右の心臓 (小学館文庫)

  • 46人登録
  • 3.54評価
    • (1)
    • (8)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 佐野洋子
  • 小学館 (2012年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094087017

右の心臓 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 戦後の混乱期を生き抜いたある少女の話。
    大人のずるさ、弱さ、強さ、優しさを、じっと見つめていた少女の強いまなざしにたじろいだ。
    幼いお兄さんの死をめぐる生々しい描写は、読み返すことができない。
    今なら助けられたであろう幼い命が、当時はどれだけ失われたのだろう。
    親の悲しみを思うとやりきれない。

    その父母も、佐野洋子さんも、もういない。

  • 佐野さんが大陸から引き揚げてきたあと、こども時代のお話です。それも、徹底的にこどもの視点から世界を見て、こどもの素直さや、運命の残酷さまで描ききるという、希有な作品です。
    決して楽しいばかりではないお話ですが、忘れられない物語です。

  • 書かずして書く、というか、サラリとしてるというか、とにかく均一なテンションで描かれているんだけど、どの話も見事な見事なまでに畏い。
    テンション変わらないから油断すると電車の中でも泣いちゃいます。

  • 飾り気のないストレートなことばで語られるときの内容のひとつひとつの重さよ! 彼女は「大人から見た子ども」ではなく「子ども」そのものの目線をいつも持ち続けている。

全7件中 1 - 7件を表示

右の心臓 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

右の心臓 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

右の心臓 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

右の心臓 (小学館文庫)の作品紹介

少女の目にうつる戦後の貧しい田舎生活。父と母、そして最愛の兄さんと幼い弟と妹。小さな共同体のなかで生きる子だくさんの家族。昭和二十年代の日本の原風景が丸ごと裸のままで立ち上がってくる。「もう死んだから下着もパンツもはかせないのか。いやだなあ、とわたしは思った。パンツぐらいはかせればいいのに」「母さんはわたしを見ると、兄さんが死んだこと思い出して、わたしがにくらしくなるんだ」少女の視線で鮮烈に描かれた「心臓が右にある」兄の死。そのリアルな描写には、思わず息をのむ。この小説は聖も俗もごた混ぜに生きる子どものエネルギーではちきれそうだ。

右の心臓 (小学館文庫)はこんな本です

右の心臓 (小学館文庫)のKindle版

右の心臓 (小学館文庫)の単行本

ツイートする