銀座ナイルレストラン物語 (小学館文庫)

  • 29人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 水野仁輔
  • 小学館 (2013年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088571

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カーソン マッカ...
マーカス デュ・...
有効な右矢印 無効な右矢印

銀座ナイルレストラン物語 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 銀座の老舗レストラン「ナイルレストラン」の初代から現在までの物語。

    初代は意外にも「インド独立運動の闘士」。
    知らなかった。
    大躍進を遂げた二代目の物語もおもしろい。
    「超自信家」の二代目だが、やはり努力の人である。


    実はいまだに食べたことがないのだが、機会があれば行ってみたい。

  •  店前には何度も行くも一度も入ったことのない、超有名店の歴史ドキュメンタリー。知らないことばっかで興味衰えず読み切り。濃いキャラのオーナー一族と、多くのシンパが集う古き良き時代の風景~現在に至るまでを丁寧に記述。
     ほんとに今度こそ食してみたい、と誓う日。レストラン繁盛記としてはちょっと異色(個人的話題中心で、教科書的コメントは少ない?)。

  • ナイルレストランについての本は何冊がでていますが、これは外部からの目線でのドキュメンタリー。
    作者は東京カレ〜番長水野仁輔。
    ナイルさん自身のキャラをうまく表現しながら、日印関係の歴史もさらりと読みやすくまとめているの良い。
    色々と警察関係の方が再建時に立ち回ったようだが今だとグレーどころの話ではないような…。

    とにかくムルギーランチが食べたくなる。

全4件中 1 - 4件を表示

銀座ナイルレストラン物語 (小学館文庫)の作品紹介

日本最古のインド料理店の知られざる歴史

リニューアルした歌舞伎座の前にあるインド料理店『ナイルレストラン』。日本で最古のインド料理店の三代に渡る歴史を繙きつつ、日本のカレー文化の歩みを明かす。カリー番長水野仁輔氏渾身のノンフィクション作品。

銀座ナイルレストラン物語 (小学館文庫)はこんな本です

銀座ナイルレストラン物語 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする