限界集落株式会社 (小学館文庫)

  • 1684人登録
  • 3.71評価
    • (121)
    • (284)
    • (214)
    • (37)
    • (9)
  • 227レビュー
著者 : 黒野伸一
  • 小学館 (2013年10月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (473ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088670

限界集落株式会社 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これよかったー
    黒野真一先生。お初にお目にかかりました。

    題名がもう、結構興味深いジャンルです。
    田舎のオバァ達の、かわいらしい事請け合い。

    農業には農協・漁業には漁協。
    そういうのもう、見直す時期デスヨネきっと。ハイ。
    出来た古きには画期的だったかもしれんけど
    時代はうつる・時は流れる人は動く。
    特に今の時代は進歩が速いから…
    良いところと悪いところ、どんなモノにも有るけれど
    だからこそ、転がり続けなければ。

    第一次産業、もっと大事にされなくちゃイケナイ。
    いつもおいしいお米や野菜を有難く頂ける
    いつも新鮮なお肉やお魚を有難く頂ける
    そういうのがニッポンの良いところ♪

    こんな風に上手くいったら良いな。
    読んでて爽快感溢れるお話です。

  • 経営コンサルタントの醍醐味が見れる本でした。
    なんでも仕事はやりようですね。

  • 起業のためにIT企業を辞職した多岐川優が人生
    の休息で訪れた故郷は限界集落といわれる過疎
    と高齢化のため社会的な共同生活の維持が困難
    な土地だった。優は村の人たちと交流するうち
    に集落の農業経営を担うことになる。集落の消
    滅を憂う老人たち、零細農業の父と娘、田舎に
    逃げてきた若者たちなど、かつての負け組が立
    ち上がります。過疎、高齢化、雇用問題、食糧
    自給率など日本に山積みする社会的不安を一掃
    する逆転満塁ホームラン地域活性エンタテイン
    メントです。
    反町隆史さんが主演でNHK土曜のドラマでド
    ラマ化するみたいなので観るのが楽しみです。
    続編もあるようなので読んでみようと思いま
    した。

  • 過疎の限界集落を農業法人化して再生するという話。
    農業には何の興味もない元銀行員のエリート男性がひょんなことから親の出身地である農村再生に乗り出す所謂お仕事小説で、都会と田舎、若者と老人の感覚の違い、問題が起きても最後には解決するところなど、お約束感がある流れですが、物語として面白いのでリラックスして読めました。

  • 潰れかけ(!)の村に一人の若者がやってきた。
    父がこの村の出身というだけでやってきた。
    長居するつもりなんてない、気分が晴れればすぐに出て行くさ。
    そんな軽い気持ちでいたのに、いつのまにか超過疎の村の再生に乗り出してしまう。。。
    冷たいつもりでいても根っこは暖かい主人公の奮闘劇。
    全国の過疎村にこんな若者がいるともっと田舎も活気が出るのかな。

  • 過疎地と化した村に、農業法人を立てることになり、発展させるために手を打つ、娯楽作品。
    農業の収益性など知らなかった面が見えたことはありがたい。小説だからうまく行き過ぎではあるが、安心した娯楽作品として満足。

  • ・農協を通さず、直に業者と周年契約を締結できれば、
     無駄な作付はしなくて済む。価格も自由に設定できる。

    ・不格好な野菜をキャラクターに。

  • 先日『コメをやめる勇気』を読んだ後なので、あ、リアルにリンクする部分が多いなと思いながら読み進めました。
    ビジネスを考える上でも、仕組みを理解するのに役に立つお話ですね。
    コミュニケーションを深めることの大切さ、諦めないことの大切さ、どんな難題でも解決策はあるのだと信じて進めると、回りも心をひとつにすることができるんだっていう、ほんわかした気持ちにさせてくれました。

  • 読みやすく痛快な小説。
    ……だけど、いくつかツッコミどころもあるかな。

    まず主人公が優秀過ぎる、というか
    その経歴でそんなにうまくいくもんなの?という疑問がひとつ。
    苦労した描写があまりなく、
    主人公が戦略を立案したら、いつの間にかトントン拍子に事態ががうまく転がっている。
    もともと農業をやっていた方に対するリスペクトも
    あまり感じられない(文中で後半フォローされてはいるが)。
    また、ちょいと書いてみたキャラクターマンガが
    80万部も売れるものか……?
    よほどコミックとして戦略も立てないと
    到底実現できない部数じゃないだろうか。

    次に、美味しいところを主人公がすべて持っていってしまう、
    というキャラクターに対する疑問もある。
    村のもともとの住人であるメインヒロインの美穂や
    もうひとりのヒロイン?であるあかねは、
    ある意味ステレオタイプで記号的な女性像になってしまっているし、
    どんな人間なのか最後までよく見えなかった。
    また、そのほかの村の住人たちは、完全に主人公の引き立て役。

    そんなところから、素直に物語に入りづらかった。
    とはいえ、題材はユニークだし、サラッと読むには楽しめるかな。

  • 出張帰りの東北新幹線で読了。
    久し振りにこんなにつまらん小説読んだ…。いつおもしろくなるんだろうと読み進める小説の辛いことといったら…涙

全227件中 1 - 10件を表示

黒野伸一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
池井戸 潤
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

限界集落株式会社 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

限界集落株式会社 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

限界集落株式会社 (小学館文庫)の作品紹介

地方書店発ベストセラー、遂に文庫化!

「限界集落」、「市町村合併」、「食糧危機」、「ワーキングプア」、「格差社会」などなど日本に山積する様々な問題を一掃する、前代未聞! 逆転満塁ホームランの地域活性エンタテインメント!!
起業のためにIT企業を辞めた多岐川優が、人生の休息で訪れた故郷は、限界集落と言われる過疎・高齢化のため社会的な共同生活の維持が困難な土地だった。優は、村の人たちと交流するうちに、集落の農業経営を担うことになる。現代の農業や地方集落が抱える様々な課題、抵抗勢力と格闘し、限界集落を再生しようとするのだが……。
ルールは変わった!
老人、フリーター、ホステスに犯罪者? かつての負け組たちが立ち上がる!!ベストセラー『万寿子さんの庭』の黒野伸一が、真正面からエンタテインメントに挑んだ最高傑作! 地方書店発のベストセラー待望の文庫化!!新しい公共がここにある。

限界集落株式会社 (小学館文庫)の単行本

限界集落株式会社 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする