北上次郎選「昭和エンターテインメント叢書」(2)大番 上 (小学館文庫)

  • 50人登録
  • 4.18評価
    • (4)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 獅子文六
  • 小学館 (2010年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (602ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094084948

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
三島 由紀夫
又吉 直樹
村上 春樹
冲方 丁
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

北上次郎選「昭和エンターテインメント叢書」(2)大番 上 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実在の相場師をモデルにした小説。戦争をまたいでの立身出世物語。憎めない主人公に艶やかな数々の恋人たち。これぞ男の夢。ただし、経済や相場の面白さはあまり描かれていない。

  • 2013/08/29ー09/09
    プレイス

  • 四国の貧農生まれの丑が大量に印刷 したラブレターを村の娘に渡したが村一番の有力者の娘に渡した事がきっかけで家出同然な形で東京へ出て株屋のでっちからスタートする波乱万丈な人生、大儲けすると大散財する事の繰り返し、一向に反省する事なく常に前向き、生涯独身を決め込むが、心の底には東京へ出るきっかけになった例の娘への叶わない気持ちがあった。

  • 50年ぶりに再読しました。戦前戦後の株屋(証券取引所)の世界が面白く書けています。懐かしく思い出しました。

  • 上下巻。
    おおおおおもしろい!まさにエンターテインメント!

  • 大番は、映画をたまたまテレビで観て、大変面白かった。特に主人公の赤羽丑之助ことぎゅ~ちゃんをやってい加東大介さんが、イメージ通りで、本を読んでてもうかんでくる。とても良い作品です。

  • 2010.03.14 日本経済新聞で紹介されました。

全7件中 1 - 7件を表示

北上次郎選「昭和エンターテインメント叢書」(2)大番 上 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

北上次郎選「昭和エンターテインメント叢書」(2)大番 上 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

北上次郎選「昭和エンターテインメント叢書」(2)大番 上 (小学館文庫)の作品紹介

愛媛の貧しい農家に生まれた丑之助は、富豪の令嬢・可奈子に手渡した"ガリ版刷りラブ・レター"事件をきっかけに、十八歳で家を飛び出し東京へ向かう。昭和初期の日本橋、たまたま住み込んだ小さな株屋で小僧として働くうち、株の面白さに目覚めた丑之助は、独り立ちを決意、愛嬌のある性格と持ち前のカンで、相場師の道を突き進む!不恰好な体つきに強い田舎なまり。そのうえ金好きで女好き。だけど、どこか憎めない"ギューちゃん"が、カブト町を舞台に大活躍する、ど根性サクセス・ストーリー。書評家・北上次郎がオススメする名作シリーズ第二弾。

北上次郎選「昭和エンターテインメント叢書」(2)大番 上 (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする