私たちには物語がある (小学館文庫)

  • 369人登録
  • 3.69評価
    • (13)
    • (34)
    • (31)
    • (2)
    • (1)
  • 49レビュー
著者 : 角田光代
  • 小学館 (2013年10月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088687

私たちには物語がある (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブクログのフォロワーさんが自分も読んだことのある本のレビューを書いていると、とてつもなく嬉しくなってしまうのだが、この本もまさにそんな気持ちになった。
    角田さんが新聞などに載せられた本の書評と本に纏わるエッセイ。読みたくなるような本もいっぱいで、またブクログの「読みたい」本が増えてしまった。
    それにしても、角田さんという人は「長らく置いてあった本をようやく読んだ」やら「サイン本と書いてあったので思わず買ってしまった」やら…なんだか親近感が湧いてしまったなぁ。

  • 祝文庫化

    小学館のPR
    「本好きの作家がつづる、心躍る読書エッセー

    ひとりひとりの人生が重なり合い、関わり合っただれかの時間が縫いつなげられ、無限へ、永遠へと広がっていく。本が、物語がある世界とは、なんとすばらしいのだろう。
    この本は、まるごと物語にのみこまれることの至福に満ちた、すべての本とすべての本を必要とする人へのラブレターだ。
    著者は語る――「収録してある本はほとんどすべて、読みたくて読んだものであり、読んでみておもしろかった本ばかりだ。こんなにも世界にはたくさんの本がある。私はこれらの活字を追いながらじつに膨大な、幸福な時間を過ごしてきた。その幸福な時間が、この一冊には詰まっている」」
    (単行本)
    「人気直木賞作家による、最高の読書案内!

    小説はもとより、エッセイの名手でもある角田光代さん。
    本書は、幼い頃から活字を追いかけ、膨大な、そして幸福な時間を過ごしてきた彼女の「読書にまつわるエッセイ」と、さまざまなジャンルにわたる「物語」への愛に満ちた書評からなっています。
    物語を見渡す、作家ならではの観察眼。そして読書家としての、物語に向ける誠実な愛情。物語に深く沈みこむことの幸せとまだ見ぬ書物との出会いの高揚感を、教えてくれます。
    角田さんは「あとがき」に、こう書いています。
    「こんなにも世界にはたくさんの本がある。私はこれらの活字を追いながら、じつに膨大な、幸福な時間を過してきた。その幸福な時間が、この一冊には詰まっている。
    けれど世界にはもっともっと本がある。本を読むことで、笑ったり泣いたり怒ったりざわざわしたりどきどきしたりうっとりしたり、これだけゆたかに感情を揺さぶられてきたけれど、また別の方法でふれてくる本が(略)まだまだ多くあるのだろう。そう思うと、本当に途方もない気持ちになる。」そして、「紹介した本のなかの一冊でも、おもしろそうと思って手にとっていただけたら、こんなにうれしいことはありません。これからもともに、本のある世界で愉快に暮らしていきましょう」と。」

  • 角田さん曰く「読書感想文」とのことだけど、読書愛溢れる書評集。自分が全然知らなかった作家さんの本や、最近ご無沙汰している作家さんの本など、読みたい本が増えてしまった。時間や金銭面などで制約はあるものの、自分の好きな本を読むことができるって幸せなことなんだなあって気付かせて貰えました。私も読書ハイ体験してみたい!

  • 角田光代さんの作品を読むのは4冊目。ご本人曰く感想文集とのこと。とても素敵な感想文でした☆角田さんの本への愛情がよく伝わってきます!最初の交際履歴から、あとがきまで素敵♪角田さんがそれぞれの作品を読み素晴らしい時間を過ごして来られたのがわかり、本当に読書を楽しんでいる時間は幸せな時間だなぁと改めて思いました!約150作程を紹介されていてその中で既読の作品は4作しかありませんでした^^;でも読んだことがある好きな作家さんも多数紹介して下さってて嬉しかったです!読みたい本が色々増えました☆とても良かったです♡

  • 角田さんの本に関するエッセイと感想文集。
    川端康成、尾崎翠から、伊坂幸太郎氏、三浦しをん氏等、実に様々なジャンルの本の感想があり、今後の本選びの参考にしたい。

    太宰治の『斜陽』で、10代の頃全く理解出来なかったのに、30代半ばに再読して、その世界観にのめり込んだエピソードにとても共感した。
    サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』のホールデンのことをパンクだとし、大人になるための通過儀礼と言い切る。
    若い頃、好きな男の子が『ライ麦畑……』を読んだことがないと分かり、彼に対する想いが急激に冷めたエピソードには笑った。

  • 角田さんの書評が集まった1冊でしたが読んだ本や、ちょっと気になっていた作家さんの書評があって新たな発見がありました。

  • なんて希望に満ちたタイトル。とてつもなく大きな味方を得たような気持ちになる。
    面白くなかったらやだな、という理由からあまり新しい作家に手を出す勇気がなかったけれど、著者の読書感想文集にはあらゆる作家の多様な作品の魅力がぎっしり詰まっているので、読みたくなった本をメモしながら読んだ。熱意がこもった読み応えのある読書感想文だった。
    読みたい本が大量になってしまって大変。とてもうれしい。

  • 「書評集・感想文集(角田氏曰く)」の類は、ついつい買ってしまって、新しい本に出合うきっかけでもあったけど、ここ最近は少し食傷気味で、なるべく手に取らないようにしている。

     この本も数年前に手に入れて、途中まで読んでそのままだった。今回、本棚整理中にすべてに目を通す。

     少し年月が経過している感想文が多いけれども、「佐野洋子」氏の書籍を一度読んでみようかなぁと思ったきっかけにはなりました。

  • 本を読むことでインプットして、語ることでアウトプットする。
    その行為が読書であり、生きることであると思う。
    この本を読むことでそのどちらもできた感覚になる。
    本に救われた経験がある人に優しく寄り添う言葉。
    角田光代の言葉は優しく温かい。
    読みたい本が何冊もできた。

全49件中 1 - 10件を表示

角田光代の作品

私たちには物語がある (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

私たちには物語がある (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

私たちには物語がある (小学館文庫)の作品紹介

本好きの作家がつづる、心躍る読書エッセー

ひとりひとりの人生が重なり合い、関わり合っただれかの時間が縫いつなげられ、無限へ、永遠へと広がっていく。本が、物語がある世界とは、なんとすばらしいのだろう。
この本は、まるごと物語にのみこまれることの至福に満ちた、すべての本とすべての本を必要とする人へのラブレターだ。
著者は語る――「収録してある本はほとんどすべて、読みたくて読んだものであり、読んでみておもしろかった本ばかりだ。こんなにも世界にはたくさんの本がある。私はこれらの活字を追いながらじつに膨大な、幸福な時間を過ごしてきた。その幸福な時間が、この一冊には詰まっている」

私たちには物語がある (小学館文庫)のKindle版

私たちには物語がある (小学館文庫)の単行本

ツイートする