100回泣くこと (小学館文庫)

  • 5001人登録
  • 3.23評価
    • (248)
    • (510)
    • (849)
    • (318)
    • (110)
  • 666レビュー
著者 : 中村航
  • 小学館 (2007年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094082197

100回泣くこと (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画化もされ、泣けるかなぁと思い読んだけど・・
    よくありがちな展開で、先が読めすぎたためか・・・
    内容に深みがなかったのか・・
    感情移入できませんでした。

    「彼女」みたいに死を宣告されたとき
    果たして自分だったら、前向きに強く戦うことができるかなぁ
    と思ったりしました。

  • 初、中村 航作品。

    飼っていた犬が死にそうになる、
    犬が好きだったバイクを直す、
    彼女と結婚の練習をする、
    彼女が病気になる、
    彼女が死ぬ、
    犬が死ぬ。

    普通の男女が(私のイメージですが)普通に恋して、婚約して、
    大事な人が病気になる、
    先のことなんて誰にもわからない。

    大切な人がいなくなって、
    100回泣いて、普通に戻ってく。。

    誰にでも起こるかもしれない、普通の物語なんだなと思った。


    二人が初めて会うところが一番好き。
    初めてあって1時間で、彼のいいところを4つも見つけられる彼女。
    きっと出会うべくしてであった2人なんだと思う。

    感想を書いていて、書きたいことがじわじわ出てくる。
    普通なのに不思議な作品。

    ~~
    大倉忠義さんと、桐谷美玲さんで6月に映画化されたそうです。
    原作とはだいぶ設定が違うようですが、
    こちらは美男美女ですな。

  • 恋人が不治の病におかされ闘病の果てに亡くなる・・・というあらすじ自体はけして目新しくもなく、むしろ書き尽くされたテーマだと思いますが、あえてそこを書くからには、何かしら明確で、なおかつ他作品とは違う新しい視点からのメッセージが必要だと思うのです。一応作者がその努力をした痕跡は認められたのですが、正直、やさぐれた大人の自分の心にはあまり響かず、結果、類似の他作品との差別化にはあまり成功してなかった印象。「開かない箱」のエピソードも、あまり意味がわからず・・・。

    「結婚まで考えていたラブラブな恋人が不治の病におかされ闘病の果てに亡くなる。でも主人公は時間をかけて立ち直る」それだけの話。前半は恋人たちのラブラブな様子、病気発覚で急展開、闘病に関しては治療方法の羅列、主人公は必死に支えようとするもあえなく彼女は病死・・・という王道展開の予想を、良くも悪くも全く裏切りません。

    とはいえ、読後感は比較的爽やかで、治療法羅列しただけの闘病描写も、物足りないくらい早い展開も、逆にお涙頂戴的しつこさ回避にはなっていたので、それはそれで良かったと捉えることもできなくはないです。主人公もその彼女も、キャラクター的にはとても可愛らしく好感が持てました。

    ただその主人公たちの性格の良さゆえに、本来病気がもたらすネガティブな方向での葛藤というものが一切なく(あったとしてもばっさりカット)、彼らはひたすらポジティブに病気と向き合うのですが、だからさらっと読める反面、そんなキレイごとじゃないでしょ、という物足りなさもあり、微妙にモヤっとした気持ちも残ります。

    それは彼らの出会い(ほとんど一目惚れ)からラブラブな同棲生活にも現れていて、喧嘩もせず前向きで理想のカップルなのだけれど、それゆえに現実感がないというか、こんな欠点落ち度ひとつない彼らに何故こんな不幸が!感を際立たせるどころか、闘病や死というドロドロした感情を伴う現実を、やっぱりキレイごとで終わらせてしまっていて、個人的に心からは共感できなくなったかも。

    まあこれはバランスの難しい部分で、どろどろした重い話をただひたすら重く書かれても読んでいてしんどくなるし、軽すぎてもそんなもんかいと思っちゃうし、匙加減の問題ですかねえ。ケータイ小説世代の若い子にはこれくらいでちょうどいいのかもしれません。

    序盤の、実家で死に掛けてる犬のために、バイクを直して帰るエピソードはとても好きでした。こういうエピソードをもっと細かく積み重ねて、きちんと伏線として繋げられれば、もっと読み応えのある作品になってたかもしれないと思います。作者の視点自体は、非常に温かく前向きで気持ちのよいものだと思いました。

  • 大倉さんが映画をすると聞いたので、
    購入したんですが..


    泣きました。

    泣いたんですけど、

    「また読みたい!!」

    「超よかった!!」

    って気持ちはあんまり生まれなかったです。

    感動はしたんですが...



    という訳で、☆1です。

  • 交際3年。求婚済み。年の差なし。
    ここが、世界の頂点だと思っていた。
    こんな生活がずっと続くんだと思っていた・・・。
    っていう内容説明につられて買った本。

    最初の方の序章部分がものすごく淡々とつづられてて、
    最初は退屈な本だなぁ、って思ったけど、
    後半にさしかかってくると、逆にその淡々さ具合が悲しさを誘うのね。

    ちょこっと涙が出ただけだし、
    個人的にはそこまで好きな本ではないけど、
    でも、自分にこの本と同じ現実が降りかかったら、
    100回泣くくらいじゃ済まないと思う。

    ネタバレしちゃうのであまり詳細は書きませんが・・・

    大切な人をもっともっと大切にしたくなるよ。
    日々をもっと大切に生きていかなくちゃな、って思うよ。

  • 100回泣くこと。

    僕と彼女とブックとバイクの物語。


    健やかなるときも
    病めるときも

    喜びの時も
    悲しみのときも

    富めるときも
    貧しきときも

    これを愛し
    これを敬い

    これを慰め
    これを助け

    死が二人を別つまで
    共に生きることを

    誓いますか

    スケッチブックに彼女が書いた言葉はすごくきれいな言葉だった。



    とてもしあわせに満ちた毎日が続いていた。


    そう続いていたんだ。

  • 大切な存在との別れに対してどのように受入れ、進んでいくのかを考えさせられた。
    泣くことを期待したが泣かなかった。

  • 近場ブックオフのベストセレクションより購入。
    タイトル通り、連れ添った恋人との別れとどう向き合うか。
    主人公も恋人もとても魅力的に描かれている。

  • 泣ける話であることがウリのひとつなのかな、と思いましたが、そんなに泣ける話ではなかったように思いました。大垣に住んでいたことがあるので、揖斐川が出てきて嬉しかったです。

  • 出会い、そして別れ。
    普段はあまり気にしないけど、誰にでも訪れる可能性があることを、優しい描写で描いた切ない物語。今を大切にしなくてはと思い起こさせます。

全666件中 1 - 10件を表示

中村航の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

100回泣くこと (小学館文庫)に関連する談話室の質問

100回泣くこと (小学館文庫)に関連するまとめ

100回泣くこと (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

100回泣くこと (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

100回泣くこと (小学館文庫)の作品紹介

実家で飼っていた愛犬・ブックが死にそうだ、という連絡を受けた僕は、彼女から「バイクで帰ってあげなよ」といわれる。ブックは、僕の2ストのバイクが吐き出すエンジン音が何より大好きだった。四年近く乗っていなかったバイク。彼女と一緒にキャブレターを分解し、そこで、僕は彼女に「結婚しよう」と告げる。彼女は、一年間(結婚の)練習をしよう、といってくれた。愛犬も一命を取り留めた。ブックの回復→バイク修理→プロポーズ。幸せの連続線はどこまでも続くんだ、と思っていた。ずっとずっと続くんだと思っていた-。

100回泣くこと (小学館文庫)のKindle版

100回泣くこと (小学館文庫)の単行本

100回泣くこと (小学館文庫)のコミック

ツイートする