犯人が実は友里佐知子(とその仲間)だったという展開だったのには驚いた。友里佐知子の影武者が産んだ子供・鬼芭阿諛子への教育、そして意志を受け継いだ鬼芭阿諛子が国家に挑み、そして自分の出生に関する真実を知って美由紀の前で自殺するまで。興味深くはあったけど、政治や歴史の話も多く、やっぱり長すぎたかなぁ。そして最後、またなぜか美由紀の味方のような動きをするダビデ。全編を通してこの人の動向も描かれていたけれど、そんなに優秀な人物だったとは。

  • あまりにもおもしろすぎて心が打ち震えた。
    松岡圭祐の千里眼シリーズ集大成といってもいいんじゃないだろうか。

    伏線の回収っぷりが凄まじい。
    特に500ページ以降あたりは鳥肌がたちっぱなしだった。
    ストーリーのバックグラウンドの説明があんまりないから他の千里眼シリーズを読んでから読むべき作品だと思う。

  • 友里佐知子の遺志を継いだ鬼芭阿諛子は,武器と特殊なクルマを入手し,国会議事堂を襲撃しようとする。岬美由紀と蒲生刑事がこれを防ぐ。

    面白くないわけではないが,長すぎて最後まで読むのが辛い。

  • 読み終わってふうっと息をついた。ボリュームと起伏に富んだ内容の両方に対して。
    (下)の前半のメフィストコンサルタントに操作された歴史の分析と鬼芭阿諛子の行動にはついていけなかった。
    岬美由紀が再登場してからは良かった。特に鬼芭阿諛子が新しい名を得るに至るやりとりが心に残った。


    作成日時 2006年10月18日 07:07

  • 臨床心理士・岬美由紀は謎の神社の境内に、日本経済を復興させる鍵となる発明が隠されているの知る。それは友里佐知子の意志を受け継いだ鬼芭阿諛子の、国家転覆に賭ける恐るべき計画の決め手だった。紅白玉の予言や生体時計の秘密を暴き、真実に一歩ずつ近づく岬美由紀を待っていたのは、運命を根底から覆す逆転劇だった―。千里眼の系譜に決着をつけるべく、ヒロインは恒星天球教との最後の戦いに向かう。シリーズ最長となる圧倒的なボリュームと壮大な規模で描かれた著者渾身の書き下ろしエンターテインメント下巻。

  • 読み応えたっぷり。
    上下巻あわせて12時間かかった。

    ネタは最初から出ているのに
    そのトリックに気付くのはいつも直前。
    そんな面白さ。

    多分このシリーズを全て読んだあとなら
    もっと楽しめるだろう、な昔話多数。
    飛ばし飛ばしで読んでいる私は
    それらを今後読むたびに楽しめるだろうな、と期待させられました。

  • 鬼芭のクーデタを美由紀が止めることができるのか…。ドキドキハラハラです。
    最初に出てきた話題が、ここにつながっていたのか…って感心させられました。
    読者の心理をつかんではなさない作品です。

  • <内容>
    友里の日記に書かれた、驚愕の昭和裏面史。宿命の敵、友里佐知子からつづく千里眼の系譜に決着をつけるべく、戦う臨床心理士・岬美由紀は鬼芭阿諛子率いる恒星天球教との想像を絶する最期の戦場に立ち向かう。
    大津波で日本列島が海に沈んだ耐震強度偽装疑惑の当事者・音無耕市は海上の小島で名誉挽回を企てる。だが事態は急変。臨床心理士の岬美由紀は驚愕の現場に直面。一方で、捜査一課の蒲生誠警部補によると、鬼芭阿諛子という名の人物が石川県の白紅神社で宮司を務めているという。蒲生らとともに白紅神社に急行した美由紀は、そこでかつての師であった鬼芭阿諛子の母・友里佐知子の日記を入手。日記には彼女の波瀾万丈の生涯が綴られていたメフィスト・コンサルティング、ダビデ、マリオン・ベロガニア、前頭葉摘出手術ノノ日記で初めて知る新事実。友里の教えを受け、知識や技能を受け継いだ鬼芭阿諛子が、白紅神社を隠れ蓑に、いま国家転覆のテロを実行する友里佐知子からつづく千里眼の系譜に決着をつけるべく、岬美由紀は恒星天球教との最後の戦いに向かう。

  • 上巻に同じ。

全13件中 1 - 10件を表示

松岡圭祐の作品

千里眼背徳のシンデレラ (下) (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

千里眼背徳のシンデレラ (下) (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

千里眼背徳のシンデレラ (下) (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする