エルメスの手 (小学館文庫)

  • 16人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 松尾清貴
  • 小学館 (2013年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (678ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088229

エルメスの手 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 難解とゆうか意味不明。
    これはどうゆう人向けの本なのか…
    萎えそう。

    追記 ストーリーに関係なさそうな話抜けばもっと薄くなる気がしますた

  • うーん。

  • 何とも難解なミステリー。まるで伝奇と哲学の迷宮に迷い込んだかのような作品。物語は帝国陸軍の秘密組織から始まり、事件は半世紀後に起こる。河川から見付かった複数の死体。ルーシー・デズモンドとは…

全4件中 1 - 4件を表示

松尾清貴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

エルメスの手 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

エルメスの手 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エルメスの手 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エルメスの手 (小学館文庫)の作品紹介

連続臓器摘出殺人――凄すぎるミステリ!!

東京都内で連続殺人事件が発生。発見された五遺体は、すべて内臓を摘出されていた。
捜査を進める警視庁捜査一課の代峰サチは、やがて被害者の全員がアイネクライスタという香水の愛用者であったこと、HIV陽性であったことを突き止める。
事件発生と同時に、警視庁内では謎の連続殺人を表す符丁〈ルーシー・デズモンド〉がささやかれ始めるが、端緒は戦時下の日本で極秘に組織された情報機関・八坂社会学研究所、別称ヘルメス会のある研究にまでさかのぼるものだった。
47万部突破のベストセラー『偏差値70の野球部』の著者による、凄すぎるミステリー! 犯人は単独か? 複数か? 動機は? 目的は? はたして読者はこの小説の意図に気がつくか?

エルメスの手 (小学館文庫)はこんな本です

エルメスの手 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする