日本沈没 第二部〈上〉 (小学館文庫)

  • 200人登録
  • 3.28評価
    • (7)
    • (14)
    • (26)
    • (8)
    • (2)
  • 21レビュー
  • 小学館 (2008年6月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094082746

日本沈没 第二部〈上〉 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 思ったより、面白かった。第一部は、漫画でのみ読んでいたので、本は第二部からである。山崎と小野田のくだりがもう少し展開されてれば、とても満足でした。どれも、もっと面白くなりそうで、尻切れとんぼでした。

  • <閲覧スタッフより>
    【SF文学諸作品】
    国内外のSF小説黎明期から現代まで、定番を中心に様々な作品を集めました。中には映画化されたものもあります!お気に入りの一冊を探してみてください。

    --------------------------------------
    所在記号:文庫||913.6||コマ
    資料番号:10224492
    --------------------------------------

  • 080705

  • 日本が沈没した後の日本人の流浪を描いた作品。日本人的な思考が世界に放り込まれたらどうなるのか、逆に世界に対してどういう影響を与えるのかが描かれていて大変楽しめた。
    でも、ちょっと話がくどかったり、終わり方が唐突だったりして残念な感じもしました

  • 前作から33年も経ており、いつ出るんだろうずっと思っていて諦めていたら、いつの間にか出てた。あの「異変」の後、日本列島は完全に消滅、日本人は世界各地で彷徨い、ばらばらになりながらもそれぞれの道を模索している。各地に入植して、各地の人々との軋轢を超えながら逞しく生き抜く人々。
    海外に住んでいることもあり、妙に共感や現実感を持って読めた。日本人の有り方や、方向性を色々と考えさせてくれる。

  • 第二部 上巻
     小松さんではなく谷さんです。
      やっぱり違いますね。
      基本構想は小松さんとかいろいろな人と一緒に練ったようですが、書く人が違うとだいぶ印象が変わります。
      話の転換のさせ方とかがだいぶ違う感じ。

     事変から25年後
      場面はどんどん変わり、その後の日本の状況や”今”が描写されていきます。1部で出てきた人達も物語を紡いでいきます。

     中国、ロシア周辺での事変がこれからどるのか。
     これから日本はどちらに向かうのか。
     それから小野寺は出てくるのか?

  • さまよえる日本人。 話の中でちょうど中国の領空海侵犯のシーンに差し掛かった時に、現実でも領空侵犯が起きてたから、やけに生々しく感じられた。

  • レビューは下巻で。

  • 日本沈没を読んで、第二部が後にリリースされていることを知った。
    第二部は日本沈没から30年後の未来。世界各地では日本人の入植を
    巡って様々な問題が発生していた。
    祖国が無くなるとこういう運命をたどることになることがよく分かる一冊。

  • 谷甲州という人が本文を書いているらしいけど、句読点を打つ箇所が変なので非常に読み辛いです。読む気が失せてしまい、下巻がなかなか進みません。小説家なら、日本語の文章力を磨いていただきたいです。

全21件中 1 - 10件を表示

小松左京の作品

日本沈没 第二部〈上〉 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本沈没 第二部〈上〉 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本沈没 第二部〈上〉 (小学館文庫)の作品紹介

海底に眠る「日本」の遺跡が慰霊祭で映し出される。日本列島が海の底に沈んでから二十五年がすぎていた-。国土を失った日本人は、パプアニューギニアやカザフスタンなど世界各地に入植していたが、現地の人々との軋轢もまた厳然と存在していた。一方、中田首相を中心とした日本政府の研究グループは国の復興のために、あるプロジェクトを密かに進めていた。旧日本海上に広大な人工島を建造する計画-だがそれは中国や北朝鮮など、周辺国との利害対立を生むものだった。四〇〇万部ベストセラーの刊行から三十三年の時を経て、ついに描かれた衝撃の続編。

日本沈没 第二部〈上〉 (小学館文庫)はこんな本です

日本沈没 第二部〈上〉 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする