逆説の日本史(11)戦国乱世編 朝鮮出兵と秀吉の謎 (小学館文庫)

  • 330人登録
  • 3.63評価
    • (17)
    • (39)
    • (52)
    • (3)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 井沢元彦
  • 小学館 (2007年6月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094081749

逆説の日本史(11)戦国乱世編 朝鮮出兵と秀吉の謎 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 信長の後を継いだ秀吉は、策略の魔術師だった―今までのイメージを大きく覆す秀吉の姿。名もない農民の伜から身を起こした秀吉にとって、身分の差と戦うにはそうするしか方法はありえなかった。身分の差と戦い、権力の座についた秀吉は、次なる目標を明に定めた―

    秀吉のイメージも、いわゆる朝鮮出兵も、当時のコンテクストに従って理解をしなければ、真に理解したとは言えない。
    例えば朝鮮出兵は、当時の世界常識に鑑みれば、やらなければならない政策であった。誇大妄想であるというのは、後世のバイアスの他、何物でもなかった。

  • のっけから、秀吉は六つ指、羽柴秀吉は「ハシバ売りの稗吉(ヒエヨシ)」ときた。そして、秀吉晩年の汚点、朝鮮出兵については、イエズス会の宣教師たちにそそのかされて「日本・スペイン連合軍による唐入り」を実行しようとしたが果たせず単独行動になったもの、と説いている。本巻はなかなか刺激的な内容で面白かった。

  • 時代区分は秀吉時代。彼の内政と外政について書かれている。彼の持論補強の為に世界史まで持ち出してるゆえに、短い期間とは思えないほど多くのページを費やしているが、成功していると思う。繰り返し読む巻の一つとなると思う。

  • 豊臣秀吉と言う人物にスポットを当ててその生涯と、秀吉がなし得たこと、なし得なかったこと、信長や家康との関係、などについて分かりやすく解説されている。

  • 末位から関白まで上り詰めた豊臣秀吉こそ下克上の象徴であるにも関わらず、織田信長や徳川家康に比べると些か劣る印象を持っていた。しかし本書では一冊を秀吉に充て、彼の人たらしの「大悪人」としての天才性を取り上げる。

    自分の身分を心得、巧みに織田家や徳川家を排除する様は天才謀略家と言えよう。第5章では「朝鮮征伐」をスペインを代表したカトリック教への抵抗を目的とした明制圧とする説も面白い。

    第1章 豊臣秀吉、その虚像と実像編
    第2章 秀吉、天下乗っ取りの大戦略1
    第3章 秀吉、天下乗っ取りの大戦略2
    第4章 秀吉の天下統一経営1
    第5章 秀吉の天下統一経営2

  • 朝鮮出兵と秀吉の謎

  • 好きなシリーズなのだか、現在の歴史学批判が、少々くどくなってきた。
    一巻から読んでると、もう耳タコ。

    でも、ここまできたから、全巻読むぞ。

  • 秀吉の統一への過程と、朝鮮出兵に関する部分が対象。
    朝鮮出兵を悪と一方的にみなす歴史観への疑問と、歴史をねつ造する朱子学(儒教)の性質を非常によく理解できる。

    今の南北朝鮮はまさにそう、ねつ造という事に何の罪悪感も持たない連中と正当な歴史議論はそもそも出来ないのだ。

  • ご本人とその政治的主張は非常にクセがあり(マイルドに言って)、好き嫌いが別れそうですが、彼の通史は本当に面白い。「怨霊信仰+コトダマ+ケガレ忌避+和の精神」という日本人の宗教観をベースに古代史から現代までを新たな視点で考察しています。粗い・甘い箇所もあるけど掛け値なしに面白く、目から鱗。考えさせられます。

  • 秀吉の話が中心。

    現代の歴史学への批判というのが、逆説の日本史シリーズではよく見られる。
    今回は特にその記述が多く感じた。
    ちょっとくどいような。。。
    もちろん大事なことだから繰り返しているんでしょうけど。
    (逆説の日本史10から続けて読んだからそう感じるのかも)

    世に言う秀吉の朝鮮侵略の認識が大きく変わった。
    (著者は、朝鮮侵略という表現には異を唱えている。)
    今までの私の認識は、現代の価値観+結果論に大きく影響されたものだということに気づいた。
    歴史を本気で学ぼうとしたら、当事者の視点が欠かせないのだろう。
    歴史が好きな人間として、どういった姿勢で歴史に望めばよいのかということも考えさせられる一冊だった。

  • 今ひとつ躍動感がなかった。

  • 本能寺の変以降、朝鮮出兵までの
    主に秀吉を中心とした読み解き。

    常々著者は、日本の歴史学会の欠点として
    「権威主義、史料至上主義、呪術的側面の軽視」
    を批判しているが、
    この巻に関して言うと、
    「後出しの歴史観」と「戦後絶対平和主義の歴史観」
    を持って、歴史を分析しようとする姿勢を
    鋭く批判している印象が強い。
    それは、歴史学会というよりも、作家も含めて
    歴史を扱う人全般にまで対象を広げているとも感じられる。

    「朝鮮出兵」について、私もそうなのだが
    学校的な日本史で受けた漠然とした記憶は
    「秀吉は何を考えたのか朝鮮支配という空想的な
     無茶に突き進み、九州の大名を派遣した」
    という程度だったのだが、
    本書を読んで、そういった見方はそもそも
    「秀吉という個人だけ」
    とか
    「日本と朝鮮という二国間だけ」
    とかの
    極めて狭い視点で歴史を捉えていたことに気づかされた。

    世界史の同時代的な広い枠で見れば、
    スペイン、ポルトガルがキリスト教の修道士を尖兵として
    異国の地に次々と送り、スパイ活動をさせたうえで、
    本国からの部隊を送り込んで植民地化するという「征服」
    活動が極めて盛んであったこと。

    その中に、当時の中国王朝、明を支配することが
    ひとつのプランとして入っており、
    その戦力として、日本、秀吉を使おうとしていたというところを
    知って、驚いた。

    また、そもそもアレクサンダー大王以来、国内の覇権を
    得た支配者というものは、対外遠征を行うものである、という
    歴史の縦の繋がりから学べるところも、
    なるほどと思った。

    支配者の独裁からくる外征というよりも、
    軍という組織は、そもそも戦場を必要とし、功を成し遂げたいという
    集団なのである。
    ゆえに、その進出が止まるのは、著者が書くように
    兵士自らが「もういいです、疲れました」というときのみ、ということは
    なるほどまったくもってそう思う。

    今日の企業活動だってそうではないか。
    国内市場でNo.1を取ることを達成したあたりで、成長が止まるのがふつうであり、
    それでは会社が「拡大を志向する集団」であった場合に、持続することが
    できない。
    ゆえに、グローバル市場に打って出るほかないのである。
    領地を支配しようとするか、市場を支配しようとするかという違いだけで、
    組織の力学という本質に差はない
    (だからこそ、軍事戦略というものが企業戦略に役立つ点が多いのであろう)。

    と、それはちょっと話が逸れたが、
    秀吉の末期の対外遠征は世界史の枠で捉えればなんらおかしいことではない
    というのがよくわかった。

    また、本書で著者が強調しているのは
    「信長→秀吉→家康」の政策の連続性に注目せよ、ということである。
    これも、細分化されすぎた歴史学の見方では見落としてしまうところだそうで、
    なるほど、と思う。
    信長という巨大なビジョンを持つ人間から、秀吉と家康はまじかに見て、
    いろいろと学んでいたわけであり、政策にもその路線継承性が見られて
    当たり前、というか、だからこそ最後の家康はあそこまでがっちりした
    仕組みを築けた、ということなのだろう。

    信長が宗教と政治・武力の繋がりを断ち切ったことを、
    秀吉は大仏建立というスタイルで継承していった。
    また、外征に関しても、そもそも信長が志向していたことであり、
    秀吉は天皇を中国に移すという明確なイメージを持って、それを継承した。

    まさに「逆説の日本史」らしい、戦後教育思想的な残念な歴史観からの
    脱却をもたらしてくれる説である。

  • 子供の頃最初に読んだ歴史関係の本が、太閤記だったような気がする。ボクの記憶に残る最古の大河ドラマは、平幹二郎が斎藤道三を、松坂慶子が濃姫を演じた国盗り物語だった。当時の松坂慶子が子供心にもとてつもなく綺麗だったのを覚えている。さて、本書は、秀吉の生涯をなぞりながら、信長の滅亡、小牧・長久手の戦、朝鮮出兵を描く。出世魚のように変わっていった秀吉の姓の背景や、そこに関わる藤原家や天皇家との暗闘が面白い。朝鮮出兵についても、ボクらは日本史・世界史の授業では「秀吉の領土的な野心」とのみ教わるが、井沢の推理・考察は、若干異なる。歴史上にIFは存在しないが、信長が本能寺で死ななければ、彼は少なくとも朝鮮の併合は成功していたのかもしれない… と思った。韓国の方、ごめんなさい。

  • 朝鮮出兵と秀吉の謎

    ・豊臣秀吉、その虚像と実像編―歴史学会がタブー視する「差別」構造
    ・秀吉、天下乗っ取りの大戦略Ⅰ
     織田つぶしの権謀術数編―いかにして「権力の正統性」を確保し  たか
    ・秀吉、天下乗っ取りの大戦略Ⅱ
     対決、徳川家康編―最大のライバルを屈服させた「人質」作戦
    ・秀吉の天下統一経営Ⅰ
     豊臣の平和編―宗教、貨幣、単位を統一した専制君主の国内政  策
    ・秀吉の天下統一経営Ⅱ
     太閤の外征編―朝鮮征伐にみる日本人の贖罪史観

  • 秀吉、この日本史上最大の英雄が行った政策の真の意味を窺い知れる。
    宗教政策、軍事政策とも信長、秀吉、家康の3人を流れのなかで見ていかないと、その意味を理解することはできない。
    唐入り、その文禄の役と慶長の役の意味目的の違いと、
    そもそも唐入り自体の当時の世界史的情勢からの視点に納得。

  • 井沢さんの歴史観は、一般の歴史学者には受け入れられないだろうな。
    学者というよりロマンの力の方が強いから。

  • 学校の教科書では教えてくれないようなお話で面白かった。
    ただ3分の1ぐらいは今の歴史学者に対する批判となっていたのでこれはこれで別の本だったら面白くなるとおもうが、余分かな。

  • 怨霊、言霊、穢れから日本史を見据える《赤松正雄の読書録ブログ》

     日本史をおさらいするうえで比類なき面白本をようやく見つけた。歴史の書というよりも歴史推理小説といった方がいいかもしれない。かねてからの「歴史通」や、今はやりの「歴女」には、何を今更と言われよう。このシリーズが世に出てもう10有余年も経っているのだから。しかし、恥ずかしながらその存在を私は知らなかった。井沢元彦『逆説の日本史』1~12である。未読の方は、まず文庫の第一巻を購入されることをおすすめしたい。

     日本史を追う井沢さんのキーワードは、怨霊、言霊、穢れの三つ。彼はことごとくをこれで抑えていく。見事なまでに。彼にかかれば歴史学者は形無し。木っ端微塵にやっつけている。宗教の本来的な役割を知らずに、文献至上主義に陥ってることの弊害を事細かにまた繰り返し飽きもせずに説く。読んでる端から忘れがちな私のようなものには、まことにこれは助かる。しかし、この手法ではさぞかし正統な歴史学者や同業他者から嫌われよう。であるがゆえに、あまり世の中に評価されていないように思われるのは、著者ならずとも口惜しい。

     近眼の人が寝ぼけ眼に顔を洗ってメガネをかけた時のように、ぼんやりしていた歴史絵巻が忽然と姿を現すのは嬉しい限り。というのは少々ほめすぎかも。だが、古代から中世にかけての日本人たちにとっての、様々なる神社仏閣の存在や「和歌」の持つ意味が判明するのは大きな収穫であった。軍事について現代日本人がとかく敬遠しがちなのは、何も戦後に始まったことではなく、古代からの歴史に根ざした伝統であることを知ったことも大きい。

  • 2007/6/10購入.6,8,9,10をまだ未購入だが先に新刊を買ってしまった。 2008/6/3 歯医者の待合室で読み始める。7/14読了。11は豊臣秀吉の話。秀吉の指が6本あった、という話は前にもどこかで聞いていたが、これを読んで久しぶりに思い出した。また、信長・秀吉・家康の政策は1セットで考えるべき、という意見と、もし秀吉の唐入りが成功していたら、その後、日本は中国の一部になっていたであろう、という考察は鋭いと思った。

  • まるで腫れ物に触るかのような扱いに、いい加減嫌気がさしていたときだったので、全くスッキリいたしました。
    どんな理由だとしても「秀吉は挑戦に攻め込み、そして破れた」ということだけでいいじゃないですか!他になにが一体問題なんですか?
    唐入り関係、むしろ韓国、朝鮮に関わる人は(もちろん中国も)もう一度根本から考え直して欲しいです。

  • ただただ面白いの一言につきる。

    日本史の好きな時代はという質問があったとすると、幕末や戦国時代などといった答えは多くあるだろうが、古代という人はほとんどいないのではないだろうか。

    教科書にしても年数的には非常に長いのにページ数にすると非常に短い古代史を分からないことも多いが、それが故に古典や試料、当時の時代背景などを基に分析している。

    日本における日本書紀、古事記から考えられる日本の成り立ち、オオクニヌシからアマテラスへの国譲り見られる神話の作られ方

    日本が『和(わ)』とよばれるわけ。

    未だに位置が特定されていない邪馬台国の九州有力説。

    天皇子孫が朝鮮半島出身とする仮説から導かれる白村江の戦いの見方

    などなど知らない話が多くて惹き込まれました。神話を単なる作り話とみるのではなく、そのような話が作られるのには何か史実があり、それを権力者の都合のよいように作ったとする見方というのは自分には非常に面白いと思いました。

    有名な本なので今更ですが、歴史が好きな人、また特に嫌いだった人にもおススメの面白い本です。井沢さんが一人ですべてを書いているというのも歴史の流れに一貫性があり、面白いでしょう。

  • 好きだな・・・この人

  • 久々の3連休に加え金曜日は子どもの運動会で年休もらっていて4連休だったのだけど、梅雨に台風にで予定崩れて、家でゴロゴロ競馬見ながら本読んで、歴史というのは物語としても一級品だけどに、今回は結構スッスッと読んじゃった。相変わらず知らないことが多くてタメになりますが、それ以上に、信長−秀吉−家康というセットで歴史を見ることやスペインの無敵艦隊の敗北がある意味日本の歴史に大きな影響を及ぼしていることや「間違いだらけの少年H」の話など、後半の外征にまつわる展開が興味深い。これらをどう解釈するか、鵜呑みにせずに自分でも勉強することが必要なのだろうけど、最近の朝鮮半島にまつわる話題においてこういう論があることも知っておいてもいいんじゃないかと。

全28件中 1 - 25件を表示

逆説の日本史(11)戦国乱世編 朝鮮出兵と秀吉の謎 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

逆説の日本史(11)戦国乱世編 朝鮮出兵と秀吉の謎 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

逆説の日本史(11)戦国乱世編 朝鮮出兵と秀吉の謎 (小学館文庫)の作品紹介

戦国乱世の三大英傑のひとり、世に"鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス"とその人性を表わされる豊臣秀吉とは、いかなる人物であったか?その虚像と実像を探り、天下乗っ取りの内実に迫る。

逆説の日本史(11)戦国乱世編 朝鮮出兵と秀吉の謎 (小学館文庫)はこんな本です

逆説の日本史(11)戦国乱世編 朝鮮出兵と秀吉の謎 (小学館文庫)の単行本

逆説の日本史(11)戦国乱世編 朝鮮出兵と秀吉の謎 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする