国芳一門浮世絵草紙 侠風むすめ (小学館文庫)

  • 108人登録
  • 3.63評価
    • (6)
    • (17)
    • (16)
    • (1)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 河治和香
  • 小学館 (2007年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094081671

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

国芳一門浮世絵草紙 侠風むすめ (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「チャンバラしない時代小説が読みたい」と、
    とある本のオススメをしてくれる本屋さんに聞いたら
    オススメしてくれた本。

    時代は天保、歌川国芳(猫の擬人絵とかの)の娘が主人公で、
    比較的短めの話が幾つか入っています。
     
    チャンバラしない江戸物、というと、
    高田郁さんの「銀二貫」や、「みをつくし料理帖」が思い浮かびますが、
    比較的上品な町人がメインなのに対し、
    こっちはチャキチャキの江戸っ子、って感じで色々破天荒。
    もしかしたらちょっとえっ、、ってなっちゃう人もいるかもしれない 笑
     
    話自体は短めの話を幾つか、という連作短編の体で、
    それぞれさらさらっと読めちゃいます。
     
    作者が江戸風俗を描いた画家に弟子入りして勉強した、
    ということもあり、江戸ってこんなかんじやったんや!と、
    トリビア的にも楽しいです。
    個人的には彫り物の扱いが興味深かった。
     
    シリーズ物かつ、大きな書店にもあまり置いていない本なので、
    Amazonなどのサービスで買うのがいいかもしれません 笑

  • 国芳一門のあれこれを娘登鯉の視点で,これでもかって言うぐらいの江戸っ子ぶりで描かれていて,とってもおかしくてホロリとさせられる.それにしても,江戸っ子でいるのも大変だ.

  • 国芳一門の話。
    「ヨイ豊」で豊国一門の話を読んだ翌日に読んで、清太郎(4代豊国)がひどい奴に書かれていたので、びっくり。

    国芳を筆頭に、登場人物が魅力的でテンポも良く、話が進んで面白かった。
    章毎に関係する浮世絵が載せてあるのも良かった。

    ただ、国芳の娘 登鯉(とり)が、あまり絵に向かっていない(のに上手い設定)で、男に夢中なのがどうも好きになれなかった。

  • 浮世絵師・歌川国芳の娘・登鯉(とり)15歳を主人公として登鯉の視点から国芳一門や天保改革を見た物語。ダイナミックな国芳の娘だけあって、読んでるこちらまで元気になりそうな生きの良さ。各章の始めに章に関係する浮世絵などの挿絵があり、江戸の風俗が物語中分かりやすく溶け込んで、笑いもあり面白かったです。シリーズになっているのでこの後も期待します。

  • 【本の内容】
    前作「笹色の紅」が評論家に絶賛された新鋭が、鉄火肌の浮世絵師国芳と、脳天気な弟子たちの浮世模様を娘の女絵師登鯉の目から描いた、ほのぼのおかしくて、ちょっとせつない書き下ろしシリーズ第一作。

    国芳の娘登鯉は、刺青が大好きで博奕場にも平気で出入りするような“侠風”な美少女。

    一方で、天保の改革を鋭く諷刺した国芳は、とうとう北町奉行所に召喚されてしまう。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    柴又生まれの江戸っ子作家、河冶和香さんの書き下ろしシリーズ第1作である。

    今回のは江戸末期を代表する浮世絵師の一人、歌川国芳一門の活躍を娘登鯉(とり)の眼から描いた作品である。

    登鯉は入墨が好きで吉原や博打場にも平気で出入りする”侠風(きゃんふう)むすめ”。この早熟な娘を通じ、当時の江戸の風俗がとても生き生きと描かれており、その映像が目に浮かんでくるようである。

    遠山の金さんも脇役の一人に名を連ね、物語に華を添えているあたり、時代小説ファンにとってはたまらない展開である。

    まだ書き尽くしていないところがあちこちに見られ、今後のシリーズ作品で明らかにされていくのが楽しみでならない1冊。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  •  歌川国芳の娘•登鯉(とり)を主人公に据え、国芳の作品、人柄を中心に描かれる登鯉の成長譚である。当時の風俗や政治情勢なども絡めており、国芳のことだけではなく、風俗史の勉強にもなる。
     彫り師と文学というと、谷崎潤一郎の『刺青』(しせい)ぐらいしか思い浮かばなかったが、そこで描かれるおどろおどろしい彫りのイメージを、より身近のものとして、当時の風俗として描いているのに驚いた。

  • 国芳が大好きです。
    その国芳や弟子達、作品がたくさん出てくるので、それについてはワクワクもしますが。
    小説としては、出来の良い部類ではないと。
    複線の張り方も拾い方も微妙。
    読んでて、ページ抜かしたのかとすら思いました。
    登場人物も、似たような境遇の人が多く、こんなにいらないのでは。
    主人公の登鯉ちゃんは全く好きなれません。

  • これに出てくる周坊ってのちの河鍋暁斎か。読み終わってから気付いた。国芳と弟子ーズがかわいい奴らです ただ主人公の娘が好きになれずじまい

  • とにかくおもしろい!
    国芳一門の連中のおかしさったら。そして登鯉ちゃんの大人びた、ある種冷めたようなものの見方がいいです。
    そんな登鯉ちゃんも、やっぱりまだまだ子供な部分があって、そういうところがまた可愛いんだよなァ~って、もう、出てくる人みんなバカで情に篤くて、ニヤニヤしてしまう。
    江戸の風俗、異常な取締りの強化などもおもしろおかしく書かれていて。
    作者さん、粋です。

  • 浮世絵は大好きで、葛飾北斎、歌川国芳、河鍋暁斎が特に好き。その、国芳の娘が主人公の短編集。中身は、本当に江戸情緒が満載で、言葉も風俗もすごーく江戸らしい。入れ墨って、江戸の人にとってすごく意味のあるものだったんだねぇ。

    国芳を最初に好きになったのは「源頼光公館土蜘蛛作妖怪図」という風刺絵で、最期の一編がこれの話でした。彼が活躍した当時、幕府は贅沢禁止令を出して庶民を苦しめていましたとよく言われている時代、鳥居耀蔵が悪役としてよく登場する時代です。鳥居耀蔵って、林大学頭の子だったのか、知らなかった。当時の改革という名の庶民締め付けの様子がとてもよく分かります。
    浮世絵というと普通は絵師のことしか話題に上りませんが、中に一編、彫り師がメインに出てくる話があって、これがカッコイイ!

全12件中 1 - 12件を表示

国芳一門浮世絵草紙 侠風むすめ (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

国芳一門浮世絵草紙 侠風むすめ (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

国芳一門浮世絵草紙 侠風むすめ (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

国芳一門浮世絵草紙 侠風むすめ (小学館文庫)のKindle版

ツイートする