沢彦 下 (小学館文庫)

  • 48人登録
  • 3.62評価
    • (5)
    • (10)
    • (8)
    • (2)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 火坂雅志
  • 小学館 (2009年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094083682

沢彦 下 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 沢彦(下)

    上巻に続いて、最後まで二人三脚、

    かと思いきや、すごい展開が待っていました。
    (途中で先が読めたという話もありますが・・・)


    残念であったのは、光秀君と家康君の描かれ方。
    そして信長君はこの小説では最後まで大人になれなかったようです。

    ただ、最後まで、読み手を飽きさせなかったのは、さすが火坂さん!
    といったところでしょうか。

    解説を読むと、火坂さんは”影の黒幕”系の人物を取り扱ったものが多いとのことなので、そちらも読んでみようと思います。

  • 加藤廣の「信長の棺」が太田牛一の信長で表とすると、この沢彦は裏から見た歴史といえる。勝手ですが、この2冊を信長表裏一体と表現したい。信長の棺で足りない部分が、この沢彦で補われる点がすごくおもしろい。
    沢彦を知る人は岐阜の名付け親ということだろう。沢彦が信長の懐刀だったとしたら、われわれのよく知る歴史本はすべて否定されることになるが、それはそれでいいと思う。これもひとつの解釈。そう考えるとすごくおもしろい本といえる。上巻とは違って、かなり重い話であるが、歴史の見方を変える部分があれば、すごく面白い。

全3件中 1 - 3件を表示

火坂雅志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
和田 竜
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

沢彦 下 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

沢彦 下 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

沢彦 下 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

沢彦 下 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

沢彦 下 (小学館文庫)はこんな本です

沢彦 下 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする