夫婦一年生 (小学館文庫)

  • 150人登録
  • 3.70評価
    • (12)
    • (18)
    • (24)
    • (1)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 朝倉かすみ
  • 小学館 (2010年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094084931

夫婦一年生 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たぶんちょっと現実的ではない。だけど、だから?それともそのこととはまったく関係なく、いいなと思った。

  • 今の私の状況と一緒で、とても読みやすかった。少し緊張したり、慣れてきてだれたりする様子が細かに表現されていて、またそれを素直にあらわしちゃいけない『親しき中にも』的なところが共感できた。ただ、共働きである我が家と違って青葉は主婦。うらやまし。

  • ベストエンディングオブザイヤー2010

  • ほっこりかわいい新婚小説。新婚さんに読んでほしい小説ナンバーワン。

  • 最終的にはハッピーエンドだろう。だけど、私には全体的には性格のあまり良くない夫婦に感じた。

  • いいんだけど、青葉の言葉遣いが気に入らない。
    自分が関西人だからか、アニメの登場人物を演じているような不自然さを感じて、それが最後まで邪魔をした感じ。

  • おもしろかった!!

    やっぱり人生って物語。

    奥さんは、コンビニでストッキング買う。

    旦那さんは、百貨店の人。

    北海道に住む。

    ご近所さんの話。

    義両親が来る。

    書道教室を営む。

  • タイトルの如く、新婚夫婦の生活を主に嫁側から描いた作品。
    初めて作るお料理、ご近所づきあいのあれこれ、そしてやってくるちょっとした夫婦喧嘩。
    いろいろ乗り越えて、夫婦になっていくのでしょう。
    2人の会話の独特な言葉遣いが可愛らしい。
    「申し訳ないが、仕合せである」は名言だと思う。

  • 2013-47
    リアル夫婦1年生なので見につまされる。
    少しずつ夫婦になっていくんだね。
    あたしらも周りからはそんな風に見えてるのかな?

  • 目には青葉。

    いい夫婦の話だと思う。

    この夫婦のようにいろいろと調整することや気遣うことやいらだつこともあるけれど、平らかに楽しく暮らせればいいだろうなあと思わせられた。

全26件中 1 - 10件を表示

朝倉かすみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夫婦一年生 (小学館文庫)に関連するまとめ

夫婦一年生 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夫婦一年生 (小学館文庫)の単行本

ツイートする