のぼうの城 下 (小学館文庫)

  • 6191人登録
  • 4.03評価
    • (859)
    • (1177)
    • (580)
    • (75)
    • (12)
  • 786レビュー
著者 : 和田竜
  • 小学館 (2010年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094085525

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

のぼうの城 下 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「戦いまする」
    三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた和睦の姿勢を翻した「のぼう様」こと成田長親は、正木丹波、柴崎和泉、酒巻 負ら癖のある家臣らの強い支持を得て、忍城軍総大将としてついに立ちあがる。
    「これよ、これ。儂が求めていたものは」
    一方、秀吉に全権を託された忍城攻城軍総大将・石田三成の表情は明るかった。我が意を得たり、とばかりに忍城各門に向け、数の上で圧倒的に有利な兵を配備した。
    後に「三成の忍城水攻め」として戦国史に記される壮絶な戦いが、ついに幕を開ける。

    のぼう様素敵です

  • 紀伊太田城、備中高松城とならぶ日本三大水攻めの城、
    上記の二城の羽柴秀吉に倣い、弟子を自負する三成が。
    のぼうはあだ名の通りなのか、常任では計り知れない程の大きさの器を持つのか?
    1つ1つのセリフに奥がありニクい(格好良い)です。

  • 下巻は一気に読んでしまった。歴史物をこんなに楽しく、さらっと読めるなんて癖になりそうです。何を考えているか分からない頼りないのぼう様と、優秀な家臣たちや農民たちとのやり取りが面白い。最後までのぼう様の本心は謎に包まれたままだが、これが全て計算尽くだったとしたら(おそらくそうなのだろうが)、正に名将とはこのような人を指すのだろう。三成の水攻めで忍城が浮島になる場面やのぼう様の田楽は映像でも見てみたい。

  • 読み始め…16.6.22
    読み終わり…16.6.23

    「悪人になる!」と我が身を投じたときののぼう様には何よりも民を守り、平和を願っている人なのだなぁと思いました。

    馬にも乗れずうつつをぬかしていてばかりいて頼りないのかもしれない。そんなリーダーだからこそ放っておけず、周りがしっかりしていて意外な力が湧き出る結果になったのかもしれない。....だけどそればかりではないような気がします。

    民に心優しくて気持ちが素直でまっすぐ。笑う。歌う。踊る。力ずくの腕力がなくとも、民を守るためなら身を投じてまでも戦おうとする気持ちがあるその人柄こそが、周りの人の気持ちを動かし、結束した大きな力を生み出したのではのではないかしらと思いました。

    そして石田三成にも感心しきりでした。水攻めとしては惨敗でしたけどなんだろう...スポーツマンシップかな...があってかっこよかった。

    読む以前に劇場で映画を観ていましたが読んだ後にもDVDでもう一度観ました。野村萬斎さんののぼう様を観ているとせつなくて....もう~涙ぼろぼろです...

  • 11月17日に「のぼうの城」の映画を鑑賞して以来、原作も読んでみようとの思い、数日前に本を購入していた。本を読むのが恐ろしく遅い自分だが、一気に上・下とも読めた。昔の文庫本と違って、字も大きく行間が広いこともある・・・が、ともかく面白い。レビューには、内容が浅い、情景や心理の描写が小説らしくない等書かれている。確かに感覚的には、漫画を読んでいるようだったので、批評は当たっているのかもしれない。しかし、硬いことは言わないで、これはエンターテイメントの類の読み物だ、と思えばいいではないか。映画を先に観たせいか、浅いという描写も映像の記憶が補ってくれて活き活きと感ぜられた。時代小説はあまり読まないので、最初、名前の区別がつきにくいと思っていたのだが、すぐに慣れて読むスピードに加速度がついていった。こうなると、歴史小説って結構面白いと、いらん好奇心が湧いて、ほかの本も読んでみようかという気になってくる(笑)

  •  二万の軍勢を率いる三成軍とわずか500の軍勢の忍城の長親軍。ついに戦いの火ぶたが切って落とされる。

     生死を争う合戦ですが、読んでいるとまるで青春小説を読んでいるような気分になります。戦国時代なりのルールや価値観をもとに三成は正々堂々と忍城軍と戦うからたぶんそう思うんでしょうね。三成が引き上げるシーンはスポ根ものの最終回のような一種の清々しさすら感じます。

     合戦シーンも読み応え十分! 様々な作戦と地の利を生かした忍城軍の戦い方は読んでいて痛快です。

     長親の行動や言葉もさすがですね。相変わらずどこまで本気かわかりませんが、領民や軍師たちに対し全幅の信頼を置いているからこそ、無茶苦茶な「のぼう様」でいられるわけですね。三成の水攻めの破り方は見事と思うしかありませんでした。

     自分たちの力を信じ後悔なく戦ったからこその合戦後の忍城軍は爽やか、そして三成も相手の力を認める潔さがあるから爽やかです。
    合戦の結末は自分たちのおよびつかないところで唐突に幕が切られても、そこに一片の哀愁も、後悔もありません。ただお互いに全力で戦った、という満足があるだけです。

     そんなわけで、あっという間に読み終えてしまった下巻でした。

    第6回本屋大賞2位

  • おもしろかった!
    時代小説なだけに、登場人物がなんとかの守ばっかで最初は大変だったけど、慣れてからは先が読みたくてしょうがないって感じ。
    デキるメンズがわんさか出てきて痛快。

    にしても、丹波、かっこよすぎでしょう。。

  • おもえば名将とは、人に対する度外れた甘さを持ち、それに起因する巨大な人気を得、それでいながら人智の及ばぬ悪謀を秘めた者のことをいうのではなかったか。
    まさにこんな感じなんだけど結局のぼう様の何がすごい!ってのは最後まで説明し辛い(^^;;

  • 上に立つ人は、中途半端が一番だめであると聞いた。

    よほどの天才か、よほどの馬鹿かがよい。

    少し賢いくらいが部下を駄目にする。

    のぼう様くらい愚鈍であれば皆に愛されるのかもしれない。

    人の想像を超える行為は人の心を打ち、人を行動に駆り立てる。

    歴史小説はどうしても説教くさくなるが、さらりと読める傑作。

  • 戦になってからの映像的な面白さは格別。
    事情があって映画は観れなかったのだけど、(役者さん的にも)観たいなと感じた。
    ……で、結局のぼう様ってどんな人なのよ?という謎が残ったままなんですが、それこそが、のぼう様ののぼう様らしさのような気がしてきて、結局みんなのぼう様が好きになって終わるんだろうな……

全786件中 1 - 10件を表示

のぼうの城 下 (小学館文庫)に関連する談話室の質問

のぼうの城 下 (小学館文庫)に関連するまとめ

のぼうの城 下 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

のぼうの城 下 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

のぼうの城 下 (小学館文庫)の作品紹介

「戦いまする」三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた和睦の姿勢を翻した「のぼう様」こと成田長親は、正木丹波、柴崎和泉、酒巻靱負ら癖のある家臣らの強い支持を得て、忍城軍総大将としてついに立ちあがる。「これよ、これ。儂が求めていたものは」一方、秀吉に全権を託された忍城攻城軍総大将・石田三成の表情は明るかった。我が意を得たり、とばかりに忍城各門に向け、数の上で圧倒的に有利な兵を配備した。後に「三成の忍城水攻め」として戦国史に記される壮絶な戦いが、ついに幕を開ける。

のぼうの城 下 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする