美の旅人 フランス編 3 (小学館文庫)

  • 32人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 伊集院静
  • 小学館 (2010年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094085693

美の旅人 フランス編 3 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • ゴッホは生涯で22点の「ひまわり」を残した。

    いつも読んでいる美術の解説本として手に取ったので、とても物足りなかった。伊集院氏の美術館周りした旅の感想と、絵を見て思ったこと、少しかじった絵の知識が載せられている。感想はふわっとしていて、知識は薄くて、読み応えがなかった。オールカラーで絵は素敵なのだが。

  • フランス編の最終巻。ゴッホ、セザンヌ、ルノワール、モネ、マネ、そしてピカソ。身近な巨匠たちを巡る著者の旅に話を聞きながら連れ添うような気分。
    順序が逆になりますが、スペイン編も読みたいと思います。

  • 2013/10/05完讀

    讀完這三冊,覺得沒有非常非常精彩的想法或啟示(相較之下,木俣氏就令我驚豔),寫得中規中矩,離自己的期待有段距離。但認識好幾個新畫家,可以再繼續挖掘,有一塊未開發的新天地,讓我感到非常興奮。

    作者說觀賞名畫的旅行,就在於想要和那麼「一幅畫」邂逅。為了找那一幅堪稱就是這一幅的畫,所以才開始這段旅程。找到了沒,自己其實也不是很知道。我很同意他這點。其實,讀書也是這樣。我一直在尋找,這種期待與探索的感覺,也就是閱讀和旅行的原動力。一直在找,那個直感、瞬間就令我驚嘆、瞬間就讓我有「煞到了」的感覺,發現傑作的激動、興奮,與心靈的歡呼與震顫。為了那一瞬間,為了那深深迷住的感覺,我們出發,前進,繼續探索。很幸運地,人類有太多的文明可以探索,太多的語言可以學習,太多的文化可以去品味與感動,因此,我們可以窮盡一生,就為了要尋找那一份無限契合的感動。這種尋找,是對人類整體文明,也是對生命與存在的一個謳歌,與你心靈契合的無限美好,就藏在某處,端看你是否有緣份與它相會。或許我們輪迴轉世,也就是一世一世地帶著這份執著,繼續尋找,在不斷的相會與離別中,護著那叢契合心靈交會時機出的小小火花,然後再踏上旅程吧。

    --

    「絵画に限らず、長く人々が守り続けるものには、そこには私達の胸を揺さぶる何かがある。揺さぶる何かとは、わたしたちをゆたかにしたり、楽しくしたり、おおらかにさせてくれるものだろう」

  • いろんな美術館に絵画鑑賞に行きたい。

  • 絵画を見に、フランスに行きたくなります。

全6件中 1 - 6件を表示

美の旅人 フランス編 3 (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする