明治かげろう俥―時代短篇選集〈3〉 (小学館文庫)

  • 32人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 山田風太郎
  • 小学館 (2013年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088137

明治かげろう俥―時代短篇選集〈3〉 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 序盤を過ぎた頃から面白くなる

  • 兇刃からニコライ皇太子を助けた2人の男が辿る運命を描いた表題作。
    不相応なカネは人を狂わせるのか。ラストも含めて素晴らしい。

  • 山風明治短編選集、最終巻は、明治ものを手がける以前の、たまたま(?)明治を扱った短編を集めたもの。

    しかしここで扱われている作品は、図らずも「時代の大きな事件の影で、その人生を破滅へと向かわせることになった人々の物語」が集められているように感じた。そのため、読んでて実にキツいものが多かった。

    それにしても、表題作の登場人物、向畑治三郎の本当どうしようもない人生の変遷を描き、最後に「この無類に好人物の、哀れな、罪のない男の幸福な晩年を祈りたい。」と表する、作者の度量の深さに驚嘆する。それとともに、その思いを裏切るかのようなラストの"史実"にもまたどうしようもない人間のありかたを思い知らされた。

  • 忍法帖シリーズ以前の初期時代小説が中心。

    「首」 井伊直弼の討ち取られた首をめぐる話。ラストの皮肉がきいている。

    「明治忠臣蔵」 思わぬところで思わぬ作家が登場。

    「天衣無縫」 題名からは想像できない、ちょっとバカバカしいような話。

    「絞首刑第一番」 哀しいすれ違い。

    「明治かげろう俥」 中篇。金は天下の回り物?

    「三剣鬼」 幕末三大"人斬り"が登場。

全4件中 1 - 4件を表示

明治かげろう俥―時代短篇選集〈3〉 (小学館文庫)に関連する談話室の質問

明治かげろう俥―時代短篇選集〈3〉 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

明治かげろう俥―時代短篇選集〈3〉 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

明治かげろう俥―時代短篇選集〈3〉 (小学館文庫)の作品紹介

傑作再び!幕末から明治を舞台にした傑作集

幕末から明治を舞台に描いた山田風太郎の名短篇を集成する作品集、第3弾。桜田門外の変を、討ち取られた井伊直弼の首の行方が転々とするなかに捉えた「首」。ロシヤ皇太子ニコラス2世が襲撃された大津事件で、襲った巡査の家族と皇太子の命を救った車夫たちの人生が交差していく「明治かげろう俥」。
ほかに、「明治忠臣蔵」「天衣無縫」「絞首刑第一番」「三剣鬼」の6編。さらに、これまで全集のみに収録されていた、日下三蔵氏による「山田風太郎明治小説〈人物事典〉」を加筆して収録した。
実在の事件や人物を素材にして、斬新な視点と解釈が施された作品の数々は、今なお褪せることがない輝きを放っている。

明治かげろう俥―時代短篇選集〈3〉 (小学館文庫)はこんな本です

明治かげろう俥―時代短篇選集〈3〉 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする