転生 (小学館文庫)

  • 442人登録
  • 3.26評価
    • (12)
    • (46)
    • (110)
    • (15)
    • (3)
  • 53レビュー
著者 : 仙川環
  • 小学館 (2006年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094081176

転生 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • "ジェットコースターミステリ"と評してあったけど、まさにそんなに感じ。飽きずにハラハラしながら最後まで読んでしまう。

  • 仙川環さんの作品を読むのは三作目!

    感染と繁殖には『盛り上げるだけ盛り上げといて最後のそれ何!?』と、オチに少しがっかりさせられました。

    しかし、本作『転生』は及第点!


    他の作品もですが、まず第一にスピード感が良く一気読みできます。


    フリーライターの独身女性がある日突然、『あなたの子供です!』と生後三ヶ月の赤ん坊を預けられる。負けん気だけは人一倍の彼女は押し付けた相手の素性を暴き『返してやる!』と帆走するのだが殺人事件に巻き込まれていく。


    傍若無人な主人公に全く魅力が無く、感情移入する事は出来ませんでした。

    281p迄は・・・

  • 突然、赤ん坊を差し出され「あなたの子です」と言われる悲劇。でも、言われたのは男性ではなく女性(男勝りではある)という始まり。登場人物のキャラが明瞭過ぎてわかりいい。

  • 深沢岬が、赤ん坊を押し付けられ、右往左往するところまでは良かったのですが、この人のかなりの俺様っぷりに少し引いてしまいました。
    周りのことはお構いなし、わが道を行く、おばをあごで使い、元同僚を脅迫して協力させるはで、まさに、外道です。

    そんな彼女が真相にたどり着くまでは無理なく、きれいに書かれていますが、その後のことが納得行かなかった。

  • 昔提供した卵子によって生まれた子供を押しつけられたフリーライターの主人公が、出生の真実に迫る。意外な結末でおもしろかった。いじめた元同僚がいいアクセント。

  • 昔、「試験管ベビー」と言う言葉が、話題になったことがある。
    現代、精子だけの保存でなく、卵子の保存も可能な時代になって来ている。
    この、仙川環さんの本は、初めて読む本です。
    大阪大学大学院医学系研究科卒と言う才女。

    どんな本なのかと言うと、この本は、ホテルのロビーに呼び出された主人公の岬が、覚えのないのに、「貴女の子供です!」と、赤ちゃんを押しつけられたことから、物語が、始まる。
    数年前までは、羽振りが良かったのに、今は、格をを落とした洋服、バッグを身につけるフリーライターになっている岬が、アメリカ留学のためにした卵子提供のアルバイトが、原因になっているのだと、気づいて、調べ出す。
    クローン人間と、昔騒がれた、言葉も、導入されているが、難しい医療専門用語も、出てこないので、す~っと、読み進むことが出来る。
    最後に、殺人を犯したの人物の精子で、この赤ちゃんが、出来たと言う所は、なんか、人間の尊厳が、軽く扱われているような感じであった。
    子育ての大変さを知らないから、岬が、自分の子として、育てると言う所は、やはり小説だから、出来ることかな?と、思った本であり、こんな風に、子供が、出来たら、愛情が、湧かないだろうな~と思った。

  • 2作目らしい

     気が強そうな美人というヒロイン像が、初めて拝んだ作者近影とかぶる。阪大医学部の方だったんだな。

     その気で読むと、カラッとした表現の中に服装や香水などの表現の細かさに気付く。

     ストーリーは、実はあまりおもしろくない。非ハードって感じで、クローン技術というよりも、戦う女性戦士って感じ。でも寝床で一気読みできるリズム感と贅肉があまり無いシンプルさがいいな。

     二文字にこだわるタイトルとか、けっこうお気に入りの作者さんだな。

  • 医療ミステリーと言いながらたいして専門用語もなくすらすらと読めるのだが…。
    タイトルと内容が繋がらない(@_@;)

  • こちらもタイトルと中身にズレがある感じ。
    重たいに違いはないのだけども。。

    話自体は読み甲斐ありました。

  • クローン人間ネタの小説。
    主人公の行動力や考え方は、興味深い。

全53件中 1 - 10件を表示

仙川環の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

転生 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

転生 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

転生 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

転生 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする