相性 (小学館文庫)

  • 40人登録
  • 3.31評価
    • (0)
    • (5)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 三浦友和
  • 小学館 (2013年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088540

相性 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

全5件中 1 - 5件を表示

相性 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

相性 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

相性 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

相性 (小学館文庫)の作品紹介

三浦友和が半生を振り返った大ベストセラー

結婚30年、俳優40年、人生60年。俳優・三浦友和による初めての自伝的「人生論」。山口百恵との結婚、家族の絆、演じるという仕事。夫として、父親として、俳優として、少年時代から、還暦までの半生を振り返った大反響ベストセラーの待望の文庫化。夫婦とは何か、家族とは何か、仕事とは何か。さりげなくも独特な三浦流の人生哲学が満載。文庫版だけの最新特別インタビューも収録。「私は、素晴らしく相性の合う女性と出会い結婚できたといえる。出会いから30数年倖せに暮らせているのだから、たぶん勘違いではなさそうだ。私たち夫婦は本当に喧嘩をしたことがない。共に喧嘩で引きずる空気感が嫌いなのと、喧嘩をして初めて深くわかり合えるなどという説を、はなから信用していないからだと思う。夫婦喧嘩は犬も喰わないのだ。」(まえがきより)

【編集担当からのおすすめ情報】
発売直後から話題が沸騰し、数多くのメディアでも取り上げられ、中国版も発売された大ベストセラーが待望の文庫化。文庫版最新インタビューでは、妻のこと、二人の息子のこと、本書の反響に思うこと、還暦を迎えての想いなど、これまで一切語ることのなかった内容が淡々と語られています。還暦という節目を迎えた大人の男の魅力、覚悟が、さりげなくも、ズシリと伝わってきます。

相性 (小学館文庫)のKindle版

相性 (小学館文庫)の単行本

ツイートする