前田義子の強運に生きるワザ (小学館文庫)

  • 86人登録
  • 3.90評価
    • (11)
    • (7)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 前田義子
  • 小学館 (2009年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094083477

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ジェームズ アレ...
三浦 しをん
村上 春樹
ロバート キヨサ...
ロンダ・バーン
有効な右矢印 無効な右矢印

前田義子の強運に生きるワザ (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 当時、非常にお世話になった思い出の本。力が湧いてきます。私の読書好きはココから始まった。

  • 落ち込んだとき、迷ったときに読むと良い本。
    本来の自分に立ち返れる感があり、前向きになれる本。
    前田さんの仰っていることに共感できるところが多いし、こういうときはこうすればいいのか、と参考になることも多い。
    損得勘定が垣間見えることの多いビジネス書だけど、前田さんはそうではなくて、一貫している。
    プライドって本来こういう意味だよね、と納得できる本。

  • ■運気ってスペースがんばいと入ってこれないから空けておく必要がある。
    ■運が悪かったことは話さず、よかったことは3倍にして話す
    ■「知りたい」という欲は一番大事な欲。
    ■いやなことは捨てる、水に流す、忘れる、通過する、ためない
    ■強運になるには覚悟があればいい。
    ■運のいい人には情報も集まってくる。情報収集する。
    ■与えられた条件下でベストをつくす
    ■恋愛感情の次にやってくるのは、愛着心
    ■人間として嘘をついたり、人を妬んだりするのはとても下品なこと
    ■人を動かそうではなく「動いてくれたら嬉しい」
    ■アバウトでいいじゃないか。
    ■「失ったら困る」というのが不安の原因。お金、空間、相手…失っても自分の足で立って生きていけるという心の準備があればいい。
    ■大好きという気持ちが快適につながる
    ■プロだからこそ、仕事に慣れてはいけない
    ■やってしまったことを責めても仕方ない。解決策を議論する
    ■結婚は,孤独だからするのではなく惚れているからするもの
    ■結婚はしてもいい。人間としての尊厳を保ちつつ、きちんと生きていけるという自信をもつ。
    ■美しいものがすごいのは、癒し力が高い。媚びずに感動だけを伝える。モノも空間も人も景色も匂いも。
    ■「こうすべき」ではなく、「どうしたいか」が大事。それは「好きか嫌いか」
    ■「生きていることを楽しむ」ために生きている。どうすれば楽しいか。いやな事はセットでついてくるけど、どう味付けするか。
    ■生きていくということは「通過していく」こと
    ■「去るものは追わず、来る者は選んで」

  • 女性の視点ではあるが、前向きに生きるコツの参考になりました。

  • これもある人のおすすめ本。
    ということで読んでみた。

    うーん、やっぱりこういう指南を与える系はあまり感銘は受けないかなー。
    でも『大人げない大人になれ!』よりは
    コツだけではなくて
    努力するところは努力するべきだという
    当たり前のことが書いてあったので好感は持ったかな。
    ただその多少なりとも私の心を動かしたのは後書きで本編ではないのだけど。
    本編だけだったら私的には『大人げない大人になれ!』より下の評価だった。
    後書きがあって、本編の説得力が増したという感じ。

    前田義子さんはきっと素敵な人なんでしょう。
    側にいたら大好きだろうな。
    ただその考え方をこういう形で言葉にするとちょっとリアリティが欠ける。
    その欠けるリアリティを補うのが、
    私に取って後書きだったということだ。

  • 2009.09.29

    世の中って本当にむだなことはなくて、いやなことに出合うのもすべて必然なんです。そのいやなことからどうやって抜け出していくかというのが、実はその人に与えられている重要な経験なんじゃないかとすごく思います。



    価値観だって、それはそのときの自分の考え方であって一生その価値を維持していくとは限らない



    読めない将来を予測して不安になる必要はないし、それより今、何ができるかを考えたほうがいい



    私が社員を必要としているのは、私とは違う意見を言ってくれる人が必要だからです。私と同じ意見なら、私がいれば済むことではないでしょうか。


    大事なことは、プロだからこそ仕事に慣れてはいけないのだということ。

  • 仕事などで相手先を訪問した際に、通された部屋がきちんと整理整頓されて、応対する人から合理的で無駄のない理路整然とした話しを聞くことができたとき、私たちは、普通、応答した人とその人の所属する組織を信頼することになるのではないでしょうか。

    「フォクシー」のオーナー兼デザイナーである前田義子さんによりますと、人から信頼され、そして強運に生きるためのワザ(スキル)として、?整理整頓をすること、?身ぎれいにすること、?清潔にすることの3点を挙げられております。

    1点目の「整理整頓」は、自分が必要なときに必要な情報を引き出すための能力であり、自分の許容量以上のモノは抱え込まず、余計なものはどんどん捨てていくことであると考えられます。

    これは実際の身の回りの現物だけをさすことではなく、自分の頭の中の知識や思考を常日頃から検証して、整理整頓をしておくことを意味しています。

    自分の人生観や人生の目標に合わなくなった、古く、余計な知識や情報に固執せず、どんどん捨て去ることで身軽となり、空いたスペースに新たな知識を収納するということです。

    つまり、人の話に耳を傾ける余裕と、自由で柔軟な発想ができる頭の環境を常に用意しておくということです。

    そして、2点目の身ぎれいにすること、3点目の清潔にすることは、なにより自分自身の気力の充実につながることになります。

    誰もが経験的しているように、身なりや清潔感という見た目の印象が、実際の会話の中身以上に、相手に好感や説得力を与えるということができます。

    また、幸運は自己努力だけで達成できるものではなく、社会的文脈からもたらされることになるため、同じ文脈にいる人なら誰にでも公平に、チャンスは訪れるということになります。(逆に、ピンチも同じことですね)

    不幸をもたらすピンチは遠ざけて、幸運をもたらすチャンスは決して逃がさず、その効果を2倍・3倍にするということが「強運に生きるワザ」ということです。

    整理整頓や身ぎれい、清潔にするという日常生活の基本の繰り返しが、「集中力」や「自己管理能力」を高めるということにつながり、結果的に強運に生きることになるということです。

    情報過多の時代、私たちはいかに情報をコントロールして、外部との関係性を構築していくかで頭を悩ませているのではないでしょうか。

    一層のこと、外部はコントロールできないものと割り切り、まずは自己コントロールするという方向に切り替えることが、社会環境との関係性を、より親和的で、距離感のとれたものにするのではないでしょうか。

    そのためには、自分が抱え込んでいて不必要となった情報は、整理整頓して、捨て去るということが必要になります。

    そして、欲望化してコントロールが利かなくなった情報があるのであれば、一時遮断するなど、我慢するという自己コントロールが求められることになりそうです。

  • 日々の生活を美しくしよう。。。と
    決めました

  • こういった自己啓発本は全然興味がないのですが、
    なぜか本屋さんでなぜか目にとまって手に取る

    Foxeyの社長ということで何かぴぴっときて、
    といっても私はFoxeyに一度も行ったことはないけど
    Foxeyは何年も前のにたった1度だけ買ったCanCamにすごくかわいいワンピースがのっていて、
    なぜか頭に残っていたブランド

    なんだろうこの感じ…と思って購入

    そしたら…
    よい本に出会ったという結果に

    女性でアパレルだからかっこよいという先入観があるのか?
    よく分からないけど
    女性であること、働くことが大切であること、日々の暮らしが大切であること
    そういった観念が同じなのかな

    しかもこれ何年も前に出版された本の文庫版
    全然古さを感じさせないところにも驚きました

    あと
    あとがきで今の世界的不景気についての彼女の会社への対処の仕方が書いてあったけど
    すごくいいなあと思いました
    社長が会社自体を愛しているという環境はとても羨ましい
    会社の規模が小さめだからこそできるのかもしれないけど

  • 厳しいといえば厳しい人です。自分にも他人にも。
    でもそれは自分の人生を愛し、人を思いやるが故。
    本気で挑戦する、人と比べることは意味がない、全てのことは流れ行くもの。

全13件中 1 - 13件を表示

前田義子の強運に生きるワザ (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

前田義子の強運に生きるワザ (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

前田義子の強運に生きるワザ (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

前田義子の強運に生きるワザ (小学館文庫)はこんな本です

前田義子の強運に生きるワザ (小学館文庫)のKindle版

前田義子の強運に生きるワザ (小学館文庫)の単行本

ツイートする