ちょんまげぷりん (小学館文庫)

  • 2413人登録
  • 3.64評価
    • (168)
    • (435)
    • (400)
    • (61)
    • (11)
  • 434レビュー
著者 : 荒木源
  • 小学館 (2010年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094084672

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ちょんまげぷりん (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 安兵衛がこの表紙のイケメンを見たら、ぜったい
    「この男前のお方はどちら様でござるか?」と訊ねそうだけれど

    実際は小さな目に団子鼻、エラが張った顔にがっしり体型という
    いかにも江戸時代の侍らしい容姿で、繊細なケーキを作り、
    ポケモンカードの対戦に真面目に取り組む安兵衛が、とても魅力的です♪

    『オケ老人!』が素敵に楽しかった荒木源さん、
    この『ちょんまげぷりん』も、重厚な長編ミステリーでデビューしたとは思えないほど
    軽快で読みやすくて、サービス精神いっぱいの物語で

    江戸時代からタイムスリップしてきた幕府直参の侍という身の上から
    「勤めに出るのはいやしき女のすること。
    うち向きのことは女、勤めに出るのは男と決まっているのでござる」
    と、フェミニズムのかけらもない発言をしていた安兵衛が

    世話になった恩返しにと、武士の命ともいえるちょんまげをバッサリ切り落とし、
    掃除洗濯炊事と、「うち向きの仕事」でひろ子と息子の友也を支えることで
    シングルマザーのひろ子がゆとりをもって生き生きと仕事に打ち込めるようになる、
    という逆転の構図が愉快です。

    天才パティシエ兼ござる言葉のコメンテーターとして時代の寵児となった安兵衛が
    直営ショップの経営やタレント活動に意外なほど夢中になり
    ひろ子と友也ともいつしか疎遠になってしまう展開はショックだったけれど

    働いて認められることへの渇望の裏には
    雀の涙ほどの禄で役目もなく、剣術の稽古くらいしかすることのない
    「小普請組」という身の上の切なさがあったことを知るにつけ

    「上様はこんなことはせぬ!」と言いながら
    TVの時代劇「あっぱれ将軍」にかじりつき
    両腕にふたり子どもがぶら下がっても余裕で「飛行機ブンブン」できる
    安兵衛への愛おしさが募る、楽しい本でした。

  • ただ単に、面白い。
    昔のお侍さんが、この現代に来て色々と困難に打ち勝ちながら、生活していくお話。
    映画化されていたので、読む気にはならなかったのですが、たまたまのご縁で。
    でも、少し現実離れしているかな・・・とも、感じましたが
    侍が、忘れていた「日本人の心」を思い出させているようで、その点ではよかったです。
    続編も、読まなきゃ~!

  • 【ちょんまげぷりん】の存在を知ったのは映画が最初でした。
    関ジャニ∞の錦戸くん主演の映画【ちょんまげぷりん】
    ちょんまげぷりんって・・・、何?
    「ちょんまげ」と言えば、あのお侍のヘアスタイルしか思い浮かばへんし・・・
    「ぷりん」とひらがなで書かれていても、洋菓子の「プリン」しか思い浮かばへんし・・・
    その二つを足したら・・・、何になるの?????
    今ひとつ、興味がわきそうでわかへんし・・・
    何と言っても、ちょんまげ姿の錦戸くんがあまりにも・・・なので、それっきり記憶から消しさられていました。

    二度目に【ちょんまげぷりん】との出会ったのはNHKのTV番組「グレーテルのかまど」でした。
    そこで紹介されたあらすじがちょっと面白そうで、消し去られた記憶が読みがえる。

    そして、先日、いつもの古本屋さんで三度目の出会い。
    これはもう、読むなら、今でしょ~!(笑)

    この本、とっても不思議な本でした。
    江戸時代から180年の時を超えてタイムスリップしてきた侍の木島安兵衛。
    安兵衛が出会ったのはシングルマザーのひろ子とその息子の友也。
    この親子と暮らし始めた安兵衛が現代で「パティシエ」となる。
    タイムスリップものは数あれど、こんな展開、他にはないよね・・・
    ちょっとばかばかしいけど、ちょっと笑えて、ラストはちょっといい感じ。

    難しいことなど考えず、単純に楽しみたいときに読んでみるにはよい本かな・・・
    でも、映画はどうだろう・・・?

    ところでこの作品、単行本として刊行された時には【不思議の国の安兵衛】だったそう。
    それはあまりにもひねりがないよね~(って上から目線でごめんなさい!)
    よくぞ【ちょんまげぷりん】に改題してくれました~!!
    って、タイトルで悩んでいたのにねぇ・・・(笑)

  • これは面白い。
    単なるタイムスリップで、帰り方を一緒に探して…って話だったらありきたりなのに、あろうことかお菓子作りを始めるなんてw
    現代の世界に馴染むことが、路頭に迷っているところを助けてくれた親子からも離れることに繋がっていく、その流れがすごく自然でした。
    最後の結末はちょっぴり涙…歴史っぽいのに現代小説な、すごく読みやすい話でした。

  •  江戸時代のお侍が現代の母子家庭にタイムスリップ。
     導入はそれほど目新しいものではないが,お気軽な読み物としては痛快で楽しめる。
     お侍が,現代社会で古めかしくも筋の通ったことを言って現代人をハッとさせる場面が興味深い。マックではしゃぐ子供とそれを甘やかす親に思わず一喝。できればこういうエピソードをたくさん取り入れるとまた一段と味わいのあるものになったのではないかと思うが,残念。
     どうやら錦戸で映画化されるらしいが,なんでも映画化するのはどうかとも思う今日この頃である。たいていの場合,本を読んでイメージを膨らませたものが映画化されることで大きくそのイメージが削がれたり,幻滅させられることが多いからだ。彼がこの作品をどう演じるかはわからないが,アイドルをただ出すことだけが先行していて,演技や演出を置いてけぼりにしているような作品がどうも多く感じる。作品のおもしろさを踏みつけにしてアイドルやそのファンだけが独りよがりで喜ぶような安易な映画化はどうも賛成できない。
     さて,後半,ストーリーは次第に現代社会で居場所を見つけていくお侍が主人公との間で微妙な隙間風が吹いてくる。この変は妙にリアルでもある。
     ラストシーンは,なかなかスマートな締めくくりとなっていて,おしゃれでいい。

  • 物語としては、シングルマザーの遊佐ひろ子の前に、お侍の格好をした謎の男が現れる。
    彼は、一八〇年前の江戸からやってきた、と言っていて「木島安兵衛」と名乗った。
    安兵衛の言うことを素直に信じられないひろ子だったけれども、行き場のない安兵衛を追い出すわけにもいかず、半信半疑のまま安兵衛を家に置くことにする。
    そんなひろ子に恩義を感じた安兵衛は、「武士の仕事ではない」と言いながら、家事の手伝いを申し出る。
    その所作は見事なもので、炊事・洗濯・家事などすべて完璧。

    毎日、息子を育てながら仕事と家事をなんとかこなしていたひろ子にとって、安兵衛は理想の「主夫」であることに気づく。

    という話でした。
    いやー、この小説をなめてました。はっきり言って。
    もうちょっと普通に面白くないギャグみたいなペラペラな小説なのかと思ったんですが、すっごく面白かったです。
    ふわふわとしたやり取りの中で、本当に大切なものは何なのか考えさせられる作品でした。
    「主夫」とは何なのか、家事と仕事の両立ってどうなのか……。
    ある程度の年をとれば誰もが一度はぶち当たる壁で、自分は何をしたいのかって悩む人ってとても多いと思うんです。
    そういうところをさらっと考えさせられる小説だなあ……と思います。
    しかも、安兵衛とひろ子はちょっと変則的な夫婦になっていい感じ! な瞬間もあったんですが、結局は安兵衛は元の自分の時代へと戻り、その後……という感じで終わりました。

    やっぱり人間は、あるべきものの中で、自分の一番の幸せを見つけていくのが一番いいのだなあ……と思いました。

    しかし、これの続きにもう一冊あるらしいので、それを楽しみにしています。

  • この表紙だれ?
    先日、作者のインタビューを読んで主夫として家事、子育てをしてきた作者と安兵衛さんが重なる。
    そういえば、じゃがいもっぽいとこも似ているかも?
    子育て中兼業主婦の代弁もありつつ、耳が痛いとこともある。
    「片手間」か。グサリと刺さるな。
    そして、さりげなく夫の目のつくところに置いて読ませたい気もする。
    プリンが食べたくなった~!

    「時代の移り変わりゆえ、拙者も、おなごが働きに出ることは百歩譲って容認いたす。なれど、そうでないおなごが、家事に心をもっぱらにせず、あれもしたいこれもしたいと、夢みたいなことばかり考えてえねるぎーを浪費しておるらしいのは看過できぬ。人には分というものがござる。分をわきまえて生きるのを、まことの人の道と申す。」
    「子供の横暴は、親が手伝いをさせぬことに一つの理由があると存ずる。きちんと教えれば、子供にも手伝わせられることはたくさんあり申す。それをしないのは、えねるぎーを惜しむからでござる。えねるぎーを注げば、子は自ら親の言葉を理解いたす。子育ては家事のうちにても大業でござる。片手間には決してまっとうでき申さぬ。その覚悟が肝心なのでござる。」

  • こういうほんわかしてるお話好き~。

    キャラクターが皆人間くさくていい。登場するお菓子も美味しそうやし。

    またお菓子作ろうかな。

  • 読み始めて2分でハマった!
    自分の場合、小説ってこんな最初からハマるもんじゃないのに、すごいスピードで引きこまれてしまった。
    内容は言わずもがな。面白い。
    たまたま手にとった本だけど続編?2があるようなので、今度呼んでみたい。あと映像もあるんだねー知らなかった。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    シングルマザーの遊佐ひろ子は、お侍の格好をした謎の男と遭遇する。男は一八〇年前の江戸時代からやってきたお侍で、木島安兵衛と名乗った。半信半疑のうちにも情が移り、ひろ子は安兵衛を家に置くことに。安兵衛も恩義を感じて、家事の手伝いなどを申し出る。その所作は見事なもので、炊事・洗濯・家事などすべて完璧。仕事で疲れて家に帰ってくるひろ子にとって、それは理想の「主夫」であることに気づく―。

  • タイトルで舐めてかかってごめんなさい。気楽にさらさら読み、楽しんで、図らずもウルっときてしまいました。
    持って回ったところのない素直な文体で、人から必要とされることの嬉しさ、働く慶び、分をわきまえて、役目を全うすること、社会と関わっていくことの意味を真っ直ぐ投げかけてきます。
    作者の経歴を知って、ますます驚き。元新聞記者にして、このエンタテインメント性の高さ。感服致しました。
    設定から比べるとイケメンすぎるけど、映画もさっそくみてみます!

  • 取り立ててなにか想定外のことが起きたりはしない、そんな小説。

  • 安兵衛が可愛い。

    特に初めのころがね。

    後半はちょっと生意気な感じになってしまうのだけど
    最初はなんか可愛かった!

    これを錦戸亮がやると思うとますます可愛いと思う。

    演技派なので凄く期待。
    もうちょっと読むときは
    錦戸だと仮定して読んでいたので
    彼がやるから安兵衛が可愛いのか
    安兵衛自体可愛いのかもうわかんないけど(笑)

    最後はほんわかと良い気持ちになりました。

    凄くありきたりと言えばありきたりなんだけど。。。
    でも「よかった」って思える終わりでした。

    映画でどうなるか楽しみ!

  • 予想を超える面白さ。現代にタイムスリップした弱小旗本が、今風のパティシエとして大成功をおさめる。武士道を根幹に生きていく気概に溢れた安兵衛に共感。最後のドンデン返しも物悲しく後を引く。2011/01/29

  • 幕末のお侍さんが現代にタイムスリップしてくる話。それ自体はそんなに目新しい感はないものの、読み始めるとものすごくテンポがいい!ちょうど2時間くらいの映画には打ってつけだと思う。
    その安兵衛さんが最高に魅力的!成り行きでご厄介になるシングルマザーのひろ子と友也の為、極つぶしにはなるまいと主夫になる安兵衛ですが、甘える息子をビシ!っと叱り、大人の言うことを聞く事を当たり前とし、剣道を教え、厳しく接する一方で、手作りのご飯を一生懸命作り、ピカピカに雑巾掛けをし、思いっきり遊んであげる。
    なんと教わる事が多いことか!実生活でもわがままを言って泣いている子供を見ると、「安兵衛さんがいたら一喝だなぁ~」なんて思いながら見てしまいます(笑)。
    そんな武士道のかたまりの様な安兵衛さんですが、時代劇に夢中になるのがすごく可愛い(笑)。「こんなのは違う」と文句をつけながらもビデオ録画する可愛さよ。
    私も安兵衛さんとずっと一緒に居たいと思ってしまう(笑)。

  • 有川さんの『植物物語』的な、イケメン拾っちゃいました系の、侍拾っちゃいましたバージョン。主人公がシングルマザーで、江戸からタイムスリップしてきたお侍さんが主夫を…!お侍言葉が面白くて、テンポ良く電車でさくさく読めました。最初は恋愛ものなのかなぁと思ったけど、働く女性だとか、家事の分担とか、色々考えされられる面もあったり。面白かったです。映画が公開されたら観に行きたい。

  • 今1/3くらい読み終わったところかな?
    読みやすいんだけど、気づいたらぐんぐんのめり込んでる。
    朝夕の電車の中だけじゃ足りないから(きっと乗り過ごす)、休みの日にまとめて読もう。

    「やすべえさん」、好きだなあ。

  • 泣けました、木島殿。

    短いストーリーの中に、色々凝縮されていて、
    どんどん読めた。

  • もともと児童書を小説化しているので、非常に読みやすかったです。
    TO-Yファンとしては、まさか上條淳士の表紙にはビビりましたが。
    だって小説の中のお侍さんは上條作品とは全然違う感じの人だったから。
    それはおいといたとしても、とても読みやすい・わかりやすい・展開が予想つくので安心して読める、リラックスできる本でした。
    お江戸の人から見た現代はそりゃびっくりすることばかりかとは思いますが、お侍さんの安兵衛の発言は、現代の家庭を顧みない家族それぞれへの警告のような、時代錯誤なものの中にも現代にも通じる大切なものがあるような気がしました。

    お菓子を作る展開も、そしてラストのつながりも、とても好感が持てます。

  • 読んでて楽しい。設定はありえないけど、心が温まる話。映画も楽しみ。

  • これを登録してびっくり、2がある(笑)。
    まぁ、ち違うお侍がやって来る話なのだろう。

    最初の方は、ありきたり感もあって、また、教育論を振りかざす(というほどでもないかもしれないが)感じもあって少し読みにくかったが、最後の方はおもしろかった。ハートフルストーリーだね。
    田中氏の変わりっぷりにはびっくりしたけど(笑)。

  • 江戸時代から現代にタイムスリップしてきたお侍の安兵衛さん。シングルマザーのひろ子の家で居候させてもらううちに家事を手伝うようになり、ひょんなことから人気パティシエに――。

    面白かった☆
    安兵衛さん、容姿の設定を無視してどうしても表紙のイケメンで脳内再生されてしまう。それに加え侍魂が格好良くて、ファンになりそう(笑)
    続編も楽しみ!

  • 続きがあるみたいだから読んでみよう。

  • こういうタイムスリップ物語もあるのね。しっかり笑わせていただきました。

  • いわゆるタイムスリップもの。
    本質的なものは変わらないものの、現代の生活になじんでいく安兵衛。
    順応力が半端ないな・・・というのが素直な感想。
    これだけの順応力があれば、どこへ行っても安兵衛は大丈夫だろう、と思ってしまう。
    江戸時代からやってきた安兵衛が、時代劇にハマるのも面白い。
    やす子たち母子と真正面から真剣に向き合う姿もいい。
    少しずつ、家族のような、父子のような絆が育っていくようすが微笑ましくて、あたたかい。
    自分をわきまえる。
    自分の成すべきことを知れ・・・ということなのだろうか?
    その辺りの安兵衛の考え方が何となくピンとこなかったけれど、やらなければならないことはきちんとやれ・・・ということなのだと受けとった。
    ライトノベルのような読みやすさと、あたたかな気持ちにさせてくれる物語だった。

全434件中 1 - 25件を表示

ちょんまげぷりん (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちょんまげぷりん (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちょんまげぷりん (小学館文庫)のKindle版

ツイートする