僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. (小学館文庫)

  • 666人登録
  • 3.97評価
    • (86)
    • (99)
    • (59)
    • (16)
    • (1)
  • 118レビュー
著者 : 葉田甲太
  • 小学館 (2011年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094086263

僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 向井理主演で映画化もされたノンフィクション。

    どこにでもいるフツーの大学生が仲間を集め、150万円でカンボジアに学校を建てる…。

    150万円の集め方は六本木や渋谷のクラブイベントだし、
    きっかけも退屈な日常を変えてやりたいという、現代的な、自己チューといえば自己チューな始まり。

    地雷、ゴミ山での生活、売春宿、エイズ…。
    カンボジアの深刻な現実をこの目で見てショックを受けても、
    帰国してからマザー・テレサのような人に生まれ変われるわけでもなく、
    ダメダメな時もあったり…。

    あまりにも嘘が無いです。ホンネです。笑っちゃいます。「何やってんのさ…」と思わず苦笑いしちゃいます。

    でも、そんなフツーの男の子がやり遂げちゃったんです。

    たとえ、それで世界を変えることができなくても。

  • 凄く真正直な作者だ。
    難しく飾った文章じゃなく、思った事を正直に書いてる。
    作者はこれをきっかけに今でも活動を続けてるみたい。
    思っててもなかなか出来ないのが現実。
    あっという間に読める内容だけど、考えさせられる事がいっぱい詰まってた。

  • 本も映画も是非見てほしい。特に映画のポルポト政権の話は、非常に勉強になると思う。今の日本は平和でこれからも、「戦争」のような事態になることはないのだろうけど、だからといって世界のどこかで起きている「事態」に目を開かない理由にはならないと思う。同じ人間である。学校をつくることとその葛藤もありのまま書かれている点もよかった。

  • すごいなーって思った。本当にどこにでもいる大学生なんだろうなって印象を受けたし、資金を集める方法なんてまさに大学生らしいなと思ったけど。でも、だって実際に建てちゃうなんてすごい。カンボジアに学校建てちゃうなんて。この後映画も観ました。少し設定はズレているけど、本とリンクして思わず泣いちゃいました。人ってあったかいですね。

  • 本当にすごい、尊敬する葉田さん。

    海外ボランティアへ行く決心を決めさせてくれた本。大事な本。

    行動に移すことの大切さ。

  • 気になってたけど、映画になっちゃって、ミーハーかな?とか思って読めずにいて…でも、漸く読んでみた。

    1時間もあれば読めちゃうくらい、軽いノリだけど、重たい現実を伝える真摯なマナザシ。
    変な正義感や、理想論を振りかざす訳じゃない。
    乗りかかった舟的な、行きがかり上的な…。
    むしろ、その本音な感じが好感を持てた。
    悲壮感たっぷりの支援より、よほど良いエネルギーが届けられたことと思う。
    読んでよかった。

  • <感想>
    葉田さんの見たまんま、感じたまんまの表現がとても気持ちいい。
    カンボジアに行ったことを思い出した。子供達の笑顔、家族を思う心、勉強熱心さ。今の自分、自分らしく生きていないほとんどの日本人。一体、地球はどうなってて、何をしているのだろうと不思議に思った感覚。
    「今を生きる」感覚はあの経験も大きかったな。生きる間、他の誰かにどれだけのことを残せるか。これに生きる自分を再確認できた。

    本を貸してくれた友人に感謝!



    <心が動いた表現、文章>

    ・人を救うということは、自らが力を持つということなのだろうか。自らを磨くということなのだろうか。

    ・僕らは近い将来、社会人になる。
    いったい、僕たちはどんな大人になって、誰を愛し、どんな人生を送るのだろうか。
    今すぐに答えなんて出さなくたっていい。
    日々を無駄にすることなく、今を思いっきり楽しめばそれだけでもいいような気がした。

    ・本当はいつも目の前にある「普通」に感謝して生きれていけたら最高だろうなと思った。

    ・もうキレイな自分はあきらめよう。欲望にまみれながら僕は生きている。だったら僕は間違ったならそれを正して、人に嫌な思いをさせたなら謝って、何かを考えながら、いい人と悪い人を行ったり来たりしながら素直に生きていけばいい。

    ・僕はこの人生を思いっきり生きてやります。自分が死んだときに「あーいい人生だった」と思えるように、今を、この瞬間を思いっきり生きてやります。

  • 今、自分が感じている普通がいかに幸せなことか。
    幸せ、貧しさ、支援、HIV、いろいろなことについて、作者の素直な感想や、自分への駄目だしが書いてあり、それらが抵抗なく心にすっと入ってきました。
    大学生の今、読めてよかった本です。

  • すごくリアル
    動機なんて問題じゃない。
    やったかどうかだ。

    本ってすごいな。
    一瞬で別世界に連れて行かれる

  • タイトルの出だしからして若者らしく抑圧された閉塞感のある逆説的。 カンボジアに学校を建てよう!というカルイのりでスタートした作者の旅を素直にまっすぐに書き下ろしたノンフィクション。 感情ベタベタのボランティア活動記録にならずさらりと書いているところに、読者により強い印象を与えていると思う。 どこか、こんなこと本当にできるんだろうか、こんなことやっていていいのだろうか、という自虐的とも感じられる第三者的な自己分析が面白い雰囲気を作り出している。 

  • 大学生があるきっかけで始めた、カンボジアに小学校を建てる、というボランティア。

    それに向けた資金集めから学校が建つまでを、キレイ事なく、等身大の大学生の目線で、考えや思ったことがストレートに書かれていて胸を打つ。

    ボランティアや貧困、不自由ない自分たちの生活について考えさせられ、また、学生の頃のガムシャラさを思い出させてくれる。

    熱いものが込上げてきて、やる気が出てくる1冊。

  • 世界を変えることは出来ないけれど
    今の自分の行いや、
    自分の未来は変えられる。

    読んで良かった。1時間で読める。
    洗練された文章ではない。
    特別な人でもない。
    でも、経験に勝るものはないと思った。

    細かいことを考えずに読んでほしい。
    借りればいいけれど、収益がカンボジアのためになるそうなので
    その財布の中から数百円を使ってほしい一冊。

  • ボランティアを通して体験したことを着飾ることなく、ありのまま書かれていて素直におろしろかった。

  • なるべく飾らないように考えていることを本心で語ろうとしている印象。
    人間何らかのことに対して同情や可哀想だと思う心があるけれども、それを見て見ぬふりをする人が圧倒的に多い世の中だし、そのことを改善しようとして行動している人だってそれ以外のことも普段当然考えている。
    この本は「僕は性欲もあるしワンチャン狙いたいしもっともっと遊びたいと思ってる普通の大学生だけど、それでも発展途上国に学校建てることができた。学校なんか建てちゃうのは普通の人には決してできないことだと思わないで、行動しようと思ったら行動してみたほうが良いんじゃないかな」ということを遠まわしに書いているのかな。
    面白いけど二回読もうとは思わない。

  • 150万でカンボジアに
    小学校を建てる!
    ノンフィクション


    今年上半期一番のオススメ!

    感動と素直な勇気と
    物事をすすめるエネルギーをもらえる本

    すべての中高生に読ませたい本です

  • どんな理由であれ、自分が納得して行動を起こすことが大切なんだと。

  • 医大に通いながら、バイトをして適当に遊んで適当に大学生活を楽しんでいた青年が”人のために何かやってみたい、何か成し遂げてたい”と思い、ボランティアでカンボジアに学校を作る話。

    読んでいると、著者のことを裕福な人なんだろうなと思うことが何度もある。お金や人付き合いに甘さもみえる。ボランティアといいつつ、興味本位で動くヤジウマのようなところもある。
    でも、彼は行動した。

    ダラダラと学生生活を送りながら、何か成し遂げてみたいと思うことは自分にもあった。結局何もできなかったけれど。
    同じ思いを抱いた彼はカンボジアに学校を立てた。

    本当にすごい人だ。途中下品な表現もあったけれど、それも学生の本質を表しているようで、間違っていないと思う。
    正直にいえば悔しさみたいな感情もある。学生生活をダラダラと過ごした自分と、実際に行動した彼を比べて、惨めな気持ちになる。
    この人は自分自身の世界を変えたんだな。すごいな。

    世界を変えることはできない。でも、自分の世界は行動すれば変わる。自分の行動が人の役に立つことがある。世界は繋がっている。そうやって世界は変わっていく。

    銀杏BOYZ『僕たちは世界を変えることができない』
    https://www.youtube.com/watch?v=e9iG9YG8WMI

  • 配置場所:摂枚文庫本
    請求記号:916||H
    資料ID:95120798

  • 大学生がカンボジアに150万円で小学校を建てる話。内容は面白いが、普通の人が書いているので、読み物としてはあまり面白くない。でも、とても大事なことや、良いことを考えている作者だなと思った。内容は良い。

  • 題名が良い。「ぼくたちは世界を変えることができない」たしかにぼくたちは世界を変えるだけの力は無い。「But,we wanna build a school in Cambodia」というフレーズがついてくる。そうなんだ、ぼくたちは世界を変える力はないけど、カンボジアに学校を作るだけの力はあるのだ。大学生でも出来ることをやれば、世界は少しだけ変化していく。

  • 『マジでガチなボランティア』の著者と一緒にチャリティーイベントを開催して、カンボジアに小学校を建設した医大生の本です。両方読むと医大生とボランティアのイメージが少し変わります。自分の気持ちに正直に行動することで生まれる葛藤が素直に綴られていて感銘を受けます。
    『マジで~』の著者と同じ体験をしながら別の道を歩むことになったのも興味深いです。
    向井理さん主演で映画になっていたことは知りませんでした。。。

    http://www.lib.miyakyo-u.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=243948

  • 本館3階東閲覧室(人文系)
    請求番号:916||Ha
    資料ID:210005275
    (Fuku)

  • 150万円でカンボジアに学校を建てよう
    医学生の僕が選んだ資金集めの方法は
    クラブイベント

    カンボジアでは義足施設に行ったり
    キリングフィールドみたり
    エイズ患者の施設にいったり
    スモーキーマウンテンみたいな場所を訪問したり
    売春婦突撃インタビューを試みたり(失敗)

    元々は郵便局でみかけた一枚のチラシがきっかけ

    自然体で試みるカンボジア支援。
    建てたらお仕舞い、ではなくて
    継続的な援助を試みるために
    ど田舎の村へも行く

    ちょっと偽悪的なシモネタもあり
    やらぬ善より、やる偽善みたいなイメージか

    クラブイベントとということで
    けっこう変わった人間も集まってきたみたいで
    その辺も少し読んでみたかった

  • カンボジアに学校を建てるお話。
    とても感動しました。映画も。
    この作品は大好きです。

全118件中 1 - 25件を表示

僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. (小学館文庫)の作品紹介

医大生の甲太は受験勉強をして大学に入ったものの平凡な日常に疑問を抱いていた。そんなある日「百五十万円寄付してもらえればカンボジアに小学校が建つ」というパンフレットを偶然見かける。これだ!と感じた甲太は、勢いで仲間を募り、クラブイベントを企画して、寄付金の捻出をはかろうと奔走する。同時に、カンボジアにも出向き、地雷除去、ゴミ山で暮らす家族、売春宿で働く少女やエイズ問題などの過酷な現実に触れ、自分のダメさ加減と正対することになり…。決してきれい事だけではない、一歩踏み出す勇気を与えてくれるノンフィクション。

僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. (小学館文庫)はこんな本です

僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. (小学館文庫)の単行本

僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia. (小学館文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする