ブクログ大賞

神様のカルテ (小学館文庫)

  • 8149人登録
  • 3.94評価
    • (993)
    • (1399)
    • (810)
    • (145)
    • (35)
  • 1194レビュー
著者 : 夏川草介
  • 小学館 (2011年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094086188

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

神様のカルテ (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 主人公の一止の語り口調が独特で最初は抵抗感を覚えましたが、医療系の話しなのに読みやすくて悲壮感があまりなく、爽やかな物語でした。

  • 学士さんを送り出すシーンが一番好き。
    一止さんの言葉は分かりにくいけど、相手の心にしっかり届いていて、その不器用な優しさが好きです。

  • 「どう治療していくか」ではなく「どう最期の時をすごさせてあげるか」に焦点が置かれている医療のお話し。
    医療がどんどん進歩していく中、生かし続けてあげることが本人にとって本当に幸せなのか、色々考えてしまう。

  • 久々に泣きそうになった。いい話だ。ただ古文体だから読みづらい。そこがいい味出してる訳だけど

  • 読むの怖かったけれど
    読んでよかった
    解説が上橋菜穂子さんなのもまた読後に温かな気持ちを追加
    現実の辛くて苦しいことの上澄みを読む感じ

  • 自分は何のためにこの仕事をしているのだろう。
    そう考えることはどうしてもある。そして、それを見つけるのは意外と難しい時もある。当たり前すぎて見失っていたりする。
    「これでよい」と納得して仕事できるのは、とても幸せなことなのだと思う。

  • 主人公・栗原一止は、24時間365日対応の病院で働く医師。そんな一止の回りの出来事を温かい表現で書かれていました。小学館文庫小説賞受賞、2010年本屋大賞第二位。
    2巻、3巻と続編があるようなので、読んでみたい。
    桜井翔くん主演のDVDも見てみたくなりました。

  • なにげない地方病院のドクターの日常を描いた作品。
    古風な語り口がかえって新しい。

    患者さんが亡くなったり、それなりに事件は起こるのだけど、基本は特に変わりなく日常。
    でもなぜか読んでて心地良い。続編がたくさん出てるらしい。落ち着いたら読もうかな。

  • 20170426 暖かなお話だった。一止の人情がよい。イチさんハルさんのやりとりにもほっこりする。人が死ぬ場面も出てくるが、ほっこりとした話になっている不思議。

  • よくある安易な感動系だと思って読む前は斜に構えていたけど、気が付いたらその世界観に没頭し、読みながら号泣していた。
    患者のおばあさんのエピソードが、過去のものも含めてとても温かかった。
    主人公の古臭い口調もいい味だしてるし、何より奥さんが素敵過ぎて…。 こんなチャーミングな女性になりたい…なれない…と打ちひしがれた。

  • 読みやすく、一気に読んでしまった。医療という現場は自身の在り方を考えさせられるんだなと思いました。

  • 3時間ぐらいで一気に読めてしまった。とても面白かった。笑いあり、涙あり、人が死ぬということ、生きるということ、はどういうことが詰まっている。傑作である。素晴らしい!

  • 人は必ずいつかは死ぬ。
    仕事として生死にかかわる職業は多い。
    もっとも身近で死を見守っているのが医療現場であろう。
    医師として誠実に全力を尽くし、患者と向き合う。
    そして、ときに自分の無力さに打ちひちがれる。
    医師にかかる過大な負担、告知、終末医療、高度医療。
    さまざまな問題が含まれている作品だった。
    辛い場面もあったけれど、人のあたたかさに包まれていくような心地いい物語だった。
    読み終わった後、無性に誰かに優しく接したくなった。

  • 2017/1/23~1/26

    栗原一止は信州にある「24時間、365日対応」の病院で働く、悲しむことが苦手な29歳の内科医である。職場は常に医師不足、40時間連続勤務だって珍しくない。ぐるぐるぐるぐる回る毎日に、母校の信濃大学医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば最先端の医療を学ぶことができる。だが大学病院では診てもらえない、死を前にした患者のために働く医者でありたい…。悩む一止の背中を押してくれたのは、高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。

  • 人の生き死にというのはそれだけで充分ドラマティックなので、ことさらそれ強調されてしまうと何となく押しつけがましい印象を受けてしまうことが多く、そのイメージから今まで未読でいた本。
    でも、実際に読んでみると非常にさらっとした描き方で、作家さん自身が医師だというのを知って納得した。情は深いのだけれど、無駄にべたべたしない感じ。大事なところだけをしっかりとみている感じ。こんなドクターに出会えたら患者としては幸せだろうな。

  • 医師である主人公一止と、彼を取り巻く人々とのやり取りが緩ならば、医療現場が急。この緩急の描き方が小説の運びにうまいアクセントをつける。しかも一止の飄々としたキャラクターと、それとは対照的な暖かいやり取りに涙腺が緩む。いい小説でした。

  • 自分と自分以外の人と生きることと死ぬことって感じ。みんな必死に生きてるんだなあって思う

  • 長野の松本市にある大病院に勤める医師一止を主人公とした小説。小柄でかわいいが腕のいい山岳写真家の妻、下宿先である御嶽荘の男爵と学士殿、病院の有能な看護師である東西、同僚の大男医師、次郎。孤独な身の上で末期がん患者の安曇さん。 "一止の周囲の人たちとの物語。なぜ神様のカルテという題名なのか、読んでしまった後でもよくわからないが。一止の一人称の小説だが、夏目漱石に傾倒しているという彼の古臭い語り口調がまずおもしろい。
    語り口調は特殊だが、基本的には過酷な職場環境に毒づきながらも患者さんのために尽くす青年医師のさわやかな姿が浮かび上がる。昔旅館だった建物を下宿屋にしたという風変わりな場所に住み、そこに出てくる人たちも奇妙におもしろく胡散臭げで、そのあたりは前半部分はあまりに期待通りというか予想通りで退屈なぐらいではあった。悪い人は出てこない。学士殿が自殺未遂を謀った場面では、少し読んでいてしゅんとしたが、安曇さんの話は、くーんと胸に来る感じがした。行き場のない一人暮らしの人が、笑顔がすてきで癒しの安曇さんと看護師たちに呼ばれるだなんて、すてきだわ。一止が約束した、毛糸の帽子を最期にかぶせてあげることを忘れず、しかもその中に一止宛ての手紙が入っていたのは素敵だったけど。どちらかというと、一止が、無理な延命治療をせず、カステラを買ってきてあげたり、冬の長野でビルの屋上に連れて行って山を見せてあげたりしたという患者に対する姿勢が心に残る。これも、人生経験を少なからず積んできた年齢によるものなのかなあ。"

  • この作品に対しては、なぜか穿ったイメージを持っていたので流行した作品とは知りながらも手を出さずにいた。本編を読んでみてそれは間違いだと思った。面白かった。あと医者にも「医局」という人事制度を中心として働く人と、「医局」に属さずに病院に就職する人がいる違いがあることを始めて知った。一見飄々としていても心の中では熱いものを持っているそんな一止のキャラがいい。一止の妻のハルのイメージは自分の中では永作博美かなあ。2、3と続きがあるみたいなので、引き続き図書館で借りて読んでいきたいと思います。

  • カフェにあったので読み始めてしまったものの
    そのままになっている本

    続きが気になるので読もうと思っている(笑)

  • 1、神様のカルテ
    2、神様のカルテ2
    3、神様のカルテ3
    4、神様のカルテ0

    面白い
    でも「医者」ってなんだろう?

    ”たくさんの本を読めば、たくさんの人生を体験でき、たくさんの人の気持ちがわかるようになり、優しい人間になれる。””優しさとは、相手が何を考えているかを考える力、想像力です。”
    読書万歳。

  • 配置場所:広広文庫本
    資料ID:93119554
    請求記号:080||N

  • 旦那が買ってきて放ってあったのを何気なく読んだら・・・とても読みやすく、あっという間に読破!続きを買いに本屋に行ってしまい、あっという間に3巻まで読了。
    自分の職業が職業なので、読んでいて実感共感すること多々あり。
    読んでいて登場人物が映像で見えるようで、とくにハルの存在感は際立っていた。
    主人公の口調が昔っぽくあるのも心地よく、草枕を読みたくなった。

  • 人との繋がりが温かく、優しい気持ちになる。
    好きなタイプの本。
    スピード感があって次々読める!ゾクゾクする!というのも楽しく好きだが、この本のように柔らかくて、温かくて、読み終えた後にほっとできるものも好き。

    一止の人柄、ハルのかわいさ、読んでいて優しい気持ちになる。一止とハルの関係性も素敵。物理的には遠いが、思いやりに溢れている。
    「無類に可愛らしい笑顔である」
    「細君は、ぷっと頬を膨らませる。
    じつに魅力的である。世の中に可愛らしい女性は山ほどいるが、「最高に」可愛いらしい女性というのはこの細君においてほかならない」
    人とのつながり、思いやりが感じられるから読み終えた後優しい気持ちになれる。
    「足もとの宝に気付きもせず遠く遠くを眺めやり、前へ前へとすすむことだけが正しいことだと吹聴されるような世の中に、いつのまになったのであろう」

  • この本はまさに栗原先生が神様だと思ったぐらい深く心に残ったほんでした。3巻まで読んだんですかかみかる0もあるということでさっそく読んでみたいと思いました

全1194件中 1 - 25件を表示

神様のカルテ (小学館文庫)に関連する談話室の質問

神様のカルテ (小学館文庫)に関連するまとめ

神様のカルテ (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神様のカルテ (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

神様のカルテ (小学館文庫)の作品紹介

栗原一止は信州にある「二四時間、三六五日対応」の病院で働く、悲しむことが苦手な二十九歳の内科医である。職場は常に医師不足、四十時間連続勤務だって珍しくない。ぐるぐるぐるぐる回る毎日に、母校の信濃大学医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば最先端の医療を学ぶことができる。だが大学病院では診てもらえない、死を前にした患者のために働く医者でありたい…。悩む一止の背中を押してくれたのは、高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。二〇一〇年本屋大賞第二位、日本中を温かい涙に包み込んだベストセラー、待望の文庫化。

神様のカルテ (小学館文庫)のKindle版

神様のカルテ (小学館文庫)の単行本

ツイートする