まだ見ぬホテルへ (小学館文庫)

  • 24人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 稲葉なおと
  • 小学館 (2011年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094086300

まだ見ぬホテルへ (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 一級建築士であり建築プロデューサーの稲葉なおとさんの世界中の「憧れのホテル」を見て回る、ホテル中心の旅行記。
    ”一流”と言われるホテルを巡る。いやぁ出てくるホテル全てが高級感溢れていて自分には縁がないホテルばかり…

    設計事務所を退職して自費での視察旅行、全ての「憧れのホテル」に泊まれる訳ではなく見学させてもらったり、ゲストになりすましたりと苦心しながら魅惑のホテルを巡って行きます。

  • 同じ著者の小説「0マイル」の解説で、重松清さんが、この本も勧めていたので読んでみました。ユーモア小説集という感じ。でもその中で、胸が熱くなる場面が何度か。

全2件中 1 - 2件を表示

まだ見ぬホテルへ (小学館文庫)はこんな本です

まだ見ぬホテルへ (小学館文庫)のKindle版

ツイートする