闇を駆けた少女 サム・ドライデン シリーズ1 (小学館文庫)

  • 20人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Patrick Lee  田村 義進 
  • 小学館 (2014年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (493ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088632

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

闇を駆けた少女 サム・ドライデン シリーズ1 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2014年8月小学館文庫刊。少女を守る特殊部隊出身の主人公の活躍が面白い。ラストの、政界の有力者40人に事実を公表することで、少女を守る保険とするくだりだが、これで、効力があるのか?と考えてしまいました。

全1件中 1 - 1件を表示

闇を駆けた少女 サム・ドライデン シリーズ1 (小学館文庫)の作品紹介

ジェットコースター・スリラー、第1弾!

午前3時、サム・ドライデンは霧の立ち込める遊歩道を走り始めた。少女は彼と同じ時刻にその道を逃げていた。彼女の名はレイチェル。少女はここ2ヶ月の記憶だけを残し、名前以外のすべての記憶を失っていた。
二人は遊歩道の暗い一角で出会った。男は少女に救いの手をさしのべ、一緒に逃げ始める。二人を追うのは、少女を殺そうと消音装置付きのサブマシンガンで武装した6人の男たち……。
SFテクノスリラー〈ブリーチ〉3部作の作家パトリック・リーが描いた、冒頭から結末までスロットル全開に疾走するノンストップ・ジェットコースター・スリラー、シリーズ第1弾!

【編集担当からのおすすめ情報】
ワーナー・ブラザが映画化権を獲得!期待の新シリーズです。

闇を駆けた少女 サム・ドライデン シリーズ1 (小学館文庫)はこんな本です

ツイートする