ドラえもん短歌 (小学館文庫)

  • 230人登録
  • 3.98評価
    • (26)
    • (47)
    • (19)
    • (3)
    • (1)
  • 43レビュー
制作 : 枡野 浩一 
  • 小学館 (2011年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094086331

ドラえもん短歌 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごく良かったです。ドラえもんがみんなから愛されてることが良くわかりますね。ジンとしたり、ぷっと笑えたりして、心がほっこりとする短歌集です。学生だった頃を思い出したりして、笑みがこぼれました。だれでも必ずお気に入りが見つかるはず。
    私は
    「自転車で君を家まで送ってた どこでもドアがなくてよかった」
    「大丈夫 タイムマシンがなくっても あの日のことは忘れないから」
    が好きでした。
    全部目を通してからは、気が向いた時にパッとページを開けて「今日の歌」的な読み方をして楽しんでます。今日はコレか…みたいな。

  • 先日訪れた藤子・F・不二雄ミュージアムで見つけた一冊。
    表紙のソラの青色がとても印象的で、手に取ってしまいました。

    様々な人が様々なドラえもんの想い出を、ウタにこめています。
    決して飾ることはないその言の葉たちが、染み入ってくるようでした。

     ドラえもん
      話を聞いて
       そばにいて

      ひみつ道具は
       出さなくていい

    どれも素敵でしたが、あえて選ぶとすればこの一首。
    ドラえもん、ソラとクモの配色なんだなぁ、、とあらためて。

  • 2011/11/24読了

    ドラえもんがいたらなあ。
    何でも出来るし悩みも苦しみもきっとなくなるんだろうなあ。
    そうでなくても、「うん、うん」と、私の悩みを聞いてくれるんだろうな。
    そしてあの丸い手で握手してくれるんだよ。

    でも…。でも、ドラえもんはいない。
    大人になってからと、子どもの頃の『ドラえもん』は違うことを、最近になって知ってしまった。でもね、夢としていつまでもある「ドラえもんといつか会ってみたい」という気持ちは、消えることは無い。

    そんな詩がたくさんある。みんな、考えることはきっと一緒なんだね。

  • 「ドラえもん 話を聞いて そばにいて ひみつ道具は 出さなくていい」
    この詩がいちばん心に残った。

    時が経てばまた違ったふうにとらえているだろう、それがいい。

  • 何度も読み返している。
    中でも、この歌が好きだ。
    「ドラえもん 話を聞いて そばにいて ひみつ道具は 出さなくていい」

  • ジャイアンの 短歌がもっと あったらと 思ったけれど 仕方がないか

  • たなぞう時代からのお友達のレビューがとても良かったので購入。うんうん、これはいいです。

    じゅんさんが言いたいことは書き尽くしてくれているので、良かったなあと思った短歌を重複しないようにあげときます。

    「僕たちが今進んでいる方向の未来にドラえもんはいますか」

    「ドラえもん無しでここまで生きてきた自分をもっと褒めてあげたい」

    「ドラえもんどこから来るの 本当に未来はあるの 確かにあるの」

    「どこにでもいけるドアって本当に必要なのかい ねえドラえもん」

    「あの人の心をみせてドラえもん でもわたしのは隠しておいて」

    「ドラえもん あの人好みの顔にして!そっから先は自力で頑張る」

  • 本屋で少し立ち読みして一目ぼれ。
    この企画がいい!私も参加したかった。
    この本に載っているどれもがいいなあ。
    思わずドラえもんが読みたくなる。
    ちょっとほろりともしてしまうのはなぜ…。

  • 1冊にカウントするとズルしたような気になるほどすぐ読めます。これの前に読んだ『ショートソング』がとても面白くて、枡野浩一の本を数冊購入。これは彼がブログで募ったドラえもんにまつわる短歌集。「自転車で君を家まで送ってた どこでもドアがなくてよかった」なんて、ええやんか。短歌をつくるのって楽しいのかもしれない。

  • 味わい深いなぁぁ。ドラえもんって未来だったり、希望の象徴なんだな。ドラえもんを通した人間模様。きゅんとするなぁ。
    15/12/28

全43件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ドラえもん短歌 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドラえもん短歌 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドラえもん短歌 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ドラえもん短歌 (小学館文庫)の作品紹介

ぼくたちみんなの共通語=「ドラえもん」の仲間たちや、ひみつ道具を詠み込んで作る歌、それが、「ドラえもん短歌」。若者に圧倒的支持を受ける歌人・枡野浩一の呼びかけに、全国から続々と寄せられた、傑作の数々。「ドラえもん」×「短歌」という言葉のひみつ道具を駆使し、みんなの今の想いを詰め込んだ、待望の文庫決定版。

ツイートする