ミシン (小学館文庫 た 1-4)

  • 952人登録
  • 3.59評価
    • (69)
    • (101)
    • (154)
    • (25)
    • (3)
  • 86レビュー
著者 : 嶽本野ばら
  • 小学館 (2007年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094082258

ミシン (小学館文庫 た 1-4)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久々に嶽本野ばら気分だったので。ていうか昨日からこれ読んでたからうっかりヴィヴィアンウエストウッドのお財布買ってしまったと思われる。
    「世界の終わり〜」素敵すぎた。嶽本野ばらのすごいところはあそこまで作り込んだ美意識の高い世界のなかに、しっかりとほころびの伏線を紛れ込ませているところ。絶対に美しくはあれない、生きることへの執着や狡さを曝け出すところ。非常に高等な自己批判に感じる。

  • 初めて嶽本野ばらさん読みました。とてもオシャレで美しい作品☆『世界の終わりという名の雑貨店』『ミシン』の2編入り。野ばらさんは有名な作品色々ありますが『下妻物語』が頭に浮かびました。未読ですし映画も観れてませんが^^;『ミシン』が小説デビュー作。どちらのお話もとても刹那的で美意識が高く、純愛物語。登場人物達があまりにも純粋で一途で痛々しかったですが皆、大切な人に出逢い心は満たされているようでした。嶽本野ばらさんの世界スゴイですね。純粋で過激で美しい作品☆衝撃的でしたが良かったです♪

  • 2000.01.01

  • 「世界の終り」という雑貨屋を経営する男、通ってくる少女との恋の話し。
    「ミシン」という名前の女パックロッカーに恋をする冴えない少女の話しでした。
    小説というか寓話のような手触りの作品でした。
    「ミシン」よりも、「世界の終りの雑貨店」の方が僕の心にはフィットしました。

  • 乙女のカリスマ。
    そんな作者の事前情報に惑わされながら読んだが、
    なるほど。中高生が憧れる世界観がよく分かる。
    内容は短編2つ。
    話も短いのでさっくり読めるのだがなにかヒリヒリと感じるものがある。両編とも暗い感情が鬱々とにじみ出ているのだが、そこには独特の美しさがある。

    world endというショップ名が世界の終わりか世界の果てかどちらなのかというなんでもないことが一番印象的だった。

  • 世界の終わりという名の雑貨店が面白かった。どんどん引き込まれる感覚があった。

  • 嶽本野ばら先生はエッセイと映画しか見たことが無かったのでついに小説に手が出せて良かったです。乙女のカリスマと呼ばれるに相応しい文章で惚れ惚れしてしまいました。

    世界の終わりという名の雑貨店
    最初ミシンが気になりすぎて、ミシンのあとに読みました。ですがこれはこれでとても良い作品でした。いきなりキスをしたシーンには少し驚きましたが、お互い好き合っていたので良かったです。「ヴィヴィアンウエストウッドを着るために生まれてきたのです」かわいいお洋服は武装のために着るものという野ばら先生の意見には共感します。最後はハッピーエンドではなかったけれどいいお話でした。

    ミシン
    これを読んでいる時NANAがずっと頭の中にありました。NANAが大好きな私はあっという間に虜になりました。美心と書いてミシン、なんて素敵な名前なんだと思いました。でも私が好きなのはミシンじゃなくてカサコ(ここでは名前出てきませんね)の方でした。カサコの乙女なところがたまらなく大好きです。ミシンへの執念でバンドのメンバーになれたところもすごいです。最後はすごく怖かったけど、ミシン2/カサコ があったので取り越し苦労な気分でした。

    (嶽本野ばら先生の感想を書くとなんだか自然に敬語になってしまいます。)

  • 理解できないこともありますが

    世界の終わりという名の雑貨店

    には、ヴィヴィアンウエストウッドがたくさん出てきて嬉しかった。

    まだまだわかりません。

  • THE 嶽本野ばらって感じ。
    ミシンよりも、別の短編の「世界の終わりという名の雑貨店」の方が好き。

  • 以前読んだので再読。短編が2本入っています。20歳になる前は断然ミシンの方が面白かったけど、今読んでみると世界の〜の方の良さもかなり分かってきた気がする。たぶんまた読む。

全86件中 1 - 10件を表示

嶽本野ばらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
嶽本 野ばら
嶽本 野ばら
有効な右矢印 無効な右矢印

ミシン (小学館文庫 た 1-4)に関連する談話室の質問

ミシン (小学館文庫 た 1-4)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ミシン (小学館文庫 た 1-4)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミシン (小学館文庫 た 1-4)を本棚に「積読」で登録しているひと

ミシン (小学館文庫 た 1-4)の作品紹介

発売当時、数多くの読者に衝撃的な感動をもたらし、のちの全嶽本野ばら作品の原点となったベストセラー処女小説集、待望の文庫版。孤独な青年雑貨店主と、心に病をもつ少女-Vivienne Westwoodの洋服を愛する二人が運命的に出会い、はかない逃避行に旅立つ名作「世界の終わりという名の雑貨店」、そして、MILKの洋服を華麗に着こなすカリスマ・ヴォーカリスト、ミシンに恋する少女の「乙女」としての生きざまを強烈に描いた表題作「ミシン」を収録。

ミシン (小学館文庫 た 1-4)のKindle版

ミシン (小学館文庫 た 1-4)の単行本

ツイートする