完全恋愛 (小学館文庫)

  • 150人登録
  • 3.42評価
    • (5)
    • (23)
    • (16)
    • (7)
    • (2)
  • 24レビュー
著者 : 牧薩次
  • 小学館 (2011年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (555ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094085952

完全恋愛 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 辻真先さんの別名によるガチミステリ作品。
    しかも09年の「本格ミステリ大賞」受賞作という
    オマケ付の作品。
    これもネタバレを伴う感想になるので
    非常に書き難いっす。

    孤高の画家の一生を描いた作品ですが
    その中に3つの事件が起る。その画家
    である「本庄究」の幼少期から晩年までを
    追う形で様々な人物が彼の最初にして
    最後の「恋」の相手「小仏朋音」の
    姿を思わせる。彼の数奇で純愛に身を
    捧げた人生と事件...。ミステリと恋愛パートが
    上手く絡み合っています。

    ミステリパートとしては少々...強引というか
    うそーん!!..なトンデモ展開ですが全く腹も立たないw。
    むしろそんな事にまで展開するのか!と
    痛快な真相でニヤリ。
    そして「恋愛」パートとしては、ラストの
    昇華は見事過ぎます。タイトルの「完全恋愛」
    に恥ない、真っ直ぐに正直な記述によって、
    正直、真相については予想した通りなのですが、
    それでも読後の爽快感は大満足。
    男の身勝手なファンタジー作品(褒めてますw)。

  • このなんたらがスゴイ!っていう系統は、まぁそうね、スゴイやねーってなって終わりだったりするけど、このお話はスゴイかすごくないか、ってだけで言えば確かにスゴイ。久しぶりに読み終わってスゲーってなった。んだけども、途中の話の流れは割ともやーってしててそこまでではないんだよなぁ。だからこそ最後の結末が映えるのかな。
    しかし読者に嘘は言わないが、隠したいところは隠す、というのが推理小説にとってフェアな立場である、というのは、まさに新聞などが使いまわしている手法だよなぁ、となんだか妙に感銘を受けたのだった。

  • 完全恋愛というタイトルまで伏線につかった,辻真先,いや牧薩次の渾身の作品。やや冗長ではあるが,古きよき時代の本格ミステリを思わせる幻想的な謎,怪奇的な雰囲気,そして遠隔地における心中や双子を利用したアリバイトリックなど,バカミス的なトリックを惜しげもなく使って,読者を盛り上げる。最後は,「そういうオチだったのか」と思わせる真相。朋江と結ばれたと信じて死んでいった柳楽糺(=本庄究〉は幸せだったのか,満州子は幸せだったのか…やや切ない設定なのだが,辻真先が描く文章の明るさから読後感はいい。抜群のインパクトとサプライズ,そして爽やかな読後感。傑作といっていい作品だろう。★4で。

    〇 事件の概要
     ジェイク大尉殺害。小仏朋音がジェイクを殺害したが,本庄究がそれを隠蔽。隠蔽工作しているところを見たメアリが,ジェイクはアメリカの恥として,進駐軍どうしの内輪もめという形で処理をした。
     真刈火奈殺害。閉鎖された集合Bにいた浅沼宏彦の指紋がついたナイフで,かまくらの中で刺殺された。真相は遠隔地における心中。謎の殺人事件らしい演出をした心中事件だった。
     真刈夕馬殺害事件。トリックはふたごを利用したアリバイトリック。
     
    〇 サプライズ ★★★★★
     「おもい」という柳楽糺(=本庄究)が子ども時代のジェイク大尉殺人事件は,特にサプライズはない。最初の殺人事件を,後半部分の伏線として,贅沢に使っている。「なげき」というタイトルの第2章は,真刈火奈と浅沼宏彦の殺人事件に模した心中事件。これは,一応,幻想的な謎っぽく描かれているが,心中という形での決着は,あまりサプライズはない。最終章「わかれ」の真刈夕馬殺人事件では,まさかのふたご入れ替わりというバカミスちっくなトリック。冒頭で描かれた「みぃちゃん」というのが,柳楽糺のに二十胎児だったというオチは,サプライズではある。とはいえ,この作品最大のサプライズは,柳楽糺と朋江の間には何の関係もなく,柳楽糺と関係があったのは満州子であり,藤堂魅惑が,益子と名を変えた柳楽糺と満州子の間の子どもだったという点だろう。多種多様の謎をミスディレクションとして散りばめ,この部分をオチに使うと思わせない手法はお見事。そういうオチを用意していたのかと思わせるが,「完全恋愛」というこの作品のタイトルまで伏線になっている点に気付くと完全に参ってしまった。お見事。

    熱中度 ★★★☆☆
     数々の謎を散りばめ,ストーリーを引っ張っていく。さすが,サービス精神旺盛な辻真先という感じ。ただ,さすがに冗長な気がする。もう少しシャープなら最後まで一気に読み進めることができるが,特に第2章の「なげき」の部分で,やや中だるみ感はいなめない。

    キャラクター ★★☆☆☆
     キャラクターは立っていそうで,それほど立っていない。きちんと描き分けられていないというか,柳楽糺,藤堂魅惑,真刈夕馬,真刈朋江,真刈火奈,山岸珠美…などなど,登場人物は多いのだが,読み終わって,このキャラクターに愛着を感じた…というキャラがいないというか…。登場人物全員が,それなりに魅力があるのだが…。

    読後感 ★★★★☆
     なんともいえない読後感がある。果たして,柳楽糺(=本庄究)は幸せだったのか?事実を知らない方が幸せなのか,不幸なのか…。満州子や魅惑の真意は?深く考えると,あまり読後感がよくならなそうではあるのだが,読み終えたときの第一印象はとてもよかった。辻真先作品が持つ,なんともいえない雰囲気が成せるわざかもしれない。

    インパクト ★★★★☆
     インパクトは抜群にある。特に,ラストの満州子の独白が忘れられない。「完全恋愛」というタイトルもお見事。ただし,途中で描かれる3つの殺人事件と真相は,なんとも辻真先らしい馬鹿さ加減だが,そこまで印象に残らない。

    希少価値 ★☆☆☆☆
     絶版ではないみたいで,入手困難ということはない。そこまで売れている感じではないので,将来的にはどうなるか分からないが…。隠れた名作的なポジションになってもおかしくないような雰囲気はあるが…。

  • タイトルは最後に回収。
    小説内の時間が長く、その期間を考えると切なくなる。
    おそらくこの小説の肝心なネタは、皆が気づく部分だが、長すぎて忘れてしまっていた笑

  • このミスベスト10、2009年版3位。何十年かにわたって2件の殺人事件が起きて、それとはあんまり関係なく話が進んでいく。ほいで、間をおいて事件が解決していくんだけど、仕掛けが大がかりな割にはなんだか説得力に欠ける展開だし、あんまり意外性も感じられず、えらい切れが悪い小説だなと思いながら読み進めてやっとこさ最終版を迎える。で、最後にあっと言わせるオチがあるんだけど、この落ちのためだけに延々盛り上がらない話を読ませられるのはちとつらい。

  • 2015年7月25日読了。
    2015年96冊目。

  • 冒頭の文を常に意識しながら読みましたが、見事に騙されました。そこだったとは。。相手に一生知られずにいることが目的だったのなら、完全恋愛と言っていいのでしょうね。

  • 面白いとは思うのですが、共感、驚き、そういうものが淡々としてしまいすぎているような気がしました。

  • たんたんと話は進む謎はどこに

  • 画家 本庄究(柳楽糺)の生涯を描いたミステリー。

    彼の生涯に3つの殺人事件が起こる。
    2つ目、3つ目の事件は推理小説として成り立っている。

    この事件を解決するだけでも1本の小説としてないたつのだけど
    本書全体に仕掛けがあり、最期に「あっ!」と言わされる。





    「ネタバレ」

    本庄究は生涯一人の女性だけを愛するのだが、その愛は報われる事が
    なかった。
    若い頃にその女性を助けた事で、一夜限りむすばれるのだが、
    その思いを生涯わすれることなく貫き、彼女の娘をも守ろうとする。

    ある時、その娘は自分の娘ではないかというところからミスリードされて
    いき、最後に全てが明らかになる。

全24件中 1 - 10件を表示

牧薩次の作品

完全恋愛 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

完全恋愛 (小学館文庫)の作品紹介

第二次大戦末期の福島県の温泉地、東京からやってきた少年・本庄究は、同じく戦火を逃れてこの地に暮らしていた画家の娘・小仏朋音に強い恋心を抱く。やがて終戦となり、この地方で進駐軍のアメリカ兵が殺されるという事件が起こる。しかし現場からは凶器が忽然と消えてしまう。昭和四十三年、福島の山村にあるはずのナイフが、時空を超え、瞬時にして西表島にいる少女の胸に突き刺さる。昭和六十二年、東京にいるはずの犯人が福島にも現れる。三つの謎の事件を結ぶのは、画壇の巨匠である男の秘められた恋であった。「本格ミステリ大賞」受賞作品を文庫化。

完全恋愛 (小学館文庫)のKindle版

完全恋愛 (小学館文庫)の単行本

ツイートする