金米糖の降るところ (小学館文庫)

  • 947人登録
  • 3.65評価
    • (26)
    • (74)
    • (63)
    • (11)
    • (1)
  • 80レビュー
著者 : 江國香織
  • 小学館 (2013年10月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088663

金米糖の降るところ (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江國ワールド全開だ。
    というのが第一の印象。
    常識の枠なんて取っ払ってしまった、言ってしまえばはちゃめちゃな人々の物語なのに、どうして静けさが漂ってるんだろう…といつも思う。

    佐和子(カリーナ)とミカエラ(十和子)という、日系アルゼンチン人の姉妹。ふたりは幼いころから仲が良く、何でも共有しあって生きてきた。付き合う男でさえも。
    しかし佐和子が初めて「共有したくない」と言い出した男が達哉で、佐和子は彼と結婚して日本で暮らし、ミカエラはアルゼンチンに戻って暮らし、離ればなれになってから20年近くが過ぎた。
    そして。

    恋慕の感情に突き動かされるように行動することもあるけれど、愛情と舌打ちの違いが分からなくなって、どちらかというと消極的な衝動で行動を起こすこともある。
    どこか醒めていて大人しい佐和子と、奔放で行動的なミカエラ。正反対に見えるふたりだけど本質は似通った部分がある。

    全てを悟っても静かにミカエラを許す姉の佐和子と、ミカエラの娘・アジェレンの恋愛がとくに印象的だった。
    アジェレンの恋は恐らく痛手になるのだろうけど、若いうちに一度は経験しておいたほうがいい。自分にはこの人しかいないし、相手にとっても自分は誰よりも必要不可欠な存在だと信じて思い込むこと。たとえそれが違っていたとしても。

    佐和子の夫・達哉もとんでもない男だけど、登場人物の中ではいちばん普通の感覚を持った人間で、こういう存在が登場するからこそはちゃめちゃな物語が成立するのかもしれない、と思った。

    そしてこの物語に「金平糖の降るところ」という童話みたいなタイトルをつける感覚に感服。
    物語中の、とてもロマンチックなエピソードから。

  • 「会えないあいだ、おなじ本を読もう」「それを読んでいるあいだは、おなじ場所にいることになるから」

  • まともな人が全然出てこない。さすが江國さんワールド。

  • あいかわらず空恐ろしいほどに甘い残酷さを軽やかに描かれる。
    恋も愛情も夫婦という枠組みも倫理も羽ほどの重みももたず、そう在れることと強さと孤独のまさに羨ましさよ。

  • ああ、何も感じない人だらけ。
    もう嫌になるわ、登場人物を通してわからせられる自分の穢さ。江國さん。一体なにを。
    読後は、安全で清潔な恋(そんなのあるかしら)をしたいと思った。

  • 愛ではないその何かが、愛より劣るものだと誰に言えるだろう。佐和子とミカエラ、たっちゃんとたぶちん、アンジェラ

  • けっこうなボリュームでどこかで何か面白い展開があるのかも?と思って最後まで読んだけど取り立てて何もなく。結局この姉妹は何がしたかったのか?と思うし、淡泊すぎた夫婦関係に浮気相手との新しい生活に。何だかよくわからないまま終わってしまった。

  • 佐和子、ミカエラ 姉妹
    アジェレン 娘
    達哉 佐和子妻
    田渕 佐和子不倫相手
    ファクンド アジェレン恋人、ミカエラ上司
    マリア ファクンド妻

  • 単行本を図書館で読んで、しばらくずっと「また読みたい」と思ったので文庫を購入。
    アルゼンチンのステーキを食べたくなる。ワインも飲みたくなる。。

  • 日系人の町で育った姉妹、佐和子とミカエラ。二人には、少女の頃、恋人を〈共有する〉事と言うおかしな誓いがあった。
    佐和子は、大学で知り合った達也と結婚。
    ミカエラは、父親のわからない娘アジェレンを産む。 実は、佐和子が姉妹で〈共有する〉事を拒んだ、唯一の男だった。
    自由奔放な達也を許し、アジェレンは、達也の子供では?と思って生活を送っていたが、離婚を決意、昔の教え子(田渕)と再婚。
    アジェレンは、ミカエラの上司(ファクンド)と不倫。それを知らされたミカエラは、会社を辞めてしまう。
    恋の形は、色々なのは、分かるがどの形も、応援出来ないな〜

全80件中 1 - 10件を表示

江國香織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

金米糖の降るところ (小学館文庫)に関連するまとめ

金米糖の降るところ (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

金米糖の降るところ (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

金米糖の降るところ (小学館文庫)の作品紹介

姉妹は恋人を<共有すること>を誓い合った

アルゼンチン・ブエノスアイレス近郊の日系人の町で育った姉妹、佐和子(カリーナ)とミカエラ(十和子)。十代の頃、ふたりはいつも一緒にいて、互いの恋人を<共有すること>をルールにしていた。
古風で聡明な姉の佐和子は、留学先の日本で出会った達哉と結婚し、東京で暮らし始める。佐和子は達哉が共に生きたいと願った唯一の女であり、ミカエラは達哉に結婚を申し込んだ唯一の女だった。複数の飲食店を経営する達哉の周囲から、女性の影が絶えることはない。東京という場所から距離を置くために、佐和子は所沢の一軒家に引っ越した。
一方、気が強く奔放な妹のミカエラは、佐和子を追って留学した日本で妊娠し、アルゼンチンに帰国して父親の不明な娘・アジェレンを出産する。シングルマザーとして旅行代理店で働くミカエラにとって、アジェレンは大切な宝物だ。しかし、アジェレンには母親には言えない恋人がいた。
ブエノスアイレスと東京――華麗なるスケールで「愛」を描いた長編小説。



【編集担当からのおすすめ情報】
両親とも、友達とも、恋人や夫とも違う「姉妹」という特別な存在。これは、強い絆で結ばれた姉妹の物語です。解説は、作家の綿矢りさ氏。

金米糖の降るところ (小学館文庫)の単行本

ツイートする