相棒シリーズ X DAY (小学館文庫)

  • 135人登録
  • 3.57評価
    • (7)
    • (18)
    • (26)
    • (2)
    • (0)
  • 17レビュー
  • 小学館 (2013年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094087949

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
輿水泰弘ほか(脚...
輿水泰弘ほか(脚...
碇 卯人(ノベラ...
輿水 泰弘ほか(...
碇 卯人(ノベラ...
輿水泰弘ほか(脚...
碇 卯人(ノベラ...
碇 卯人(ノベラ...
碇 卯人(ノベラ...
輿水泰弘ほか(脚...
有効な右矢印 無効な右矢印

相棒シリーズ X DAY (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 【あらすじ】
    謎のデータがネット上にバラ撒かれ、削除された…。直後、一人の男の死体が発見される。東京明和銀行本店システム部の中山雄吾。ネットに不正アクセスし、機密情報を流した疑いで、マークされていた男だ。死体発見現場で、警視庁捜査一課刑事・伊丹憲一とサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬は出会う。殺人事件として犯人を追う伊丹、不正アクセス容疑の真相を追う岩月。二人はいがみ合いながらも、共に捜査を進めるが、目に見えない圧力に曝され、行き詰っていく…。背後に蠢く政官財の巨大な権力構造。浮かび上がる金融封鎖計画「X DAY」とは。

    【感想】

  • 映画を先に見たけど、映像ではわからなかった登場人物の心理状態を補完してくれる。

  • 展示中 2014.9~

  • 映画に比べて岩月さんの存在感が際立っていた。
    ということはそれだけイタミンの存在感が薄れていたワケで
    その辺りがちょっと残念だったかな。

    今までの相棒の映画ノベライズは大概が映画と違う部分があったんだけど
    この話はほぼ映画の筋書き通りだった。
    違ってたのは映画ではイタミンとふたりだった逮捕劇が
    ノベライズでは岩月さんひとりだったってくらいか。
    映画を見たときに感じた特命係(特に神戸くん)登場の取ってつけた感が
    若干薄れていたのは個人的には救いだった。

    被害者の上司を勾留するときに渋滞の車の上を逃げ回るシーン、
    映画の中ではなんでいきなりそうなるかが判り難かったんだけど
    文章で読んでみて初めてこのシーンがこういうアクションシーンだったか、
    また、(特に岩月さんの)メンタルの変化に関わる重要なシーンだったということを
    ごく自然に理解できたというか納得できた。
    映画を見てノベライズを読んで補完する醍醐味を
    ここでもまた味わわせてもらった気がする。

  • 銀行システムへの不正アクセス容疑者が殺される事件で、相棒シリーズでは脇役だった伊丹刑事と、サイバー犯罪対策課専門捜査が、いがみあいながら犯人を追っていくうちに、目に見えない圧力が・・・

    映画の原作らしいが、いつもの主役はほとんど出て来ない。X DAY もピンと来なかったなぁ。

    (2013/6/16)

  • 長い割にはあまり話がすすまず、読み終わった気がしない。

  • イタミンが主役とちゃうやんか!!
    話は面白いし、本当にこうなったら怖い。

  • 現場叩き上げの伊丹刑事と、民間企業出身でサイバー犯罪対策課の岩月が、半目しながら捜査する。
    赤字国債を乱発する日本が、2015/5/1に国債、円、株のトリプル暴落に見舞われる想定で、財務省、金融庁、大手銀行などが故意にシステム障害を起こし、シミュレーションを行なっていた。
    この暗号データをネットに流出させた銀行員が死ぬが、警察にも圧力がかかり、捜査できなくなる。
    それでも捜査を続ける2人、結局暴力団に雇われた元証券マンが、Xデイの情報を聞き出そうと揉めて殺したことが判明。逮捕するが、財務省らの計画は闇のまま。

  • 映画版ノベライズ。今度は以前と違って、映画版とあまり違う個所がないなあ。映画を先に観るかノベライズを先に読むかはお好みで?

  • 金融の事だとかわからないので、映画見た時はさらっと流れてしまい、頭に????を浮かべながら見たところも文章で繰り返し読んでみたらなんとなくわかりやすかった気がします。
    二人のやり取りは映画よりさらっとしている感じ。

  • 映画のノベライズ版。映画を観た後、復習のつもりで買いました。
    映画では皮肉なセリフの応酬が見どころ(笑)だったりするのですが、文字にしちゃうと「」(話し言葉)ばっかりですね。映像だと個人の推測にゆだねられてしまう登場人物の心情が書いえあるのはそれなりに興味深かったかな。
    映画観ると、もっと長い話だったかと思ったけど意外と短い。

    映像と文字の違いを今更感じたりして。

  • 神戸くんの登場が何だかうれしい

  • 伊丹刑事と岩月捜査官のやり取りが面白い。映画も観に行きたい。

  • 映画公開前に読了。終始伊丹さんと岩月君のいがみ合いが面白かったです。

  • 〈内容〉謎のデータがネット上にバラ撒かれ、削除された…。直後、一人の男の死体が発見される。東京明和銀行本店システム部の中山雄吾。ネットに不正アクセスし、機密情報を流した疑いで、マークされていた男だ。死体発見現場で、警視庁捜査一課刑事・伊丹憲一とサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬は出会う。殺人事件として犯人を追う伊丹、不正アクセス容疑の真相を追う岩月。二人はいがみ合いながらも、共に捜査を進めるが、目に見えない圧力に曝され、行き詰っていく…。背後に蠢く政官財の巨大な権力構造。浮かび上がる金融封鎖計画「X DAY」とは。

  • 映画見る前に読もう…ということで読みました。
    イタミンはイタミンなので、映像版を観るのが楽しみであります。

    物語としては、なんというか、終わりで終わっていないので、なんかもや~っとした感じですが。
    映像だといつもの相棒シリーズのように、もやもやしていてもうまくまとめてくれるのだろうか…。

全17件中 1 - 17件を表示

相棒シリーズ X DAY (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

相棒シリーズ X DAY (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

相棒シリーズ X DAY (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

相棒シリーズ X DAY (小学館文庫)の作品紹介

謎のデータがネット上にバラ撒かれ、削除された…。直後、一人の男の死体が発見される。東京明和銀行本店システム部の中山雄吾。ネットに不正アクセスし、機密情報を流した疑いで、マークされていた男だ。死体発見現場で、警視庁捜査一課刑事・伊丹憲一とサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬は出会う。殺人事件として犯人を追う伊丹、不正アクセス容疑の真相を追う岩月。二人はいがみ合いながらも、共に捜査を進めるが、目に見えない圧力に曝され、行き詰っていく…。背後に蠢く政官財の巨大な権力構造。浮かび上がる金融封鎖計画「X DAY」とは。

相棒シリーズ X DAY (小学館文庫)はこんな本です

相棒シリーズ X DAY (小学館文庫)のKindle版

ツイートする