圏外へ (小学館文庫)

  • 308人登録
  • 3.51評価
    • (7)
    • (18)
    • (13)
    • (5)
    • (2)
  • 21レビュー
著者 : 吉田篤弘
  • 小学館 (2013年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (600ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088250

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クラフト・エヴィ...
吉田 篤弘
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

圏外へ (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「ふたたび」の『圏外へ』
    文庫本では初めましての『圏外へ』。
    そうだ、そうだ、そうだったと確かめるような読書になった。
    一度通っただけじゃ覚えられない道をもう一度確認しながら通るような。
    そもそも一度で覚えられなかったのは、歩きながらきょろきょろし、通り過ぎた家のポストとかすれ違った人の髪型とか(すべて例えばの話)に意識を彷徨わせていたからで。
    今回もそうだ、そうだ、そうだったと思い出すのはそういう本筋でない部分が多かったような気がする。
    というより、この小説には本筋があるんだろうか?
    全ての道が曲がりくねり、ある時はジェットコースターのようにアクロバティックな曲線を描き、道を覚えるどころか自分が歩いているのか運ばれているのか分からなくなる。
    目的地なんて分かるわけもなく、頭は真っ白で目に映る景色に(景色を見せてくれる言葉に)時間を忘れて見入ることしか出来ない。
    終着点はいつの間にか現れ、心の準備をする猶予も与えられずにぽつんと置いてけぼりにされていた。
    でも何故か爽快。
    さみしいのに、爽快な気分。
    予想していたことではあったけど、まだまだ私は『圏外へ』の道を覚えてはいない。
    だからまた「ふたたび」ならぬ「みたび」歩こうと思う。
    きっと道なんて本当に覚えたいわけではなくて、ただもう一度(一度と言わず何度でも)歩きたいだけなのだろうけど。

  • 文庫で600頁近くなるとその分厚さにまずちょっと引くんですが(苦笑)、章立てが細かいので、読むのはさほど苦ではありませんでした。言葉遊びの類いは、なんだか80年代の小劇団の戯曲みたいなノリで、個人的には好きだし(笑)。文庫とはいえ装丁のスタイリッシュさは流石。

    ストーリーはとても説明しづらいけれど、ざっくり言ってしまえば作家である主人公(カタリテ)の内的世界の彷徨。現実なのか妄想なのか夢なのか劇中劇ならぬ作中作なのか、とにかく混乱させられるけれど、結局すべて主人公の内面世界での話だったのだと私は解釈しました。

    子供の頃好きだった北杜夫の『船乗りクプクプの冒険』をちょっと思い出しました。作者ではなく読者が本の中の世界に入り込んでしまうという話なら、エンデの『はてしない物語』とか、他にもたくさんありそうだし、作家が自分の作品の登場人物たちと出会うというのも、それ自体はそんなに目新しい題材ではないでしょう。
    最終的にフェリーニの『8 1/2』を引き合いに出しての大団円は、私も好きな映画なので上手いこと持ち込んだな~とか思いましたが、なんていうか、どうなんだろ、こういう構成や発想そのものが、作家として「反則」のような気も、ちょっとする。同業者が読んだら、共感するかそれとも「業界の暴露もの」(笑)として嫌悪されるか両極端なような。

    にもかかわらず、最終的に不思議なカタルシスがあったのは、きっと作者の「言葉」や「書くこと」に対する真摯な向き合い方、その誠実さが感じられたから。マイナス面をあげるとしたら「作家はこんなに苦しんで作品を生み出してます」という苦労話は、読者としてはそれほど知りたくなかったかなという点(苦笑)。それでもトータルで読み応えがあり面白かったです。あとからじわじわ効いてきそう。

  • 雰囲気はとっても好きなんだけど、なんにせよもーちっと簡潔にならんのかいな?と思ってしまうせっかちな私です。がくり。
    でも後半に行くに従ってペースアップしたかな。
    雲呑屋いいよねぇ…。

  •  物語論を小説にした作品。物語をどう始めどう終わらせるか、人称はどうするか、登場人物たちはどこで生き、はたして生き続けるのかどうか、言葉が生み出す微妙なニュアンスをどう考えるか、などなど。カタリテである主人公の生み出す虚構が作家の現実と混ざりあいながら進む物語論はどう終結するのかが気になる、最後まで面白い作品だった。物語を生み出す作家という仕事の大変さを思い知ると同時に、そういった苦労を重ねたのちにできた小説を読める読者の幸せを改めて感じる。

  • 難物でした。
    いつまでも終わらない夢の中を歩いているような感じ。
    作家が自分の小説の中と現実を行きつ戻りつ(いや、戻っていないかも?)しながら、語る事の意味や、書く事の意味を探っている…お話。
    言葉の遊びも多く、日本語ってすごいなと気づかされる。
    揉みほぐしのエジンバラ先生のマシンガントークが、自分的にはツボでした。
    …とはいえ…
    あんまり理解できなかったので、またあとで再読したいと思います。
    はい、「二度目」と言うのはそっけない、「ふたたび」読みたいですね。

  • あっちへ行ったり
    こっちへ行ったり

    あの人だったり
    この人だったり

    不思議な書かれ方の小説です。

    読んだ後には無性に『南』へ行きたくなるのと
    思わず美味しい雲呑屋を探したくなります。

  • 10/11 読了。
    ワンタン食べたい。

  • ついていくのが大変だったけど、こんな本今まで読んだことなかった。読み応え最高。

    文章量もそれなりにあるにも関わらず、そんなこと感じさせられなかった。

  • 書く人には、おもしろいのかも。読む専門の私は、ちと置いてけぼり感が。

  • 最初は、異次元に迷いこんだような感覚。そのうち、カタリテと一緒に、物語論とでもいうべき壮大な旅をしている気持ちになる。
    カタリテに生み出されながら、カタリテを育て、ときにはその背中を押してくれる愛すべき物語の登場人物たち。そして、彼らが発する言葉たち。
    どんなものにも「役割」と「詩」がある…円田さんのこの言葉は切なさと温かさと勇気に満ち、この作品を優しく包んでくれる。
    とても魅力のある作品だった。

  • エジンンバラ先生がかわいい。
    最後どんどんおもしろくなった。

  • 4週間かけて楽しませてもらいました。そうして多くの貴重なものを手に入れたように感じます。

    この作品を読了された方の好悪の情は、二分されるのかもしれません。支離滅裂とか、実験的とかの評価も間違いなくあるでしょう。

    私というひとりの読者、それもカタリテをかつて目指し、今「ふたたび」カタリテになろうと思い始めた男は、この稀有の経験に興奮しました。

    ここには、これまで数多くのヨミテが知りたい、見たいと思っていたことが、あるがままに記録されているのでした。それもできることならカタリテになりたいと願うヨミテにとっては、これまで望むべくもなかったことが、すべて。

    自分を見るための目も含めて、あらゆるものを見る目を求めるカタリテ。

    書き散らかしたままの登場人物の行く末を気にかけるカタリテ。

    語る言葉がすべて物語であるのがカタリテという仕事であるがゆえに、いつしか現実が夢に、夢が現実の世界に溶け出して、カタリテ自身もまた、物語の中の登場人物となる。

    言葉に導かれ、言葉に心を動かされて、やがてまた語り始める。

    これは、ヨミテが覗きこみたくてたまらなかった、カタリテの精神世界…物語が生まれるまでにカタリテの中で起こる現象のすべてが明かされているのではないでしょうか。

    私はこの作品を、物語が生まれる過程を虚飾も理屈っぽい説明もせずに映し出してみせたのだと思います。

    物語はかくして生まれ、語られる。

    そのことを心に置いて、もう一度読み直してみてください。何本ものストーリーがパラレルに走るところも、カタリテ自身が登場人物と接触することも、擬人化された言葉に諭され、導かれてゆくところも、小説が生まれる過程においてはごく当たり前の構想段階や表現技巧などが、可視化されているに過ぎないことがわかるはずです。

    夢が現実に溶け出し、現実が夢につながってゆくことなど、物語の成立には欠かせない要素なのではありませんか。

    私たちは、吉田篤弘の小説の方法を、作家自らの言葉で見せてもらったのだと思うのです。

    それにさえ気づけば、この物語は退屈でも支離滅裂でも実験的でもない、物語が生まれるまでの物語なのだと理解されるはずです。

    その証拠に、あちこちに吉田篤弘の過去の作品の、愛すべき登場人物が顔を出します。この作品が作家自身の脳内活動そのものなのですから、当然ではないのでしょうか。

    この混沌から、ひとつの物語は生まれるのですね。なんだかカタリテになる勇気が湧きました。

    思いのほかにするする読めて、不可解なところはありませんでした。やはり吉田篤弘は素敵です。

  • してやられた。

    言葉の持つ意味やら力やら、書くということやら、すごくいっぱい詰まっている。
    先に先に、結果を知りたくて、走りすぎてしまうけど、もっとかみしめて楽しみたい作品。
    あちこち、『確かに!!』と膝を打ってしまう表現があって面白かった。

    また、ゆっくり読み返したい。

  • 現実のことなのかお話の中のことなのか、誰が誰なのか、どこの世界の話なんだか、何がなんだかわからなくなってくるのだけど、この方独特の文章がわたしは大好きで、その世界に浸かっているだけで幸せを感じるんだよねぇ。今回も、楽しかった。

  • 書いていてスゴク楽しかっただろうなぁ。この物語を書いているうちは、楽しくってしかたなかったろうなぁ。でもその反面、辛かったろうなぁ・・・と想像してしまいます。夢と現実と妄想が入り乱れ、創作に行き詰ると、登場人物たちが勝手気ままに語り出したり、語り手自身がいつの間にか表舞台に出てきてしまったり、ストーリーは激しく展開し、書きたいことが次々出てくるのに、作者自身それを書き記す手が追っつかなかったのではないでしょうか?場面転換や、人称、視点の変化が著しく、もしかすると、じれったさのあまり口述筆記してもらうことを考えたかもしれませんネ。しかしながら、意識的に多用した〝ひらかな〟表記や〝カタカナ〟表記、同音異義語があったりして、聞き書きは難しいだろうなぁ・・・などと、余計な心配までしてしまいました。それにしても、作品の中で音さんと円田さんに再びお会いできて、なんだか嬉しくなってしまいました。こうなるともう読んでる自分自身もつい混乱してしまい、作品に張り巡らされた幾重もの仕掛けに、現実と創作の境界をつい見失いそうになってしまうのでしたぁ。書くことの楽しさと喜び、そして苦しさが、ヒシヒシと伝わってくる物語でした。が、全体に漂う寂しく哀しい雰囲気は、小説を書くということが、人生を生きるという行為に似通っているからかもしれません。ひとは誰もが語り手であって、同時に誰かの語る物語の登場人物なのですネ。そして、物語はいつか必ず終わってしまうのですネ。

  • 始めての吉田さんの作品。
    分厚かったので買うか迷ったけど、買ってよかった!
    もしかしたら私が今行きているのも誰かの物語の中だったりして、と思わせられる内容。

    個人的にはソボフルのあたりで少しだれてしまったかも。
    その後の南へ行くところからはスイスイ読めた。

    この人の作品をもっと読んでみたいと思った。

  • エッシャーの騙し絵とダリのシュールな世界を何乗かしたようなところで、どこが上やら下やらまったくわからないけどとりあえず進んでみようと行ってみたら、あら?いつの間にかというか、最初から元の場所だったみたいな。
    果てしなく終わらない600頁。読了したけど、完全にギブアップ。

  •  大スキな吉田篤弘さんの分厚い小説が出た♥とウキウキ読み始めたら、どうやら吉田さんが色々お疲れの頃の作品のようで、色々なことを試そう・考えようとしながら書いたかんじが伝わってきました。と、今こうやって私が考えたり書いたりしていることもおはなしなのかも。と、誰でも1回くらいは考えるのではないかな(?)ということが繰り広げられているところが面白かったです。

  • 作品なんだか、現実なんだか、不思議体験。
    脳みそフラットでないと、途中でギブアップするかも。
    でも、レギュラーの面子出てます。

  • タイトルに惹かれてなんとなく購入。
    漢字とひらがな、カタカナのバランスがユニークな文体にまず惹かれた。
    作家(カタリテ)と登場人物が交錯するメタ的な手法をとっているが、何処かとぼけた味もいい。

  • 祝文庫化!三浦しをんが解説を書いてるのかぁ、、、

    小学館のPR
    「小説家の頭の中をめぐる冒険!冒険!

    主人公は、「カタリテ」と名乗る小説家。書き出しで行き詰まり、書き続けることができなくなってしまう。そんななか、小説内の登場人物が、痺れを切らして「蝙蝠」に変身しながら新たな話を始めてしまったり、<南の鞄>という謎の巨大鞄から生まれた、過去形で予言をする「ソボフル」なる人物の壮絶な半生が突如長々と語られ始める。
     一方、ようやく自ら「語り」を再開させることになった「カタリテ」は、自らの作品世界に入り込んだ後、南を目指し、<エッジ>という名の作中人物や作家たちが集う奇妙な療養所に辿り着くのだが――。
     解説執筆は、三浦しをんさんです。」

全21件中 1 - 21件を表示

圏外へ (小学館文庫)に関連する談話室の質問

圏外へ (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

圏外へ (小学館文庫)の作品紹介

小説家の頭の中をめぐる冒険!冒険!

主人公は、「カタリテ」と名乗る小説家。書き出しで行き詰まり、書き続けることができなくなってしまう。そんななか、小説内の登場人物が、痺れを切らして「蝙蝠」に変身しながら新たな話を始めてしまったり、<南の鞄>という謎の巨大鞄から生まれた、過去形で予言をする「ソボフル」なる人物の壮絶な半生が突如長々と語られ始める。
一方、ようやく自ら「語り」を再開させることになった「カタリテ」は、自らの作品世界に入り込んだ後、南を目指し、<エッジ>という名の作中人物や作家たちが集う奇妙な療養所に辿り着くのだが――。
解説執筆は、三浦しをんさんです。

圏外へ (小学館文庫)はこんな本です

圏外へ (小学館文庫)のKindle版

ツイートする