くちびるに歌を (小学館文庫)

  • 1784人登録
  • 3.88評価
    • (148)
    • (267)
    • (167)
    • (21)
    • (4)
  • 213レビュー
著者 : 中田永一
  • 小学館 (2013年12月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094088816

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

くちびるに歌を (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • とある読書会で紹介いただいた一冊。
    舞台は長崎は五島列島のとある中学校。

    そこの合唱部に、ちょっと風変わりな美人ピアニストが、
    顧問として来るところから、物語は始まります。

    それまでは女子部員だけだった合唱部ですが、
    そこに美人顧問目当てに入部してきた男子部員が参加。

    そして、動機が動機だけに、真面目に練習をしない男子、
    当然のように、男女の対立が始まります。

    それを知ってか知らずか、部員たちに、、
    「15年後の自分への手紙」を書く課題を出します。

    それをきっかけに、というわけでもないのですが、
    徐々に一つにまとまっていく様子が、青春だなぁ、、と。

    15年前の自分は何をしていたのかな、
    そんな風に思ってしまうのはやはりいい年だからでしょうか。

    『楽隊のうさぎ』とあわせて子どもにも読ませてみたい、
    そんな風に感じた一冊です。

  • 爽やか

    こころが洗われる気がする

  • Nコンに出場し良い結果を残そうする女性部員
    産休の先生に代わって来た綺麗な代休教員目当てで入部する男子
    男子と女子のイザコザや恋愛模様、家庭環境を1人の男子部員と1人の女子部員目線で書かれている。

    合唱を中心に書かれている作品かと思いきや合唱を軸とした周りの環境中心に書かれている。
    最後は感動でホロリとしました。
    映画まだ見てないので見てみようと思います。

  • 長崎弁が入った文だったが、分かりやすくて面白かった。

  • 五島列島の中学の合唱部がNコンの予選に出るまでの話。

    男女1人ずつ、視点となる部員がほぼ交互に代わっていく。どっちなの?と混乱する時もあったけど、だんだん慣れてくると「これはどっちかな?」と楽しみながら読めました。

    最初から微笑ましい文章で一気に読めました。
    中学生のやり取りが楽しかったり、歌うことを本当に楽しんでいて上達を目指してる姿が清々しくて気持ちが良かったです。

    初めて読んだ作家さんでしたが、他の作品も読んでみたくなりました。

    と思って調べたら実は乙一さんだった。
    乙一さんも読んだ事は無かったのでやっぱり初だったw
    全然違う作風を別名義で書きたかった、と言っていたのを見かけた事があったので、乙一名義作品を読みたいとは思えないけれど…

  • いい歌だよね。最後泣いてしまった。

  • 感動した。
    読みやすく爽快。いいお話でした。

  • 際立つ盛り上がりはない。しかし爽やかで心がほっこりする読了感。
    ねじめ正一氏がストイックに手練れの技を抑制していると、評している。なるほど、これがこの爽やかさにつながっているのか。

  • う〜ん、なんとも爽やか。長崎県五島列島にある中学校の合唱部のお話し。
    潮の香りがこっちまで漂ってきそうな、田舎ののんびりした雰囲気とそこで暮らす人々、中学生たちの純粋さが心を洗ってくれる様な気持ちになった。

    NHK全国学校音楽コンクール(通称Nコン)を目指している合唱部が描かれている訳だか、いわゆるスポ根の様な暑苦しいものではなく、そこでの人間関係が緩やかに描かれている。友情、家族、絆、対立、淡い恋心等々…。

    しかしこの小説、ラストがヤバイ。ちょっとズルくない?それって感じで思わす泣いてしまった。
    ナズナの思い出のドロップの話しとか、桑原くんの15年後に宛てた手紙とか、そこで持ってくるか〜といった感じ。

    人生で一度しかない青春時代、やはり特別な瞬間ですね。

  • 音痴なわたしは、中高生時代の音楽の授業や集会などで校歌を歌うときなど、口パク専門だった(わぁ~ごめんなさい)まして歌のテストなんてあった時には覚めない悪夢でしかなくて、如何にサボろうか、やり過ごそうか顔面蒼白だった。

    そんなんだから、当然合唱にも全然積極的ではなかった。
    ただ、そんなわたしでも何故か、個性豊かな音色が1つになって壮大な旋律を奏であげるクラシック音楽には、涙が出るほどの感動で心が踊ったものだ。

    今思えば、みんなでメロディーを歌いあげる合唱もそうなんだよね。たくさんの声が一体となって歌いあげる音楽を、交じり合った瞬間の音の響きを一度でも感じてしまったら、もう途中で引き返すことは出来ないんだろうな。
    そんな経験をしてこなかったわたしは、ちょぴり青春時代を後悔してしまった。

    中学生の頃って、なかなか自己肯定感を持つことが出来なくて、自分とはなにか、何のために生きているのか、窮屈で身動き出来ない世界でもがいている。多分、危うくて繊細で、それでいて大胆さも持ち合わせる複雑な季節だったと思う。
    もう過去のことになってしまったわたしには、多分・・・としか言えないのだけれど。
    大人にとっては残酷だと思える自分の運命をも、彼らは生きているのだ。


    自分の人生は決まっています。

    僕の創造主でもある父の意志のままに。

    そんな時代に、合唱を頑張ったり、15年後の自分への手紙を書くことは、実は救いになるのかもしれない。

    生まれてきてよかったんだよ。幸せになっていいんだよ。
    君はきみのままでいいんだよ。

    15歳の時だからこそ大切なことだと思うんだ。

  • テッパンな部活青春もの。スポーツではなく、合唱です。合唱大会などは経験があるので少しだけわかりますが、みんなが心を一つにするのが大変なんですよね…。最後のサトル兄に歌を歌うシーン、うまく作りすぎ‼︎と思いながらも泣いてしまいました。子供が頑張ってる姿って、おじさんおばさんは弱いのです。

  • ★★★★★ 五島列島の透き通った美しい海を眺め、潮風を肌で感じているような心地になり物語の澄んだ世界に潜り込む。教会のステンドグラス、神様の足音、そしてサクマ式ドロップス。サヴァン症候群の純真無垢な兄と優しい弟に母親の愛情がたっぷり。サトルが友達にありがとうと言えた瞬間思わず嬉しくなった。読書好きの主人公がよく登場する作者に共感できるというか思わずニンマリ。コトミをおんぶしたときのやりとりも甘酸っぱい。終盤は立て続けに感動に包まれ涙ぐむ場面も多かった。兄の前で歌う合唱が一際素晴らしかった。

  • 2012年本屋大賞4位

    長崎県五島列島を舞台とした中学合唱部の牧歌的青春ストーリー。

    運動部だったからわからないけど、文化部の人達ってこんな感じの青春を送っていたのかなぁ!?
    爽やかぁ~!

  • 2時間と少しで読了。

    長崎県の五島というちいさな島を舞台にした合唱部の物語。
    合唱部の顧問であった松山先生が産休に入るため、臨時教員としてやってきた友人の柏木ユリ。彼女は1年間だけという条件で合唱部の顧問になります。美人で聡明な柏木先生は瞬く間に学校の人気者になり、それまで女子部員しかいなかった合唱部に入部を希望する男子が続出します。もともと女子しかいなかった合唱部は突然の男子部員の存在に困惑し、入部を反対する部員も。そんな部員の気持ちをよそに、柏木先生は男女混声でコンクールに出場することを決意。男子と女子の深まる溝と、それぞれの思いが交錯していきます。

     合唱というと思い浮かぶのは中学時代の合唱コンクールです。男女で1つの歌をうたうという行事の中で皆さんにもほぼ確実に起きたであろう男女での喧嘩や、中々そろわない合唱への苛立ちを思い出します。思えば「男と女の考え方って全然違うんだなあ」というのを意識しはじめたのはこのころかもしれません。そんなやりとりはもちろん本作でも描かれます。もともと不純な動機で入ってきた男子部員たちをどうしても許せない一部の女子部員とかっこいい男子が入ってきて練習に身が入らない女子部員の溝などもあり、一筋縄ではいかない合唱部の様子は、思春期であった自分の過去を思い起こさせます。また、作中ではもうひとつ大事な要素があります。それは課題曲「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」にちなんで「15年後の自分に向けた手紙を書きなさい」という課題が出たこと。この15年後の自分に書かれた手紙を通じて生徒たちの秘密や悩みも明かされていきます。

     「手紙を書く」という行為は私もすっかり少なくなってしまいましたが、携帯やPCでメールを打つよりも色々なことが書ける気がします。書き続けるうちに気づけば別のことを書いていて便せんの数が凄いことになっていたり、普段言わないようなことをすらすらと書いていたり、不思議な魅力を持っているように思います。部員達もそれぞれに色々な悩みや秘密を抱いていて、15年後の自分に問いかけるように手紙に書きつづっていきます。自分もそうでしたが、中学生はやっぱり色々な気持ちを抱えていて、それを中々言葉にすることは出来なくてもどかしいものです。合唱部の部員が思い悩む姿を見るたびに、懐かしい匂いを感じました。
     
     私はこの作品のなかで最後の最後に出てくるシーンがとても好きで、物語のクライマックスよりもそちらで泣いてしまいました。色々な思いを胸に詰め込みすぎて不安定な時期において、歌うことで吐き出したり繋ぎとめたりするのが、合唱本来の目的であり、魅力なのかもしれません。

  • 乙一さん同様、登場人物たちの氣持ちの繊細な動きが読んでいて楽しい♪
    永遠に終わらない時間はないけれど、そう願いたくなる氣持ちが溢れて伝わってきた。
    爽やかな読了感でとても幸せ☆彡

  • 薄めのカルピスを小説にしたような、つまりさっぱり爽やかだけどなんとなく物足りなくもあるような、そんな青春小説である。

    舞台は長崎県の五島列島。とある島の、合唱部に所属する中学生たちとそこに赴任した音楽教師との交流を淡々としたタッチで描いた物語。彼らが出場をめざすのはNコン(全国学生音楽コンクール)と呼ばれる合唱コンクール。Nコンには「課題曲」があり、彼らは、15歳の「ぼく」が未来の自分に宛てて手紙を書くというストーリーをもつ『手紙』という作品を歌うことになる。そして、作品と向き合うため出された宿題(じっさいに未来の自分に宛てて手紙を書くこと)を通じて、15歳の彼らもまた、それぞれがいま抱えている「課題」と向き合うことになるのだった。

    感動はないが、ひんぱんに登場する「サクマ式ドロップ」のエピソードなどちいさな仕掛けが最後にジワジワと効いて心地よい余韻を残す。

  • 五島列島の、とある中学校の合唱部が舞台。
    まるで五島に住んでたかのような生活の描写が素敵。
    読みやすくて、どんどん続きが読みたくなる物語だった。
    Nコンのシーンは泣けた。
    すがすがしい青春!

    別名義の乙一さんの作品は読んだことないから、早く挑戦してみたいな。

  • 青春ものは若い時よりもある程度年いってからの方がしみじみよい。多分若い時に読んでも自分の味気ない日常と比べて悲しくなるだけだから。でも年いくとわかる。味気なかった時間の中にもそれなりに思い出があって、輝いていたんだなということが分かる。
    この本は合唱を通じて心を通じあわせていく話でわりと良くある部活青春ものなんですが、未来の自分への手紙の存在がエピソードを膨らませていく役目を上手いこと果たしていて、自然な流れで場面展開されるあたりが上手いなあと思いました。

  • 長崎県五島列島にある中学校
    そこの合唱部がNコンを目指す青春物語

    ボッチの桑原サトル

    男性不信の仲村ナズナ
    の視点で交互に話は進む

    読み易くて面白い
    Nコンの予選は無料で誰でも見れるらしい。今度見に行きたいと思った。

  • 「くちびるに歌を持て、ほがらかな調子で」。合唱部員のNコン練習を軸とした物語。教室でケラケラと笑ってる子にも、歌を持てない時、うだつのあがらない時なんてきっとゴマンとある。けど、故郷の空を心に持ち、そんな風に生きていけたらね。「苦くて甘いいまを生きている」。「手紙」には作曲者(アンジー)の過去が染みてるって改めて感じた。わたしは容易に作者の掌で踊り、第4章の後半はこらえきれず涙、五島に行ってみたかと焦がれる。ラストは丁度今頃なので、早春に読むのにいい物語でした。図らずもまた、映画化した話だったな。

  • 久々に乙一さん、中田永一さん作品を読みました。
    最後、何かって言われると説明できませんが、なにか足りないような感じがして星4です。

    私の地元も物凄く田舎で、噂なんかすぐ筒抜けな、周りの目を気にして生きていかなければならない地域でした。
    この物語の舞台もそんな田舎の中で、中学生という思春期に、まだ幼さゆえ周りに相談もできず、自分と葛藤していく姿をみて少し自分の学生時代を思い出しました。
    (都会だってそんなことないって方がおりましたら失礼しました。)
    ああ、誰にでも相談できずに自分でなんとか葛藤していかなければならない悩みはあるんだって当時の自分に教えてあげたいです。
    まさに拝啓十五の君です笑
    なんか凄く懐かしくなる、しかもちょっとくすぐったくなる懐かしさを思い出す本でした。

  • 久しぶりに読んだ乙一さんの本。(名義は違うけど)
    新垣結衣主演で映画化もされてる本書。
    映画のサムネイルの印象が強く、柏木先生が主人公なのかな?と思ってたら別の生徒2人が主人公みたいだった。

    長崎の五島列島が舞台ということで会話が基本九州弁で、なんだか地元を思い出してむずむずしてしまった。
    九州本土でも十分田舎だと思うけど、島になるとさらに違った環境で、同じ中学生でも悩みとか考えることとか違うんだなと感じた。

    ほっちの表現が妙にリアルで乙一さんぽくて笑っちゃった。

  • 合唱の青春モノ…と思っていたら、ガツンときました。しかも、2回。

    これから人生が広がっていく中高生にはもちろん、その親にも読んでほしい。そして、それ以外の人にも。
    『家族ですから』の一言って、温かくて、重いんだな。この『重さ』が解るのって、私が歳を重ねたせいだろうか。

    それから、ひとつだけ違和感が…。
    事前に難しい出産になると診断されている妊婦さんは、島の病院ではなく、医療設備の整った本土の病院で出産すると思います。島に親戚がいるので、この点だけ気になりました。

  • 中学校の合唱部が舞台の青春物語。
    実際に全国合唱コンクールの課題曲として作られた「手紙」をモチーフに、思春期ならではの悩みや事情を関連させながら巧みに綴られている。
    歌詞と同じく15年後の自分に宛てた手紙を使うところなどは、当時日本の多くの中学校でも同じようなドラマがたくさん生まれたのだろうなと想像させます。
    時には辛いエピソードも交えながら、それでいて読後感は圧倒的に爽やかな作品でした。

  • アンジェラ・アキ『手紙 ~拝啓十五の君へ~』が課題曲だった年、Nコンを目指す中学生男女と一人の先生の物語。
    映画になっていて、柏木先生の役を新垣結衣さんが演じていたのを知っていましたが、話を読んでみると柏木先生の口調が思ったより男っぽくてさばさばしてました。これで外見が新垣結衣って、かなりギャップ萌えだろうと(笑)。

    語り手の一人は自閉症の兄を持ち、兄のために生きていくこと決定づけられている少年・桑原サトル。もう一人はサトルと同学年の少女・ナズナ。
    サトルとナズナをとりまく環境と彼らの心情を中心に話が進む。
    サトルはいわゆる「きょうだい児」ということになります。兄の面倒を見るために作って、生まれてきたと両親にはっきり告げられている。将来はもちろん、知友学生のうちからも兄の面倒を見るのに結構な犠牲を払っている少年です。
    しかし悟は兄のことが嫌いじゃないし、その運命を受け入れている。
    そのせいもあってか多分、同級生の誰よりも大人びていて、中二なのに自分の人生を俯瞰して見られている。
    中学生・高校生のうちって、まだ自分が何になるか決まってないし、夢があってもかなわないかもしれないし、だからこそ不安定なんですが、サトルはそれより少しだけ大人というか。
    別になりたくてなってるわけじゃなくてなし崩しにこうなっているんですけど、本人は何もかも受け入れていて、切なくもじれったくもありました。
    もう一人の語り手・ナズナは等身大の中学生。男子ともめたり、恋愛で悩んだり人間関係に躓いたり。登場人物の中では一番素直で柔軟性の高い子ではないかと読んでいて思いました。

    中学生の子たちはそれぞれに話の中で成長していくんですけど、柏木先生もその中の一人。
    柏木先生は飽きっぽいし適当だし、元カレと結婚して身ごもった親友にモヤモヤしたものを抱えっぱなしだし、もしかして一番子供っぽい登場人物かもしれない。
    でも、子供たちの生きざまを目の当たりにして、一番影響を受けた人でもあると思います。
    親友を祝福する曲を完成させたというエピソードがその典型かな。
    子供たちの手を借りて成長した柏木先生は、今度は一人で強くなろうとまた東京へ戻ったんだと思う。

    産休で教師の立ち位置を柏木先生に一時任せた松山先生と、電話でつながりながらの合唱シーン。
    まさにクライマックスでした。
    ばらばらになりかけた心が一つにつながり、大きな力となるのを感じ、涙が止まらず(一人で読んでてよかった・笑)。
    合唱とか演劇とか学園祭とか体育祭とか、「みんなで力を合わせようよ」と大人に声高に言われてウザく感じた中高生時代。
    現実で「合唱やろう」とか言っても、なかなか難しいと思います。好き嫌いがあるしね。
    ただ、一人でやるよりみんなでやると大きな力になることもやっぱりある。
    若い心でいるうちに一度味わっておくと、のちに人生の助けになることもあるんじゃないかな、と思います。

全213件中 1 - 25件を表示

くちびるに歌を (小学館文庫)に関連するまとめ

くちびるに歌を (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

くちびるに歌を (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

くちびるに歌を (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

くちびるに歌を (小学館文庫)の作品紹介

青春小説の新たなるスタンダードが文庫化!

長崎県五島列島のある中学合唱部が物語の舞台。合唱部顧問の音楽教師・松山先生は、産休に入るため、中学時代の同級生で東京の音大に進んだ柏木に、1年間の期限付きで合唱部の指導を依頼する。
それまでは、女子合唱部員しかいなかったが、美人の柏木先生に魅せられ、男子生徒が多数入部。ほどなくして練習にまじめに打ち込まない男子部員と女子部員の対立が激化する。
一方で、柏木先生は、Nコン(NHK全国学校音楽コンクール)の課題曲「手紙~拝啓 十五の君へ~」にちなみ、十五年後の自分に向けて手紙を書くよう、部員たちに宿題を課していた。
提出は義務づけていなかったこともあってか、彼らの書いた手紙には、誰にもいえない、等身大の秘密が綴られていた--。



【編集担当からのおすすめ情報】
著者の中田永一さんは、乙一さんの別名義でもあります。

帯には、アンジェラ・アキさんの推薦コメントが入る予定です。
解説は、作家のねじめ正一さんが執筆されています。

くちびるに歌を (小学館文庫)のKindle版

くちびるに歌を (小学館文庫)の単行本

ツイートする