ザ・ラストメッセージ 海猿 (小学館文庫)

  • 64人登録
  • 3.43評価
    • (2)
    • (5)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 百瀬しのぶ
  • 小学館 (2010年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094085273

ザ・ラストメッセージ 海猿 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • これも映画から。
    離れているのにバディな大輔・吉岡の絆に感動しました。

  • 内容説明
    9月18日から全国公開、話題映画を完全ノベライズ。
    九州・福岡沖に建設された巨大天然ガスプラント「ガレリア」。日韓共同の施設で、ロシアもからも技術供与を受けた国際ビッグプロジェクトに危機が迫っていた。船との衝突事故が起こり、火災が発生していたのだ。
    折から大型の台風が接近している中、海上保安庁の仙崎大輔たちは「ガレリア」に救難に向かっていた。今日が結婚三周年の記念日でもあった仙崎だったが、要救助者の救出を続けるうちに思いもよらぬ爆発が起こり、施設内の女性医師たちとともに「ガレリア」の中に閉じ込められてしまう。台風のため巨大施設の中にはもはや安全な場所はなくなっていた。仙崎たちは生き延びることができるのか。

    編集担当者からのおすすめ情報
    「LIMIT OF LOVE」に続く「海猿」シリーズのノベライズ化。今回も時間との闘いで繰り広げられるノンストップ・サスペンス・アクションは健在。手に汗握る作品となっています。

    内容(「BOOK」データベースより)
    福岡沖に建設された巨大天然ガスプラント『レガリア』。千五百億円もの予算がつぎ込まれた日韓共同の施設に火災が発生した。折から大型台風も接近しており、海上保安庁の「海猿」仙崎大輔は、施設の設計主任である桜木を連れて、『レガリア』に乗り込む。今日が結婚三周年の記念日であった仙崎だったが、巨大施設に起きた思いもかけない爆発で逃げ場を失ってしまう。果たして仙崎は無事に脱出できるのか。妻・環菜と長男・大洋の写真を胸に抱いて、最後の脱出を試みるのだった。映画とテレビで好評を博した超人気シリーズ「海猿」の最終完結編を完全ノベライズ。

全2件中 1 - 2件を表示

ザ・ラストメッセージ 海猿 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ザ・ラストメッセージ 海猿 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ザ・ラストメッセージ 海猿 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ザ・ラストメッセージ 海猿 (小学館文庫)はこんな本です

ザ・ラストメッセージ 海猿 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする