スペインの宇宙食 (小学館文庫)

  • 460人登録
  • 3.82評価
    • (41)
    • (43)
    • (32)
    • (7)
    • (6)
  • 44レビュー
著者 : 菊地成孔
  • 小学館 (2009年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094083781

スペインの宇宙食 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うーん。すごいよ、菊地さんは。。

    こんな文体は絶対誰にもできないでしょ。

    私にとってカルトです。

  • 「セッション」「la la land」と、大ヒットしたジャズ映画に超長文の辛辣な文章を寄せる菊地成孔。
    どんな本を書いているのかと気になって、手に取ったみた。
    「粋な夜電波」での流れるような口上に覚えがあったが、本を開けばまさしくこれは彼の文章であると確信した。

    一番最初の壮絶な幼少期の話が一番好き。

  • 美味しそうなんスペインの宇宙食がいろいろ紹介されてるんだと思って・・・
    ページをめくっても宇宙食が出てこない。

    あぁ、ミュージシャンのエッセイだったのね。
    最後まで読みきることできず!
    なんか、村上春樹の匂いを感じた。

  • 新宿歌舞伎町のコントめいた話やあっけらかんと性的雰囲気に身を任せるラジオを聴いて、
    面白い人だなぁと思ったので、読んでみた。

    読みながらDCPRGやスパンクハッピーの音楽も聞いたが……
    音楽面で好き! といえるのは、「Vendome,la sick KAISEKI」くらい。
    あの曲は歌詞も雰囲気も歌っている姿も、すべてが衝撃だった。
    (チャイナドレスの瞳ちゃんとスケベな中年親父のセクシュアルなデュエット。)

    さてこの本は、上機嫌と饒舌とビザールと悪趣味と趣味とグルメとファッションと人形のような女の子があふれた、優れたエッセイ集だ。

    決して文章が練られているわけではない。
    ともすれば講談調、ともすれば文意も伝わりづらい。
    しかしこの人、貯め込んだ知識と語彙力がすごいので、読ませる。
    なんでも楽しんでやろうという貪欲さが、いい塩梅に決まっているためだろう。

  • この人の食事の描写はとてもえろい(褒め言葉)。ひりひりするような危うい感覚に満ちたオサレなミュージシャン、キクチさんの日々なのだけど、不思議と鼻につかないのは彼の知性とセンスなのかなあ。音楽に疎い私だけど菊地さんとスパンクハッピーのCDは何枚か持っててどれも愛聴してます。(児)

  • 日本で屈指のグルメな美文家ミュージシャン、菊地成孔さんの初エッセイ集。

    人生は官能と甘美というエッセンスが仕上げる悲しくも美しい一時の連なり、どこを読んでも芳しく濃艶なデギュスタシオンを召し上がれ。

  • 装飾の多い言葉遣いが新鮮。回りくどいと受け取るか人もいるだろうけれど、自分には生み出せない言葉の並びはふとした時に浴びたくなる。

  • ?????

  • "Cuisine cosmique espagnole"(スペインの宇宙食) シンプルなデザインの表紙がかっこいい。

    菊地成孔さんという人もブクログで知った人。事前情報からかなりぶっ飛んでそうな本と予想した。そして事実そうであった。

    破格の文体(文体か?)と繰り出される多彩な固有名詞(食べ物多し)。菊地さんの周りの人もかなりハイテンションで(実在の人物なの? あるいは創作なの?)よくわからないが、何かが巻き起こっている。ミラーボールが激しく回っている感じ(なんだこの例え) でも「変なコト言ってる」という自意識はあるのかなんとなくところどころ寸止めになっている気がする。だからヨミモノとしては成立している。素晴らしいとしかいいようがない(絶賛するのもなんか違うのか?)

    よくわからないがやや中毒性のある文章で、たまに読みたくなりそう。Webにていろいろ調べてみたが菊地さんの実体がもう一つ掴めない。カリスマっぽいことはわかる。いやはやこんな人がいるんですね。ちょこちょこどんな人なのか情報を仕入れよう。

    今のところの印象として、菊地さんは実際会うとものすごくいい人のような気がする。なんとなくそんな気がする。

全44件中 1 - 10件を表示

菊地成孔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三島 由紀夫
三島 由紀夫
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

スペインの宇宙食 (小学館文庫)に関連する談話室の質問

スペインの宇宙食 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スペインの宇宙食 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スペインの宇宙食 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

スペインの宇宙食 (小学館文庫)の作品紹介

二十一世紀のカリスマ音楽家=文筆家、菊地成孔の快進撃はここから始まった。うつろな美少女の微笑、リストカット縫合の痕、中年ストリッパーのあえぎ、喧嘩に負けた男の悲鳴、全裸での恋人とのダンス、元同級生との夜のドライヴ、ダンスフロアの戦争衝動…。妄想的な時代観察者による、音楽・料理・セックス・精神分析・暴力・戦争・映画・文学・ダンス・絶望そして希望の、華麗にして饒舌なアマルガム。ボーナス・トラックとして、単行本未収録作品「やっと体力が戻ったら、もう女の子の話や食べ物の話ばかり」「宝石求む」の二編を追加。

スペインの宇宙食 (小学館文庫)のKindle版

スペインの宇宙食 (小学館文庫)の単行本

ツイートする