戸隠秘宝の砦 第一部 吉原惣籬 (小学館文庫)

  • 12人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 千野隆司
  • 小学館 (2012年2月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094086928

戸隠秘宝の砦 第一部 吉原惣籬 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 新しい、伝奇時代小説の始まり?
    秀吉の秘宝と3つの鍵、そして善悪三者の攻防、面白く読める。全三巻は読み終わった時、長いか短いか?

  • 表紙の絵と敦賀の文字に惹かれて購入。
    生まれ(…てはないけど)育った心の故郷である土地なので、敦賀藩とか気比神宮とか出てくるとその度に嬉しくてソワソワ。

    物語としては、最初は何だか淡々と早足で話が進んでいく感じでそんなに面白いと思えなかったが、財宝を巡って探り探られ襲われ剣を交え…とだんだんワクワクしてきた。
    最後の絲(ヒロイン)の決意と、舞台がいよいよ敦賀になるということで、二部を早く買わなきゃ…!と思った。

    最近、意図せず吉原に関わりの深い作品ばかり読んでいるので、玉屋の話も面白かった。

全2件中 1 - 2件を表示

戸隠秘宝の砦 第一部 吉原惣籬 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

戸隠秘宝の砦 第一部 吉原惣籬 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

戸隠秘宝の砦 第一部 吉原惣籬 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

戸隠秘宝の砦 第一部 吉原惣籬 (小学館文庫)の作品紹介

諸藩の財政が危機的状況にあった江戸時代天保期-。松枝近忠は、自分が府内藩当主である大給近訓の実子であることを告げられる。そして、近訓から藩を救うため秀吉が遺した百万両に相当する財宝を探せという密命を受ける。この話を、鼠小僧次郎吉が盗み聞きしていた。実は、次郎吉は財宝に所縁のある家の末裔だった。財宝の在りかを示すギヤマンの皿、絵馬の探索を開始した近忠だったが、ギヤマンの皿の持ち主・高嶋屋五郎左衛門や高嶋屋と近しい小浜藩も加わり、秘宝探しは三つ巴、四つ巴の争いになっていく。全三冊で送る、書き下ろし伝奇時代小説第一弾。

戸隠秘宝の砦 第一部 吉原惣籬 (小学館文庫)はこんな本です

戸隠秘宝の砦 第一部 吉原惣籬 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする