anego (小学館文庫)

  • 699人登録
  • 3.24評価
    • (17)
    • (87)
    • (176)
    • (27)
    • (9)
  • 104レビュー
著者 : 林真理子
  • 小学館 (2007年6月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094081725

anego (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんて女を振り乱した作品だろう。
    そして、私はホントにナオコの
    考え方、プライド、時には男に溺れたり、意地悪を言ってみたり、落ちてみたり、突っ込んでみたり、この行動がもうよく分かる。笑
    男女差別するわけじゃないけど、女ってなんでこう、、男がいたらそれが中心となって、普段の生活がサブみたいになるんだろう。
    でもこういう生き方、私は嫌いじゃない笑

  • 何年か前にTV化されたのは知っているが、観ていない。その時、タイトルからOL生活の中でガンガン働き頼りにされる主人公の痛快劇と誤解した。
    読んでみると、意外にドロドロした男女関係物語で、30代女性の結婚観や怖い人間模様だった。林さんの小説は、「不機嫌な果実」「満ちたりぬ月」しか読んだことはないが、ドロドロな人間模様であるが、生きていく上で知っておいた方がよいだろう事柄があり楽しめる。自分にない感情や知らない世界など学べる利点あり。

  • 林真理子ってかんじ。

  • 怖かった〜。ドラマよりラブコメ色薄い。原作のイメージは篠原涼子より米倉涼子かな〜。

  • 面白くて一気読み。
    30を過ぎて商社OLとして働く奈央子の物語。
    年下の黒沢くんに結婚告げられるところ、悔しい気持ち分かるなぁ。
    沢木さんとの話は絵里子が不気味すぎて、最後せっかくいい人が現れて幸せ掴めそうだったのに残念なラストだった。幸せになってほしい。
    いつもながら林真理子の描写は憎らしいほどに的確で、分かる分かるってところ多々。
    純愛とは対極で俗にまみれているけれどこれが人間ってものなんだと思う。

  • ドラマをうっすら思い出しながら読み終えた。

    なんだか、最後がなぁ‥‥

    ラガーマンと幸せになってもらいたかった。

  • ドラマと全然違った。
    まぁそれはそれでいいんだけども、仁くん…原作では脇の脇。原作とドラマが大胆に違うのは別によくあることだけど、驚いたのは後書きで中園さんが脚本を狙っていた、と書いてたところ。めっちゃ書きたくて狙ってて、こんな話変わるの?てなったね。

    歳を取ると恋も結婚も難しいね。

    林真理子地味に初めて読んだけど、仕方ないのかもだけど、ちょっと時代を感じる。

  • 合コンに明け暮れた、20代前半の頃を思い出した。あれはあれで楽しかったな。ハッピーエンドを期待したのに、思いがけずミステリアスな終わり方だった。森山と幸せになって欲しかったなー

  • ドラマの記憶だと、若いのとうまくいくのかなと思って読んだら、ドラマとはけっこう違ってた。
    面白かったんだけど、商社のOLってほんとにこんな暮らしなのかな〜

  • 男っぽいさっぱりして姉御肌な女性が、後輩たちに慕われて活躍するという、気分爽快なストーリーを勝手に想像してしまっていたので、結末にはガッカリ・・・気分が重くなってしまいました。

全104件中 1 - 10件を表示

林真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

anego (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

anego (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

anego (小学館文庫)の作品紹介

野田奈央子32歳、丸の内の大手商社社員、独身。上司からも、同僚からも、部下からも頼られる存在。…なのに自らの恋愛運にだけはなぜか恵まれない。そんな奈央子が次から次へと出合う恋愛の数々。合コン、お持ち帰り、セフレ、不倫、泥沼…。OLの性も、派遣社員の怒りも、そして結婚運に恵まれない女たちのいらだちも。すべてをリアルすぎるくらいリアルに描ききった、林真理子の代表作。主人公野田奈央子を篠原涼子が演じて話題になった、大ヒットドラマの原作、待望の文庫化。

anego (小学館文庫)のKindle版

anego (小学館文庫)の単行本

ツイートする