震える牛 (小学館文庫)

  • 2017人登録
  • 3.73評価
    • (136)
    • (391)
    • (259)
    • (41)
    • (8)
  • 310レビュー
著者 : 相場英雄
  • 小学館 (2013年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088212

震える牛 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 獣医師と産廃業者。接点がないと思われる二人の男が居合わせた居酒屋で強盗に殺された。当初は外国人による金品目当ての事件と思われていたが、粘り強い捜査の末 大手スーパーマーケットの次期経営者が浮かび上がり…

    BSEや食品偽装など、食の安全について考えさせられる。特に加工肉…安い出来合いの惣菜やファーストフード類の不気味さが今、なまなましい。

    パン一つ買うにも裏の表示を確認して出来るだけ自然に近いものをなるべく選んでいるが、便利な食生活の裏には大量の添加物や得体の知れない業者間のやりとりがある。
    言うまでもなく、身体は食べたもので作られていく。

    お話としてはやりきれないが、流通など様々な視点から説得力のある作品だった。

  • 偽装を題材にしたミステリー
    2年前の通り魔的と思われていた殺人事件を再調査していくうちに初動捜査不足・不備が判明し、
    事件の真相が明るみに。。
    タイトルからBSEは容易に想像できるが、偽装→隠蔽と政治・権力が見える。

  • いろいろ考えさせられる、秀逸な社会派ミステリーだと思う。

    が、欲求不満は拭えない。

    真相を暴き、犯人の自白までたどり着けたけど、証拠はどれも状況証拠のみで、確たる物的証拠はない。

    こんな状態で裁判を闘えるのかと思ったけど、そういう落とし所が待っていたとは。

    なんともやるせない結末だ。

    それにしても、大筋とは直接関係ないが、食肉加工業界で偽装工作があったのがバレた事件があったけど、改めて、自分が口に入れるものは大丈夫なんだろうかと考えてしまった。

  • 田川の再捜査で次々と浮かびあがってくる新事実。
    目撃証言に加え、事件関係者のつながりも徐々に明らかになっていく。
    外食産業にはいろいろとタブーが多いようだ。
    つい最近も、深夜に従業員がひとりしかいない状態で営業していたチェーン店が防犯上等の問題から深夜営業を自粛したばかりだ。
    すっかり飲食業=ブラック企業というイメージを持つにいたった経緯は、マスコミによる影響ばかりではない。
    店で提供される食事は安全なものだ…という無意識の信頼がある。
    そもそも危ないと思っていたらその店に行くことはない。
    どんなものを提供しているのか。
    一番いい方法は、実際に働いていた経験のある人間に聞くことだ。
    しかし、詳しく聞いてしまえば二度とその店には行く気にはならなくなることも多い。
    食品流通システムの影に隠された闇。
    田川の捜査は、それらをひとつひとつあぶり出していく。
    物語の中に詰まっていたのは、どうしようもない「支配する側」の論理だ。
    田川らの地道な捜査の結果、ようやく事件は解決する。
    だが、真相は闇に葬られ、罪のない人たちが犠牲となっていく。
    やりきれないけれど実際にもありそうな終わり方、にジワリとした冷たい感触を覚えた。

  • こういう話、新鮮で色んなことに気づく。
    殺人事件を追う警察と、大手スーパーの不正を暴こうと駆け回る強い女性記者。二つの話が見事に出会い、そこには現代社会が知らない間に抱えていた様々な問題点の絡まり合う恐ろしい結末が。
    ありうる。知らなかったけど、賢くならなきゃ。消費者として、踊らされるだけの存在になりたくない。なってはいけない。安さが正義ではない。
    チェーン店がこわくなる。画一的な大手が地方の温かい町を破壊する。
    最終的にもみ消される事実。

    震える牛。暴かれる実態に震えるのは、むしろ私たち。

  • 推理小説というより、現代社会告発小説と言った方がよいか。
    大型SCの功罪、とくに罪に焦点を当てて、地方の特色を排し日本全国の画一化、食品偽装等々。
    もちろん良心的な店もあるだろうが、読み終わったら、スーパーのハンバーグなど食べられなくなってしまった。

  • 取っ掛かりは、「居酒屋で二人が惨殺される」という事件だけど、そこから繰り出されるテーマは、食の安全を蔑ろにする行為、大店法の問題点、企業と警察の癒着と重厚長大。くず肉から、薬品を混ぜて加工品を作る機械についての説明…これ、フィクションですよね。リアル過ぎて怖くなった。

  • 秀逸。ビターさが良い。

  • 皆さんが感想に書かれているように、推理小説ではなく社会派小説?になるのだろう。
    物語や真相も面白いのだが、その背景にある社会的問題が読後も重くのしかかってくる。
    特に考えてしまうのは焼畑商業だ。大型ショッピングセンターができたことで恩恵を受けている人もいれば、不利益を被っている人もいる。問題ではあるし、地域の空気がなくなっていくことで、失われていく未来はあるだろう。
    ただ今までも同じことをしてきて、その上に現在があり、それらを選んできたのは消費者であることを忘れてはいけない気がする。資本主義経済の歪みは単純に糾弾できないな。

  • ドラマを見て原作を読もうと思いつつ、ドラマの内容も忘れた頃やっと読んだ。帯にある『これは、本当にフィクションなのか?』読みごたえのある一冊でした。もう一度ドラマも見てみたい。

全310件中 1 - 10件を表示

相場英雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
高野 和明
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

震える牛 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

震える牛 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

震える牛 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

震える牛 (小学館文庫)の作品紹介

平成版『砂の器』、連続ドラマ化!

警視庁捜査一課継続捜査班に勤務する田川信一は、発生から二年が経ち未解決となっている「中野駅前 居酒屋強盗殺人事件」の捜査を命じられる。初動捜査では、その手口から犯人を「金目当ての不良外国人」に絞り込んでいた。 田川は事件現場周辺の目撃証言を徹底的に洗い直し、犯人が逃走する際ベンツに乗車したことを掴む。ベンツに乗れるような人間が、金ほしさにチェーンの居酒屋を襲うだろうか。居酒屋で偶然同時に殺害されたかに見える二人の被害者、仙台在住の獣医師と東京・大久保在住の産廃業者。
田川は二人の繋がりを探るうち大手ショッピングセンターの地方進出、それに伴う地元商店街の苦境など、日本の構造変化と食の安全が事件に大きく関連していることに気付く。

【編集担当からのおすすめ情報】
WOWOW「連続ドラマW」にて2013年6月より、連続ドラマ化!
出演:三上博史、吹石一恵、小林薫ほか
子供たちが口にする加工食品は安全なのか?
地方都市は、なぜ衰退したのか?
日本中を震撼させた戦慄のミステリー、ついに文庫化!

震える牛 (小学館文庫)の単行本

震える牛 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする