実戦!問題解決法

  • 403人登録
  • 3.28評価
    • (14)
    • (28)
    • (79)
    • (10)
    • (4)
  • 39レビュー
  • 小学館 (2007年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094081619

実戦!問題解決法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 問題解決への土台として必要不可欠な
    ロジカル・シンキングを身につける為の入門書。

    何回も繰り返し読む羽目になった
    オレにとっては苦い一冊。
    印象としては同著「考える技術」を
    より詳しく解説したようなデキ。

    CHECK POINTで簡潔にまとめられており、復習にも
    使いやすい。

    外資系コンサルは
    これが普通に出来ているのかと思うと
    正直、焦るし危機感が募る・・・(笑)
    だって本にされてる位なら
    これでも入門中の入門レベルなんでしょ(笑)?

    とにかく、日常生活でも大いに役立つ技術なので
    皆さんも読んでみては?


  •  数ある問題解決本の中でもタイヘン参考になる1冊。


     情報収集からプレゼンまでの流れの作り方。



     常日頃鍛えなければいけない脳力について


     何度か読み返したい1冊

  • 本書はマッキンゼー時代の新人研修プログラムを基にした「経営管理者育成プログラム/問題解決必須スキルコース・基礎編」のエキスを1冊の本にしたものらしい。 要所要所に要点を纏めたプレゼンシートがちりばめられており、体系的に理解することができる。

    問題把握のステップとして、
     ?取り巻く環境の理解
     ?情報収集
     ?チャート化
     ?フレームワークでの情報整理
    の理論を説明している。

    本書はあくまで情報を整理することによる原因抽出に主眼が置かれているため、解決の施策については詳しく述べていない。 ただ、原因の抽出がもっとも重要な部分であり、本書でも「問題の根本原因」が判明すれば問題解決の60%は達成したことになる、と述べているため原因の発見部分の手法だけでも十分に価値のある本と思う。

  • すごく基本的な内容。電車の往復で読むにはちょうど良い。

  • 氏の数多ある著作の中では入門編といったところでしょうか。
    データ調査関連は参考になりました。

  • 中途半端。

  • 大前さんはマッキンゼーにいた

  • 社内研修の参考図書。

    大前氏の主張する「問題解決」の手法が整理されている。

    氏の著作も何冊か読んだことがあるので、目新しいことが書かれていたわけではないが、これはこれで分かりやすい気がした。

    紹介された考え方で、何度も何度も考え「脳に汗をかく」ことなしに、技術は身につかない、と書かれているが、多分その通りなんだと思う。
    読んだだけでは、多分ただそれだけになりそう。

    なにごともそうかもしれないが。

  • 少し古いけど分かり易い内容です。

  • 2013/11/4読了

全39件中 1 - 10件を表示

大前研一の作品

実戦!問題解決法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

実戦!問題解決法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

実戦!問題解決法の作品紹介

五〇〇人以上のコンサルタントを育てた大前研一と日本における第一人者・斎藤顯一による元祖マッキンゼー式問題解決法の入門編にして決定版。ビジネス上の問題をいち早く発見し、それを本質的に解決するためのロジカルシンキング(論理思考)の方法論を豊富な事例とふんだんなチャートを用いて分かりやすく解説。あらゆる仕事の局面に応用可能なこのスキルは、新入社員から経営者まで多くのビジネスパーソンにとって、最強のビジネスウエポンになりうる。世界に通用する、世界と戦える人材になるための必須の教科書。

実戦!問題解決法の単行本

ツイートする