小説・震災後 (小学館文庫)

  • 286人登録
  • 3.75評価
    • (32)
    • (38)
    • (39)
    • (7)
    • (3)
  • 56レビュー
著者 : 福井晴敏
  • 小学館 (2012年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094087048

小説・震災後 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 震災から1年経った今、是非読んでもらいたい作品。

    文章の中には、戦後社会の歴史と現状に対する深い洞察に溢れている。
    それを全肯定、というわけではないんだけど、全体としては鋭い洞察であると思うし、読者としても心に留めるべきだと思う。


    「『未来』の対になる言葉は、おそらく『将来』」。本文中のこういった言葉が、非常に印象に残った。

    最後に示されるものの具体的な内容は陳腐といえば陳腐だろうけど、現在の社会を深く分析し、「未来」を示すことの重要性も提示しているこの作品は、なるべく多くの人に読んで欲しいし、特に僕達若い世代には強く勧めたい。



    福井さん、文章が少し柔らかくなった?

  • エンタテイメントではない。
    血沸き肉躍るような興奮も無ければ、スカッとする結末が待つわけでもない。

    “家族小説”と銘打たれてはいるが、これはむしろ……福井晴敏の思想表明本、とでも位置付けるのが正しいだろうな。

    彼の、いくつかの代表作すべてに共通する筆者からのメッセージが、本書はより強く感じられるから……。

    決して楽しく読めたわけではないし、筆者の主張に全面賛成なわけでもないけれど、読んで損はない一冊かと。

    ★4つ、7ポイント半。
    2015.04.08.古。

    “渥美”は、明らかに記憶にある“あの人物”だとして……、主人公の父も、設定的には(現役を退いて10年?)、例の代表作に登場していたのかしら??

  • 小説に名を借りた「未来」へのメッセージ

    久々に福井さんの小説を読みました。
    「亡国のイージス」以来、福井作品はよく読んでいましたが、この作品にも、やっぱり脇役ながら出てくるんですね。市ヶ谷とか...そして、おじいちゃんがまた格好いい(笑)

    震災から3年たって、改めて、本作品で震災後を振り返ることができました。震災後、原発事故後の日本での行動の総括と、その後の未来を語る作品となっています。
    自分の子供、さらにはほかの子供たちにどんな「未来」を残せるのかを考えさせられました。

    主人公は平凡なサラリーマン。震災後の原発事故を含むさまざまな出来事がすべての人の希望を失わせていきます。そんなさなか、息子が起こしたネット上の事件。
    震災後の家族の不安、そして未来への不安の中、なぜか、主人公の父親がそっち系の重要人物だったりして、とてもミステリアス(笑)そんな格好いい父親との交流を通して、主人公が一歩踏み出し、そして、息子と向き合い、メッセージを託す、そんな感じの物語。
    エネルギー問題をどう解決するかも、本書の中では語られていますが、その解決策がどうこうというよりも、未来を見据えて、まずは、一歩を踏み出そうっというメッセージを強く感じました。

    「将来は放っておいても必ずその人のものになるけど、未来は必ずやってくるとは限らない。見よう、見せようとしなければ見れないし、手にも入らないもの…それが未来です」

    私たちは子供たちの未来に何を見せてあげらるのでしょうか?

  • 小説という場で自分の言いたいことを言っているので最後のほうはひたすら聞いているだけになるが、その主張の中で「未来と将来は違う。未来を考えるべき」というのには共感。世の中は成熟しきっていて、この15年ぐらいの激しい進歩は一般人レベルでは想像することができなくなってしまっているため、現状の負の面ばかりに焦点を当てげんなりさせることしか大人はしていない。プラスの面はなにひとつなく、高齢化や原発などシビアな局面をどうやって乗り切っていくか、ということしか語られない。そんなことばかりを聞かされながら大人になっていく今の子ども達はこの先をどうやって生きていくのだろうか。
    震災がきっかけではあるが、今まで考えたこともかいような、そんなことを考えさせられる。

  •  二〇一一年三月十一日、東日本大震災発生。多くの日本人がそうであるように、東京に住む平凡なサラリーマン・野田圭介の人生もまた一変した。原発事故、錯綜するデマ、希望を失い心の闇に囚われてゆく子供たち。そして、世間を震撼させる「ある事件」が、震災後の日本に総括を迫るかのごとく野田一家に降りかかる。傷ついた魂たちに再生の道はあるか。祖父・父・息子の三世代が紡ぐ「未来」についての物語―。『亡国のイージス』『終戦のローレライ』の人気作家が描く3・11後の人間賛歌。すべての日本人に捧げる必涙の現代長編。

  •  福井晴敏 著「小説・震災後」を読みました。

     東日本大震災後、東京に住む平凡なサラリーマンの家庭が舞台。原発事故を経て、希望を失い心の闇にとらわれてしまう息子。その息子に希望を取り戻すためにあがいていく家族。そして、祖父・父・息子の三世代が紡ぐ「未来の物語」が語られていく。

     フィクションでありつつも、そこに描かれている世界はまさに現実の世界、現実の家族であり、自分の家族や子供たちのことを考えずには読めませんでした。

     あの震災後、どの家庭でも今の生活のあり方やこれからのことをそれまで以上に考えずにはいられなかったと思います。

     そこに、未来や希望を見つけることは大変なことでした。

     しかし、作者が描くように、これからの世代の子供たちに前に進むべき未来を見せていくことが、今社会を支えている私たちには必要なのだと強く感じました。

     この小説で知った明るい未来を感じさせる新技術が現実のものとなることを一人の大人として期待したいです。

     自分の子供たちにもこれからの未来が思い描けるように自分自身の生き方を見つめていこうと思います。

     作者福井晴敏の熱い思いが描かれた小説でした。

  • 不勉強なものでこの小説に書かれていることがどこまでが現実なのかはわからない。
    しかし、ページを進ませるエネルギーは半端なかった。
    野田の最後の演説は福井さんの作品だなーと思わさせられるが読み切らせるだけの力があったように思う。

    あと、いつものことながら福井さんの作品は親父がかっこいい。
    そして女が強い。

    震災から少し時間がたち少しずつ忘れかけていた3.11あたりの記憶がよみがえった。
    また、時間がたったら読みたいとおもえる小説であった。
    次は自分の子が生まれたときにでも。

  • 出版社が違うからと油断していたら、ダイスシリーズとちょっとリンクしていたー!とても嬉しい。

    小説の中の震災の話がいまいち実感できなかった。
    地震当日は情報がほとんど入ってこない状況で徹夜で仕事していたし、原発の話も理解しようとしないまま毎日過ごしていたから。
    小説を読んで、非常事態だったんだと驚いた。

    息子に未来を示す主人公。
    それに共感できないのは自分がまだお子様の立場でしか物を考えられないからだろう。

  • 福井晴敏が描く震災後の小説。
    著者の作品は『動』が多いが、この作品は『静』の中に強く訴えるものがある。
    強い未来を演説する主人公には共感。

  • あっという間の文庫化に、衝動買い。
    私的にガンダムucで、イマイチな評価になった福井晴敏評が復活!というぐらいに良かった。
    震災後の2011年を舞台に、日本人が持っている地震以降の不安の原因が、この著作に表現されている。
    あの日の日本政府のバタバタ感を冷静にインテリジェンスとして分析し表現されている。フィクションとは言えないぐらいに限りなくノンフィクションに近い。

    見どころは、
    ・家族でボランティアで気仙沼に行くシーン
    ・最後の主人公の演説シーン

  • うーん。説教臭い。


    とにかく主人公のセリフを借りて、著者のあつーーーーい思いが述べられていて、ちょっと疲れる。
    問題になった、「闇」っていうのにも、あんまり共感できなかった。
    だって仕方ないじゃない。それでも生きていくんだから。
    そうおもう私は、やっぱり「女」なのかなー。
    だからか、小説の根幹になる、問題に共感できず。
    家族間のトラブルにも共感できず。
    震災の話題はちょっとフレッシュすぎて、痛い。

  • 3.11の震災後の家族の闇と再生を描いたファミリィ小説。
    あの日から5年で,ちょうどよい日だったので読んでみた。
    若干の押し付けがましさがあるが,未来とは,将来とはを考えさせられる話。

  • 先の震災を題材にある家族を通して、人が生きることの意味を描いた小説。細かい部分では青臭く聞こえてしまう部分もあるけれど、描いているテーマはローレライと同じ。それは私自身、若かりし日に仕事の方向を決める時に考えたことと通じるものがあり、すんなりと受け入れられる。

  • 息子にどんな未来を残すのか、残してあげられるのか、そんなことを少し考えてみたいと思った一冊。取り扱っているテーマをみて何気無く手に取った一冊だったがなかなか良い本でした。

  • 人類資金を書くに至った作品ではないだろうか?
    後世に何を残すのか?

    そんな難しく考えることはなくとも、我が子には幸せな世界を残したいという気持ちを持つのが普通の親ですね。

    私もその一人だと自負しますが、東日本大震災のあと、原発問題がさかんに議論されても電力不足で現在の生活レベルを下げることは無理だと諦めの境地に立ったのを思い出します。
    そんな中、自分一人の力ではどうすることもできないじゃないか?と簡単に割りきり喉元過ぎればという感じで、普通の生活に戻ってしまってる自分を戒めるきっかけとなりました。

    ちょうど娘が高校進学、息子が中学進学というタイミングで、この作品に出会えたのはきっともう少しちゃんと考えろと言われているような気もします。

    何ができるかはわからないが、きっと何かできる。そう信じて自分に出来る精一杯をやっていこうと思います。

  • うーん、微妙。面白いテーマではないので、しょうがないけど、あまりに真正面過ぎる。でも、泣ける。

  • 小説の形を借りたメッセージっていう色合いが強い作品だった。

  • 為になった。社会や国において今後の個人の在り方など考えるきっかけになった。

  • 期待感バリバリで読み進めた前半・・・そして、いっきに失速した後半orz
    もっと丁寧に読めば響くものもあったのかもしれないけど、
    それを言えば、丁寧に読ませるだけのモノがなかったということで、演説を聴いていた子供達もそうなんじゃないかな?

    渥美さんが出て来た!ってところだけ興奮したわ。

  • 未曾有の被害をもたらした東日本大震災。

    あの日を境に、日本中を包んだ「闇」。
    主人公である野田の息子の心に巣食った闇を中心に話が進む。

    息子、父、祖父、それぞれの思い。葛藤。
    いろいろな気持ちを抱え、どうやって「震災後」を生きていくか。
    忘れてはいけない大惨事。でも、若い世代はこの「震災後」を生きていかなくてはならない。

    主人公野田が、息子に、子供達に話しかける。
    「こんなときだけど、そろそろ未来の話をしようか」

    前を向いて生きていくことの大切さを再認識しました。

  • 書いてることは否定しないけど、青くさく、説教くさい。セリフが全部説明ってどうよ。小説じゃなくてよし。

  • 311直後の疑心暗鬼な気持ちを想起させた一冊

全56件中 1 - 25件を表示

小説・震災後 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小説・震災後 (小学館文庫)の作品紹介

二〇一一年三月十一日、東日本大震災発生。多くの日本人がそうであるように、東京に住む平凡なサラリーマン・野田圭介の人生もまた一変した。原発事故、錯綜するデマ、希望を失い心の闇に囚われてゆく子供たち。そして、世間を震撼させる「ある事件」が、震災後の日本に総括を迫るかのごとく野田一家に降りかかる。傷ついた魂たちに再生の道はあるか。祖父・父・息子の三世代が紡ぐ「未来」についての物語-。『亡国のイージス』『終戦のローレライ』の人気作家が描く3・11後の人間賛歌。すべての日本人に捧げる必涙の現代長編。

小説・震災後 (小学館文庫)のKindle版

小説・震災後 (小学館文庫)の単行本

ツイートする