歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間- (小学館文庫)

  • 183人登録
  • 3.73評価
    • (8)
    • (22)
    • (11)
    • (3)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 菊地成孔
  • 小学館 (2010年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094085426

歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間- (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 9年間に書かれた過去の文章と、とそれを回想する9日間のレビューによる構成が妙。時間軸のゆらぎとも呼べる感覚を想起させる。本人にはそんな意図なかったかもしれないけど、これはアイディア勝ちだな。

  • [ 内容 ]
    異能の音楽家が見据えた世界の九年間と、コマ劇場裏の小さなホテルでの体験が錯綜する。
    二一世紀日本を代表するカルチャー・ヒーローが、一九九六年から二〇〇四年の間に書いたさまざまな領域についてのエッセイ・評論の合間に、新宿歌舞伎町のホテルで過ごした六日間の記録が挿入され、音楽の、文学の、映画の、セックスの、料理の、言語学の、精神分析の、格闘技の、愛と憎しみと生と死の、憂鬱と官能と諧謔にまみれたレシピが完成した。
    饒舌なトリックスターにしてエレガンとアンニュイの司祭、菊地成孔が贈る、『スペインの宇宙食』に続く第二エッセイ集。

    [ 目次 ]
    ミスタードーナツのシュトックハウゼン(附・掲載誌編集者との往復書簡)
    ブルーザー・ブロディ(同業者に殺された男)
    タモリ(昼間からすっ裸のガールフレンドは、起きたばかりの僕の隣で「いいとも」を見ながら「ねえ?タモリも死ぬときがくんのかなあ?来るよね?あたし、信じられない」と言った)
    小沢健二(『ECLECTIC』を聴いて)
    カヒミ・カリィ1(11年目のピアニッシモ)
    カヒミ・カリィ2(夢の中まで彼女が囁いている理由―カヒミ・カリィの最新作『Trapeziste』を巡る余りに図式的な精神分析)
    タツヤ・オオエ(a.k.a.OE)(OE『HERE AND YOU』ライナーノート)
    サン・ラー(サン・ラー・アンド・ヒズ・アーケストラ『サン・ソング』ライナーノート)
    テオ・マセロ(テオ・マセロ『テオ』を巡って)
    マイルス・デイヴィス(マイルスの4枚のブートレグを巡って)〔ほか〕

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • エッセイにとどまらず、小説やら企画書やら対談やら色々な文体が入り乱れるオムニバスな本。さすが、著者がジャズミュージシャンだけでなく、文筆家、講師など様々な面を持っているだけのことはある。「肉声」が好き。

  • いやー、文体だけで、神本ですよ。

  • 2-2 音楽論

  • “記録”色が強め。アンセルメとジャリがお気に入り。あえて触れると、クールホイップ~は全然感心しなかった。

  • 散文のまとめに自らがふりかえり、途中途中で解説をつけている。
    スピード感や、存在している場所の違う文章たちが
    不思議な時間軸を形成しており、そこが面白いところである。

    ごはんとふりかけのようなおいしさ。
    悲喜こもごも、一緒に食べるとおいしい〜。

  • もちろん面白いけど、宇宙食と比べて毒がやや薄まった?歳を重ねて丸くなったってことかしら。
    こっちは音楽に関した話が多かったし、元ネタを聞き漁ってからもう一度読み直したいかな。

  • 比較的、健康的。(でも、やっぱり躁鬱)
    雑多な内容のエッセー集が好きな方は読んでみるとよいかも。
    内容の幅が広すぎて、ストライクだったりそうでなかったり。
    個人的には、菊地・福田の対談とか、その辺が面白かった。
    この本の中では比較的まじめなので。それでも、テーマはふまじめなんだけどね。笑

全10件中 1 - 10件を表示

菊地成孔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間- (小学館文庫)に関連する談話室の質問

歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間- (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間- (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間- (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間- (小学館文庫)の作品紹介

異能の音楽家が見据えた世界の九年間と、コマ劇場裏の小さなホテルでの体験が錯綜する。二一世紀日本を代表するカルチャー・ヒーローが、一九九六年から二〇〇四年の間に書いたさまざまな領域についてのエッセイ・評論の合間に、新宿歌舞伎町のホテルで過ごした六日間の記録が挿入され、音楽の、文学の、映画の、セックスの、料理の、言語学の、精神分析の、格闘技の、愛と憎しみと生と死の、憂鬱と官能と諧謔にまみれたレシピが完成した。饒舌なトリックスターにしてエレガンとアンニュイの司祭、菊地成孔が贈る、『スペインの宇宙食』に続く第二エッセイ集。

歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間- (小学館文庫)はこんな本です

歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間- (小学館文庫)のKindle版

歌舞伎町のミッドナイト・フットボール -世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間- (小学館文庫)の単行本

ツイートする