彼女との上手な別れ方 (小学館文庫)

  • 508人登録
  • 3.42評価
    • (27)
    • (48)
    • (73)
    • (18)
    • (6)
  • 58レビュー
著者 : 岡本貴也
  • 小学館 (2013年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088557

彼女との上手な別れ方 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いつ
    死んじゃうか
    わからないんだから

    自分の
    やりたいことは
    やっておきたい

    毎日
    100点な日なんて
    ないけど
    合格点が
    あげられらような
    ことしたい。

    2014.11.16

  • 交通事故によって亡くなった4人の幽霊を成仏させるために
    奮闘する主人公のお話。
    最初はお金のためだけに動いていた主人公だったけど、
    一人、二人と成仏させていくうちに
    だんだん人とのつながりのよさに気づいていくところがよかった。

    深くかかわればかかわるほど、傷つくことも多くなるし
    そんなのごめんだと思っていたけど、
    そこにはお金では買えない暖かさがあったんだな。

    映画化が楽しみ。

  • あり得ない話なだけに、色んなことがファンタジー要素満載で単純に楽しめた。そして泣けた。
    子供との関係が嘘っぽくなくていい。
    映画もいつか見てみたい。テレビでいいので。

  • オムニバス形式の短編に近い作品になっている。内容は時系列で繋がっており、読み進めるたびにほっとするような、寂しいような気持ちになった。
    最初の話で主人公が死んだときはどうなることかと思ったが、なるほど、そうくるかという感じ。

  • 人は様々な人、モノとの出会いによって、人生のレシピが変わるものなのだということを読んだ後に思いました。

  • 自分でなぜこの本がうちにあったのかわからないという不思議な一冊。誰かにもらったのかポップ読んで買ったのか。

    久しぶりに新しい作家の本だったが読みやすかった。あっと驚く場面もあったし。

    ちょっと主人公が恋に落ちるという展開は安易すぎな感じもしなくはないがすらっと読めるのがよかった。

    久しぶりの読書。本当、読書しなさすぎてだめ。

  •  ミステリーではないし、伏線と回収というお決まりを期待するのは間違っているのかもしれませんが、せめて車に撥ねられ三回転して頭を強打したガジロウが無傷なことと、意味深な序文の説明ぐらいは必要じゃないかなと思いました。一読しただけではありますが、そのふたつは落としどころが見つからなくて正直途惑いました。書く人の中ではつながっていることだと思うので、多少くどくなっても伝わるようにしてほしかったです。
     文章には無駄なクセがなくて心地よく読めました。また、不本意な最期となってしまった4人が、成仏の間際に大切な人の前に姿を見せることができるという展開がきれいでまとまっていると思いました。あと解説にもありましたが、冒頭部分が見事でした。ガジロウの置かれた境遇や性格の表現がうまいなーと思いました。
     まあでも、感情が揺さぶられたかと問われれば、うーんって感じですねー。

     ついでにもうひとつ。固有名詞が人物によってカタカナと漢字に分かれていたので、幽霊かそうでないかで存在感に差をつけようとしているのかな、とあたりをつけて読み始めました。しかし、すぐにシゲボウさんとヤマカツさんが現われます。漢字は大切な人たち限定かと思います。しかし、またすぐにジョニーさんが明珍と名乗りだし、タツさんはト書き中でもほぼタツさんの様子。ふつうこういうことするならはっきりした意図があるものだけど、考えすぎなのかなー。

  • タイトルは軽い感じだけど、なかなかどうして。いい意味裏切られた。後半の主人公の心の変化が激しくてちょっとついて行けないところもあったけど、感動に包まれたいいエンディングだと思う。

  • 表紙買いしてずーっと放置してたのをこないだ読了。評判良くて期待してた割には…て感じ。ふつうにおもしろかった。「タイトルの意味が、読み終わるとわかる!」って楽しみにしてたのに、読み終わっても特に驚きもすっきりもせず… うーん。期待しすぎた!キャラクタはみんな可愛かったです。

  • 2014年読了

全58件中 1 - 10件を表示

岡本貴也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

彼女との上手な別れ方 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

彼女との上手な別れ方 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼女との上手な別れ方 (小学館文庫)の作品紹介

でも、それは最高の愛し方。

チケットを違法に高値で転売することを生業とするガジロウは、金と女がすべての冷徹な遊び人だ。交通事故がきっかけで、願いを叶えてくれたら預金通帳の中身をすべてくれるという四人(女三人男一人)と出会ったガジロウは、いいカモを見つけたと小躍りする。しかし、願いは四人それぞれで無理難題ばかり。それでも大金を得るためと奔走するガジロウに、やがて変化が訪れ、物語は最後、想像すらしなかったクライマックスを迎える。
タイトルの意味を知ったとき、きっと大きな感動に包まれます! 読み手の予想を鮮やかに裏切る、最高に素敵な物語!!
「参りました!」からはじまる解説を書いてくださったのは、書評家の吉田伸子氏。
「これまでに体験したことのない読後が待っていました」などなど全国の書店員さんも絶賛!



【編集担当からのおすすめ情報】
映画化決定! 舞台の脚本・演出を手がける著者だけに、展開やテンポはお見事。笑えます、そして思いっきり泣けます。

彼女との上手な別れ方 (小学館文庫)はこんな本です

彼女との上手な別れ方 (小学館文庫)の単行本

彼女との上手な別れ方 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする