ALWAYS 続・三丁目の夕日―もういちど、あのときへ。 (小学館文庫)

  • 109人登録
  • 3.33評価
    • (5)
    • (9)
    • (20)
    • (6)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 山本甲士
  • 小学館 (2007年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094081992

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
あさの あつこ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ALWAYS 続・三丁目の夕日―もういちど、あのときへ。 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • タイトル通り、前作「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編です。東京のとある下町を舞台に、昭和34年4月からの1年間を描いています。

    この作品のポイントは、
    (1) 人々は貧しいながらも明るく幸せそうに生きている
    (2) 根っからの悪人が全く出てこない
    (3) 読んでいるこちらも幸せな気分になる

    この時代が素晴らしくて、現在がそうではないというつもりは全くありませんが、ささやかな幸せがかけがえのないものに感じられる、素敵な作品でした。

  • ま、二番煎じなんで仕方ない!

  • なんで続しか出てこないんだろ・・・(まだ続は読んでません)
    映画は飛行機内で半分寝つつ観てたのでよく覚えていませんが、
    こういういい話なんだろな。
    いわゆる"いい話"の連作短編。私はいい話好きなので良かったです。(2009.9.24.)

  • 話題の映画をマルチに楽しむノベライズ小説

    東京タワーが完成し年が明けた昭和34年、日本の空は広かった――。 駄菓子屋を営みながら児童小説を執筆する茶川竜之介や油まみれで車の修理に追われる鈴木オートの則文をはじめ、三丁目に暮らす多くの人々のその後にはまたいろいろとドラマが……。 映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」公開に先立ち、作家・山本甲士が前作にひき続き描く珠玉のノベライズ小説。どんなに時代が移り変わろうと、変わらない大切なものがここにはある。



    なんでしょう。
    昔のほうがよかったとかそういうなんか、心の部分で大事なところがいい感じで伝わる感覚ですね。
    いいです♪なんだかほっとします!

  • 内容紹介
    話題の映画をマルチに楽しむノベライズ小説

    東京タワーが完成し年が明けた昭和34年、日本の空は広かった――。 駄菓子屋を営みながら児童小説を執筆する茶川竜之介や油まみれで車の修理に追われる鈴木オートの則文をはじめ、三丁目に暮らす多くの人々のその後にはまたいろいろとドラマが……。 映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」公開に先立ち、作家・山本甲士が前作にひき続き描く珠玉のノベライズ小説。どんなに時代が移り変わろうと、変わらない大切なものがここにはある。

    取寄せ

  • 東京タワーが完成し、年が明けた昭和三十四年。駄菓子屋を営みながら児童小説を執筆する茶川竜之介や、油まみれで車の修理に追われる鈴木オートの社長をはじめ、夕日町三丁目に暮らす人々の周辺にまたいろいろと騒動が…。西岸良平原作の人気コミック『三丁目の夕日』と、日本中が涙した映画の続編「ALWAYS 続・三丁目の夕日」に描かれる"三丁目ワールド"を、作家・山本甲士が前作につづいてあたたかく綴る。懐かしいあの感動にもういちど出合える国民的ノベライズ小説!どんなに時代が移り変わろうと、変わらない大切なものがきっとそこにはある―。自分はまだ生まれてないが、懐かしい感じがする。

全8件中 1 - 8件を表示

ALWAYS 続・三丁目の夕日―もういちど、あのときへ。 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ALWAYS 続・三丁目の夕日―もういちど、あのときへ。 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ALWAYS 続・三丁目の夕日―もういちど、あのときへ。 (小学館文庫)はこんな本です

ALWAYS 続・三丁目の夕日―もういちど、あのときへ。 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする