踏んでもいい女 (小学館文庫)

  • 112人登録
  • 3.25評価
    • (5)
    • (11)
    • (15)
    • (7)
    • (2)
  • 14レビュー
著者 : 斉木香津
  • 小学館 (2013年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088472

踏んでもいい女 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私は凍花よりも好みだった。女同士のこういう心理わかるわーというのと、戦争の時どう生きるか。

    常に思っていて、たまに言ってみるけど、特に男性に理解されない考えが書かれていた。以下引用(文庫p207)
    きれいに死んでいこうとする人よりも、たとえ地べたを這いずりまわって他人に軽蔑されても、なお生に執着する貪欲さのほうが私はよほど美しいと思うわ。

  • え?驚愕?
    ミステリーでも何でもない。失敗。

  • まだ100年にも満たない昔、日本は戦争をしていた。
    普通に暮らしている場所が戦場になって、飛行機がたくさんの焼夷弾を落としたり機銃照射で多くの人が殺されていった。
    非戦闘員が住んでいるとわかっている場所を、何のためらいもなく「戦争だから」という理由だけで攻撃できる。
    それこそが戦争の悲劇なのかもしれない。
    戦時下であるにも関わらず悠々自適の生活を送る貴子。
    みんなが食べるものにも困っているときに、働くわけでもなく、ただ食べて絵を描くだけの生活。
    雑草を摘み、ひよこを育て、真砂代が祖父との生活のために苦労しているときも、貴子がいる家だけは別世界だった。
    掃除を引き受ける代償が貴子からのお礼の言葉というのが面白かった。
    食料を分けてもらえればどんなに楽だっただろうに、真砂代の誇りがそれを許さなかったのだろう。
    徐々に近づいていく二人の距離。
    貴子にとって真砂代が特別な存在だったことは間違いない。
    気づくのが遅かったけれど、真砂代にとってもそれは同じだったことに少しホッとした。
    軍事政権にとって危険な思想も、平和な日本ではごく当たり前の考え方だ。
    結局は支配する人たちにとって邪魔なものが、その時代の危険思想になっていくのだろう。
    戦争、生きるということ、友情、誇り・・・。
    たくさんのことを考えさせてくれる物語だった。
    ただひとつ、文庫の裏表紙にあるあらすじの最後の一文。
    「辿り着いた真相に、あなたは必ず驚愕する」。
    売らんかなの精神で多少の煽り文句は必要なのはわかる。
    でも、いくらなんでもこれはないだろう・・・と思ってしまった。
    この物語の良さを何もわかっていない人が書いたとしか思えない。
    何とももったいない。

  • 戦時中の横浜で暮らしている19歳になる真砂代はパッとしない容姿の性格も地味な娘。ある日紹介で見合いをするが、その男はろくに話もせず、貴子という見知らぬ女性と比較して席を立ってしまう。貴子は自分は踏んでも構わない女だと皆から思われていると悲しく思った。
    ある日ひょんな事で貴子の家を掃除する役割をすることになった真砂代は、その贅沢で勝手な貴子に反発を覚えながらも、彼女の描く絵や、結婚の馴れ初めなどに触れる度に次第に惹かれていくのを感じていた。
    そんな刺激ある毎日を送るうちにも、本土に戦火は迫り彼女達の運命を大きくかえていくのでありました。

    とても良い本でしたが、あらすじでわざと衝撃のラスト的な事書いてあって感心しませんでした。全然驚愕しないし、そもそもそういう趣旨の本ではなくて人間ドラマなのです。惹句に惹かれて読んだ人ががっかりしたりしたら、本が可哀想です。

  • タイトルに惹かれて。
    カバー絵や裏表紙の説明書きを見た感じでは今時の「踏まれやすい女あるある話」かと思いましたが、そうではなくて戦時中のある魅力的な女性を描いた物語でした。

    貴子の発言や思想には現代にも通じるものを感じ、うなずける部分が多々ありました。
    しかし、そんな独自の思想を持っていた彼女も戦火の下には無力で、たくさんの人と同じように惨い亡くなり方をしてしまった……。

    色々な意味で期待を裏切られた作品でした。

  • 151016

  • 2014/9/24読了

  • 最初、タイトルの意味を踏んでも→いい女(踏まれても尚)と勘違いしました。。。
    踏まれてもいいと思われている、みじめな女、という意味でしたが、主役はどちらかというと「貴子」という風変わりな美人に重点が置かれているような気がしました。
    時代背景が現代でなく、戦時中がメインで、とろいと言われていた真砂代が貴子と出会って意識に変化が。絵ばかりかいて人に家事をさせて、贅沢ばかりが目につき、自分勝手に見えて高飛車な貴子に反感を持ちつつも最後は好きになっている。
    現代を生きる私からすると、真砂代のほうが最初からあまり好感を持てない気がした。
    対照的な二人を描いているので、どうなっていくのか先は気になりながら無事に最後まで読み終わりました。

  • 予想とちょっとちがって淡々と進むお話だった。

  • 貴子がいい

全14件中 1 - 10件を表示

斉木香津の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
東野 圭吾
斉木 香津
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

踏んでもいい女 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

踏んでもいい女 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

踏んでもいい女 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

踏んでもいい女 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

踏んでもいい女 (小学館文庫)の作品紹介

大ヒット作『凍花』に続く文庫ミステリー!

真砂代は、横浜で銭湯「くじら湯」を営む祖父と二人暮らしをしている。自分の容姿には、どうしても自信が持てない。知人の仲介で望みもしない見合いをしたところ、ほとんど話もしないうちに相手の男性は席を立ってしまった。みんな自分のことを傷つけても踏んづけてもかまわないと思っているように感じてしまう。
見合い相手には、ずっと思い続けている貴子という年上の女性がいるらしい。真砂代はひょんなことからその貴子と知り合い、日中の限定で家事を手伝うようになる。

踏んでもいい女 (小学館文庫)はこんな本です

踏んでもいい女 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする